MAGAZINES

サウンド&レコーディング・マガジン 2018年3月号

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

900(本体833円+税)

品種雑誌
仕様B5変形判 / 260ページ
発売日2018.01.25

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

気鋭ビート・メイカー8人のスタジオをはじめする、日本語ラップの制作現場の“今”

■巻頭特集
日本の気鋭ビート・メイカー
~Beat Makers Laboratory - Japanese Edition~
世界各国のビート・メイカーを訪ね、制作手法や機材について聞く本誌の好評連載「Beat MakersLaboratory」。今回はその"日本編"を特集として掲載! 現在、ジャパニーズ・ヒップホップ・シーンの第一線で活躍する気鋭のビート・メイカー8組をピックアップし、プライベート・スタジオにて自身の音楽的ルーツや機材の変遷、ビート・メイクへのこだわりなどを余すところなく語っていただいた。機材の選び方やスタジオ構築のポイント、ビートの着想など制作に関するアイディアが満載なので、本特集がビート・メイクを始めたり、より深く楽しむきっかけとなれば幸いだ。インタビューのほかにヒップホップ・エンジニア視点の記事やベテラン・アーティストが注目するビート・メイカーのアンケート、現役ビート・メイカーによるコラムも併載!

◎JJJ
◎KOJOE
◎MONBEE
◎理貴
◎Sweet William
◎Aru-2
◎Illicit Tsuboi × Neetz
◎LISACHRIS
◎MIDO
◎I-DeAが選ぶ日本のビート・メイカー5選
◎アンケート~ベテランが注目するビート・メイカー ~Zeebra、MACKA-CHIN、DJ Mitsu the Beats、サイプレス上野、SUI、D.O.I.
◎SAN DAVIDが語る"ビート・メイカーという文化"

3117121010_IN01.png3117121010_IN02.png
3117121010_IN03.png3117121010_IN04.png
3117121010_IN05.png3117121010_IN06.png

■特別企画①
Pro Toolsクラウド・コラボレーションの現在
AVID Pro Tools 12.5から実装されたPro Toolsクラウド・コラボレーション。クラウドを使うことで一つのプロジェクトを複数のユーザーが共有可能となるこのサービスは、リリースから1年半がたち、さらに利用価値の高いツールとなっている。この企画では、あらためてPro Toolsクラウド・コラボレーションで何ができるのかを整理。そして蓮沼執太フィルを題材に、渡米中の蓮沼と国内でのミックスとの実例で、クラウドを使った制作の実際を見せていく。

3117121010_IN07.png3117121010_IN08.png

■特別企画②
SONY Brand-New "C"Microphones
~ハイレゾ時代の新リファレンス・マイク
1946年に創業したSONY。テレビやビデオ、カメラ、ゲーム機など、コンシューマー向けの機器の開発とともにテープ・レコーダーやマイク、DAT、MTR、エフェクターなど、さまざまなプロ・オーディオ機器も投入しており、音楽業界の中でも存在感を放つメーカーとして多くのミュージシャン、エンジニアたちから信頼を得てきた。そんなSONYが2017年10月、ニューヨークで開催されたAESで突如発表したのが、C-100/ECM-100U/ECM-100Nという3つのタイプのコンデンサー・マイク。周波数特性をハイレゾ帯域まで持たせるというコンセプトで登場したこれらのマイクは、驚きとともに多くの注目を集めた。
本企画では、この新しい"C"マイクがどのような経緯で開発されたのかを探るため、SONYのプロ・オーディオ機器が音楽業界の中でどのような影響を与えてきたのかをあらめて振り返るとともに、C-100 の源流とも言えるマイク、C-37A、C-38B、C-800Gの系譜を紹介。そしてC-100の開発の出発点となったソニー・太陽への取材と開発者インタビューを敢行し、既にC-100をテストしたエンジニアたちによる最速インプレッションと併せて、本シリーズの魅力と実用性に迫っていきたい。

Part 1 音楽制作の現場で活躍してきたSONY製品
Part 2 エンジニアが振り返る"C"で録られた作品
Part 3 新"C"マイク登場の経緯と開発秘話
Part 4 C-100/ECM-100U/ECM-100Nの特徴
Part 5  エンジニアが語る新"C"マイク最速インプレッション

3117121010_IN09.png3117121010_IN10.png

■PEOPLE
◎SUGIZO
◎PANDORA
◎SHADOW OF LAFFANDOR
◎ヴァーチャル・セルフ

■Production Report
サム・スミス『スリル・オブ・イット・オール』
2014年のシングル曲「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」および2015年の1stアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』で世界的なブレイクを果たした英国のシンガー、サム・スミス。極めてオーセンティックなその作風はヒット・チャートの華々しい上位曲とは対局にあるが、それにもかかわらず大ヒットを記録したのは彼の歌声の良さはもちろんのこと、豊かなダイナミクスを持った美しいサウンドゆえだろう。
昨年リリースされた2nd アルバム『スリル・オブ・イット・オール』も大きな成功を収め、ティンバランド、スターゲイト、タイラー・ジョンソン、ジェームズ"マレー"ホー、ジェイソン"プー・ベア"ボイドら著名ソングライターたちを迎えて、前作同様にナチュラルなR&B 路線を継続。そんなアルバムをまとめ上げたプロデューサーがスティーヴ・フィッツモーリスだ。早速、彼の談話とともに『スリル・オブ・イット・オール』の制作をひもといていくことにしよう。

■behind the scene~映像を音で彩る作曲家たち
大野雄二
映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは大野雄二氏。小学生のころにピアノを始め、高校生でジャズにはまったという氏は、慶應大学在学中にジャズ・ピアニストとして活動を開始する。その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家としてCMやドラマ、映画、アニメなどの劇伴を数多く手掛ける。中でもアニメ『ルパン三世』や映画『犬神家の一族』『人間の証明』、NHKの紀行番組『小さな旅』といった、後世に残る名曲の数々を生み出してきた。近年は再びプレイヤーとしても活動を再開し、自身のトリオのほか、Yuji Ohno & Lupintic Sixとして、全国でライブ活動も行っている。ここでは、多岐にわたる大野雄二氏の音楽歴を振り返ってもらおう。

■Beat Makers Laboratory:ブラインド・オブザーバトリー

■REPORT
◎音職人の「道具」 新銅 "V" 康晃
◎音響設備ファイル マクセル アクアパーク品川
◎Kenji Nakaiが語るROYER LABSリボン・マイク
◎プロが信頼を置く英国のブランドASTON MICROPHONES 益田トッシュ
◎音楽制作のための"原音忠実"を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル
◎ライブ・スペース訪問 Space emo IKEBUKURO

3117121010_IN11.png3117121010_IN12.png
3117121010_IN13.png3117121010_IN14.png


■NEW PRODUCTS
◎PREVIEW
◎AVID Pro Tools|MTRX
◎INTERNET Ability 2.5 Pro
◎BEHRINGER DeepMind 6
◎ANALOGUETUBE AT-101
◎AIRPULSE A200
◎SE ELECTRONICS SE2200
◎MACKIE. Onyx Producer 2・2
◎WAVES Bass Slapper
◎MUSIC LAB Real Guitar 5
◎EVENTIDE Elevate
◎ARTURIA V Collection 6

■LIBRARY
◎LOOPMASTERS『TAMRA KEENAN VOCAL ACAPELLAS』
◎SONICWIRE SAMPLES『MACHINELIVE TECHNO』

■DAW AVENUE
◎STEINBERG Cubase Pro 9.5 DYES IWASAKI
◎IMAGE-LINE FL Studio 12 Blacklolita
◎ABLETON Live 9 Yunomi
◎APPLE Logic Pro X 大間々昂
◎AVID Pro Tools 伊藤翼
◎PRESONUS Studio One Chihei Hatakeyama

■COLUMN
◎Master=ing~現在進行形マスタリング事情~ 木村達司×森崎雅人
◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明
◎Berlin Calling 浅沼優子
◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎
◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断
◎つまみちゃん~兄がこんなの買えるわけがない~ 西園寺スペルマ

■SOUND & RECORDING REVIEW
◎NEW DISC
◎RECOMMEND
◎BOOKS
◎NEWS