MAGAZINES

ギター・マガジン 2019年3月号

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

823(本体762円+税)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 224ページ
発売日2019.02.13

紙の本を買う

電子版を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

■特集:マーシャル現場主義。
歴史的なお勉強はほどほどに、
プロの鳴らし方を徹底的に調査した
マーシャル・アンプ総力特集。

3118111011_IN01.png3118111011_IN02.png

数多の神々たちがその背中をあずけ、
ともに魂を震わせた守護霊獣=マーシャル。
ギタリストよ、マーシャルを鳴らせ。

ジミがストラトを燃やした時、その背中をあずけていたのはマーシャルだった。クラプトンやペイジがレス・ポールの復権を高らかに宣言した時に、背後にそびえ立っていたのもマーシャルだ。以降、スラッシュ・メタルの勃興、グランジの創成、ガレージ・リバイバルにサイケ回帰......etc。いつの時代もグレートな音楽体験の瞬間には、必ずマーシャルがあった。誰もが緊張したドッキドキの初ライブだって、マーシャルが見守ってくれていたはずだ。そんな、ロック・ギタリストにとっての最強の守護霊獣=マーシャルを取り上げた本特集のテーマは、ずばり"現場主義"。歴史的なお勉強はほどほどに、2019年の今、現場ではマーシャルがどのように鳴らされているのか? それをできる限り、かつ徹底的に掘り下げてみたのだ。もし手近にマーシャルがあるなら、P130を読んでいるあたりで"POWER"をオンにしておこう。読了後、ちょうどイイ感じに温まってるはずだ。近くにマーシャルがないなら、今のうちに近所のスタジオを予約すべし(3時間後くらいがベスト)。読み終わったからって気を抜いてはいけません。マーシャルを鳴らすまでが特集です。なぜなら、他ならぬあなたの人生も、すでに"現場"なのだから。


■10年代の新鋭マーシャル使いたち。
3118111011_IN03.png

現代の海外ロック・シーンでは、どんなプレイヤーがマーシャルを愛用しているのか? ということで特集の冒頭は、10年代後半を熱く盛り上げたロック・シーンにおけるマーシャル新時代の旗手たちを紹介しよう。


■伝説のギタリストたちが愛したマーシャル・アンプ
3118111011_IN04.png3118111011_IN05.png3118111011_IN06.png

1962年、ロンドンで小さな楽器店を営んでいたジム・マーシャル。彼のもとを訪れるギタリストたちの"もっとパワーのあるアンプが欲しい"という要望にこたえ、その伝説は始まった。透き通るような美しい爆音は瞬く間に世のプレイヤーたちを魅了し、ロックの歴史に残る名盤の数々にそのサウンドを刻み込んでいった。ここでは半世紀以上にわたり続いている名ギタリストとの強固な関係を写真とともに紹介していこう。これを読めば、ロックの歴史がマーシャル・アンプとともに歩んできたことがわかるはずだ。


■要注目! 1959とJCM800の魅力が凝縮された新製品をチェック!!!
3118111011_IN07.png

新製品のマーシャルStudioシリーズを日本屈指のロック・ギタリストである生形真一(Nothing's Carved In Stone/ELLEGARDEN)がチェック! このスペシャル・サウンドチェックの模様はデジマート・マガジンでも観ることができる。果たしてその実力は?!


■プロのマーシャル学。
浅井健一
高崎晃(LOUDNESS)
朝日(ネクライトーキー)
鈴木重伸(THE ORAL CIGARETTES)
奥田民生
五味拓人(LOSTAGE)
田渕ひさ子
古市コータロー(THE COLLECTORS)
和嶋慎治(人間椅子)
生形真一(Nothing's Carved In Stone)
3118111011_IN08.png3118111011_IN09.png3118111011_IN10.png3118111011_IN11.png3118111011_IN12.png

ここからは特集の目玉コーナー! マーシャルをこよなく愛する国内ギタリストに登場願い、マーシャルを愛する理由や音作りの仕方をみっちりと取材した。協力してくれたのは、絶大な影響力を持つ10人のギタリストたち。スタイルや世代は違えど、会場で超カッコいいギターをかき鳴らす猛者たちが"マーシャル"の名のもとに集った、というわけだ。今回はインタビューに加え、直筆コメントと門外不出(?)のセッティング図も掲載。"あぁ、スタジオでマーシャル鳴らしてぇ......!"ーーーそんな思いを抱いてくれたら幸いである。


■コラム:アベフトシ(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)とマーシャルJCM900の物語。
3118111011_IN13.png

今年で没後10年となるTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのアベフトシ。彼はキャリア後期にマーシャルJCM900をメインに据え、鬼のカッティングを強烈にアウトプットした。ここでは、アベとマーシャルJCM900にまつわるエピソードを紹介したい。


■新提案、家マーシャル! ~自宅向け小型コンボをキダ モティフォ(tricot)がチェック!
3118111011_IN14.png3118111011_IN15.png

爆音でないとマーシャルを楽しめなかったのは今や昔。現在は小音量でも迫力あるサウンドを鳴らせる製品が続々と登場している。そこで本コーナーでは"家マーシャル"と題して、家庭でも十分に鳴らすことができる小型マーシャル・コンボのラインナップを提案していきたい。試奏者にはキダ モティフォ(tricot)を迎え、さまざまなシリーズから7モデルをピックアップして、"家マーシャル"としての実力をチェックしていこう!


■CHECK THIS STYLE"NOW"
VOL3.マーク・ラッティエリ
(スナーキー・パピー/フィアレス・フライヤーズ)
あらゆるジャンルを吸収した、最強の全方位型ギタリスト
3118111011_IN16.png3118111011_IN17.png3118111011_IN18.png

今チェックすべき最新のスタイルを持つギタリストを、本人インタビューとともにお届けする本コーナー。第3回はスナーキー・パピーのギタリストでもあるマーク・ラッティエリだ。グラミー受賞グループに名を連ねる彼を"今さら紹介するのか?"という声もあるだろうが、フィアレス・フライヤーズへの参加や、知られざる名ソロ作についてはあまり語られてこなかったはず。活動の始まりがプリンスNPGホーンズのリーダーとのバンドだったり、3枚あるソロ作がかなりのギター名盤ということは知らない人も多いだろう。今まで個人で取り上げられることの少なかったマーク・ラッティエリというひとりのギタリストについて、隅から隅まで探っていこう。



■GMギタースコア

・「有頂天」ポルカドットスティングレイ
・「ジョージー・ポージー」TOTO


■INTERVIEW & GEAR
・オカモトコウキ(OKAMOTO'S)
・Takaakira 'TAKA' Goto & Yoda(MONO)
・カナ(CHAI)
3118111011_IN19.png

■THE AXIS' GEAR
・L'Arc~en~Ciel

■New Products Review
・GIBSON CUSTOM/1957 LES PAUL SPECIAL SINGLE CUTAWAY
・FENDER/AMERICAN PERFORMER TELECASTER
・TRAVELER GUITAR/PRO-SERIES DELUXE MAHOGANY
・PEAVEY/6505+ 50TH ANNIVERSARY GOLD
・GENZLER/AA-MINI

■連載
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・Opening Act NEIGHBORS COMPLAIN
・AROMA 黒汁ギタリストのイラスト連載
・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から