PICK UP

2021.07.30

リットーミュージック

新刊『30日で理想の声になれる本』より、著者・田中直人氏とUUUM竹川洋志氏の特別対談を公開!

pickup20210716_voice01.jpg

25年のキャリアを誇るボーカルトレーナー、田中直人氏による新刊『毎日たった3分トレーニング 30日で理想の声になれる本』が発売中。ここでは本書内に収められた、UUUMの竹川洋志氏と田中氏による特別対談をお届けしよう。

動画コンテンツで活躍するために必要とされる
ボイス・トレーニングの重要性

HIKAKIN、はじめしゃちょー、フィッシャーズなど、多種多様な人気YouTuber(クリエイター)のマネジメント、サポートを手掛け、企業コラボや独自のコンテンツを次々と発信している企業がUUUMだ。そんなUUUMが所属クリエイターを対象に動画スキルを始め、学びの機会を提供するために設立したのがUUUMアカデミーである。今回は2020年より同アカデミーで田中がボイス・トレーニングを行なっている縁で、同社の執行役員である竹川洋志氏との対談が実現。YouTubeで活躍する方法や、シンガーだけでなく、パフォーマーとしても重要な、"声を磨くこと"など、さまざまな内容で語り合ってくれた。

撮影:星野 俊
撮影協力:UUUMアカデミー

UUUMアカデミーについて

田中 今日はお忙しい中、ありがとうございます。早速なんですがUUUMという会社と、UUUMアカデミーについて簡単なご説明をいただけますか?

竹川 はい。HIKAKINさんとウチの代表の鎌田(和樹)の出会いから始まって、「動画で活躍されている人をサポートするためには、どうすればいいんだろう」と考えたところから2013年に会社が立ち上がりました。当時はまだYouTuberという職業の認知も広がっていなかったですし、企業タイアップひとつ取り組むにしても、まさにイチから作っていったような生業になります。UUUMは動画クリエイターを始めとしたインフルエンサーのコンテンツ・カンパニーみたいな形ですね。YouTuberという仕事がそうであるように、「YouTuberを支える仕事」というのが認知されたのは、本当にここ2、3年だなと思っています。今はそれが広がっていますし、芸能界のほうからYouTubeに参画される方も非常に多い。さまざまなジャンルのさまざまな規模感のクリエイターさんがYouTubeの中には混在しているので、UUUMとしても、その中で世の中に発信して影響力を与えられるようなクリエイターさんを、僕らがご一緒しながら育てていきたいという思いで作ったものがUUUMアカデミーとなります。

田中 アカデミーができて、どれくらいたつんですか?

竹川 4年近くになりますね。アカデミー設立には、大きくふたつの目的がありました。YouTuberって基本的に自室でカメラに向かって「こんにちは!」っていうところから始めた職業なので、クリエイターさん同士の交流が少なかったんですよ。これをなんとかするための交流を図るイベントを積極的にやろうという目的がひとつ。もうひとつがクリエイターさん自身のアウトプットのスキルを上げることです。ここには照明を当てて撮影、編集をして映像を作っていく過程のスキルと、演者としてのスキルがあります。発声や立ち居振る舞いなどですね。

田中 今、アカデミーにはどのくらいのクリエイターさんが参加されているのですか?

竹川 のべ150~160名くらいですかね。当社の社員の中にもクリエイターがいて編集やCGスキルなどを学ぶために参加しています。

田中 その中で歌をメインにしている人数はどれくらいですか?

竹川 歌をメインとしてやっていらっしゃる方はまだまだわずかです。ただ、マルチも含めて他ジャンルで活躍しながら歌も出すというクリエイターさんを含めればもう少し多くなるかもしれないです。UUUMの中には音楽レーベル(UUUM RECORDSなど)も存在しているので、そこから歌を出しているような方もいらっしゃいます。

田中 コラボ企画みたいに、みんなで楽曲をリリースしていますね。

竹川 みなさん、やっぱり歌は好きで(笑)。普段YouTubeで活動していると、クリエイターの方がファンの皆さんと直接会うことってなかなかないのでイベントの機会が重要なんですが、ずっとしゃべっているわけにはいかないですし、歌があると非常に良いんですよね(笑)。武器を持つ意味でも「曲を作りたいです」とか「ちゃんと歌えるようになりたいです」っていうクリエイターさんは非常に多いんです。今はなかなか難しいですけど、「何ヵ月後かのイベントに向けてボイトレをしっかりやってみる」ということで田中さんの門下に入っていただいています。

田中 皆さんある程度歌えている部分はあるんです。だけど自分なりに何か反省点があったり、本当はこういう曲が歌いたいという課題をひとつずつクリアしていって、新しいジャンルに挑戦しています。ある程度歌えるようになったら動画として発表されている方もいて好評みたいですね。また、皆さん「もし次にイベントがあったらこういう風にしていきたい」という思いは持っていらっしゃるので、今の時点でもそこに向けて頑張っていますし、視聴者の方もクリエイターさんのスキルアップを応援している部分があると思います。

竹川 絶対値としてうまい歌を聴きたいのであれば、他に選択肢はたくさんあるはずですが、ボイトレを受けて少しずつうまくなっていく様子も含めて応援したくなるというファンは多いと思います。実際に2年前ぐらいまではオーディション形式の、「最後にライブに出られるのは誰だろう?」みたいな、ちょっと企画を入れたボイス・トレーニングの流れを作っていた時期もありました。コロナ禍が明けたら、またそんな面白いこともやりたいと思っていますね。

田中 今おっしゃったように、以前はグループ・レッスンでやっている時期もあったんですが、こういう時期でもあるので、現在は個人レッスンを中心にオンラインで一人一人の声を磨いています。また、ゲーム実況などをされる方で、歌じゃなく声そのものを磨きたいという人も多いですね。あとは子供たちもいて、滑舌とか言葉が重要なことが多いので、歌に限らず声全般を見ている感じです。

竹川 オンラインでやりづらい点はありますか?

田中 僕はもう今はオンラインのほうがやりやすいなと思っています。従来の対面レッスンだと、どうしてもレッスン会場まで移動して来てもらって、30分やってさようならという感じで、意外と慣れないまま終わるんです。一方のオンラインでは、レッスン前に30分くらい予習とウォーミングアップをして臨んでもらっています。レッスンが終わったあとに宿題も出せるんですよ。「このあと30分で、これやっておいてね」って。そうすると結局トータル90分くらいかけられる。翌日から自習をやるかって言ったら、あんまりやらないじゃないですか(笑)。そこだけ集中してやってもらうだけでも、伸びは大きく変わってきます。あとはレッスンを休むことが本当に少なくなるんですよね。車の中でも、どこでもレッスンできちゃうんで。みなさんレッスンの時間はうまく調整してもらっています。感染リスクもないですし、コロナ禍が明けてもオンラインをメインでと自分は考えています。

pickup20210716_voice02.jpg

UUUMアカデミーでのボイス・トレーニング風景。歌唱力向上はもちろん、ゲーム実況者を始め、YouTuberにとって、声全般を良くすることで得られるメリットはとても大きいという。