リットーミュージック会員規約

第1条(目的)

本規約は、株式会社リットーミュージック(以下「弊社」といいます)が運営する会員制サービス(以下「会員サービス」といいます)を利⽤するお客さま(個⼈・法⼈を問いません。)(以下「会員」といいます)と弊社との間において適⽤されます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は、会員サービスの利⽤に適⽤されます。本規約のほか、会員が利⽤する個別の会員サービスに利⽤規約(以下「個別利⽤規約」といいます)が存在する場合、本規約に併せ個別利⽤規約も適⽤されます。なお、本規約の規定と個別利⽤規約の規定が異なる場合、個別利⽤規約の規定が優先的に適⽤されます。

第3条(入会)

  1. 1.会員は、本規約の内容に同意した上で、弊社所定の⽅法により⼊会するものとします。⼊会には、⼊会⾦、年会費等の費⽤は⼀切必要ありません。会員の⼊会をもって、会員と弊社との間で本規約に基づき契約が成⽴するものとします。
  2. 2.会員は、⼊会の際に登録した事項につき、変更のあったときは、弊社所定の⽅法により変更の⼿続きを⾏うものとします。
  3. 3.会員は、⼊会の際に発⾏される会員ID及びパスワードを善良なる管理者の注意をもって適切にこれらを管理し、これらが第三者に使⽤されないよう注意を尽くし、その管理について⼀切の責任を負います。
  4. 4.会員ID及びパスワードが不正使⽤されたことによって⽣じた損害等については、弊社に故意または重過失がある場合を除き、弊社は⼀切の責任を負いません。

第4条(退会)

会員は、会員サービスの利⽤を終了したい場合、弊社所定の⽅法により退会の申出を⾏うものとします。

第5条(個人情報の取扱いについて)

弊社は、会員の個⼈情報を、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に基づき適切に取扱うものとします。

第6条(ご案内の送信)

弊社は、会員に対し、電⼦メールにより弊社の商品、サービスについての情報提供を⽬的としたご案内を送信できるものとします。

第7条(禁止事項)

会員は、会員サービスの利⽤にあたり、次の各号に定める⾏為を⾏ってはならないものとします。

  1. 1.登録裏項に虚偽事項を記載すること
  2. 2.会員ID及びパスワードの使⽤を第三者に許諾すること
  3. 3.会員としての地位の貸与、譲渡または担保権の設定その他の処分をすること
  4. 4.会員サービスにおいて弊社が提供する情報及び会員サービスのプログラムを改ざんすること
  5. 5.有害なコンピュータプログラムなどを送信すること
  6. 6.弊社または第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシー、肖像権その他の権利を侵害する⾏為または侵害する恐れのある⾏為
  7. 7.弊社または第三者の業務を妨害すること
  8. 8.法令、条例、公序良俗に違反する⾏為
  9. 9.その他弊社が不適切と判断する⾏為

第8条(会員資格の取消し)

  1. 1.会員が次の各号の⼀に該当すると弊社が判断した場合、弊社は当該会員の会員資格を取消し、会員サービスの利⽤を停⽌することができるものとします。
    1. 1.前条に定める禁⽌⾏為を⾏った場合
    2. 2.決済⼿段として指定したクレジットカードがクレジットカード会社より無効扱いされた場合
    3. 3.本規約または個別利⽤規約に違反した場合
    4. 4.その他弊社が会員として不適当と判断した場合
  2. 2.弊社は、2年以上会員サービスを利⽤していない会員の登録を、弊社の判断により登録を抹消できるものとし、会員はあらかじめこれに同意するものとします。

第9条(免責)

  1. 1.天災地変、停電、通信回線の事故、通信事業者の不履⾏、インターネットインフラその他サーバ等のシステム上の不具合、緊急メンテナンスの発⽣、その他弊社の責に帰することのできない事由により会員サービスの全部または⼀部を履⾏できなかった場合、弊社はその責を問われないものとします。
  2. 2.弊社は、システムの定期メンテナンスまたは修理等のため、会員サービスの全部または⼀部の提供を中⽌することができるものとします。弊社は、適当と判断する⽅法により会員に対し、その旨事前告知します。
  3. 3.迷惑メール対策などの理由により会員サービスの提供を会員が受けられなかった場合、弊社はその責に問われないものとします。
  4. 4.弊社は、会員サービスの信頼性、正確性、合法性等については⼀切の責任を負いません。会員は、⾃⼰の責任において会員サービスを利⽤するものとします。
  5. 5.弊社は、任意の判断で、会員サービスの内容の追加、変更または会員サービスの中断、終了等できるものとし、当該変更等により⽣じた損害について、その責を問われないものとします。

第10条(損害賠償)

  1. 1.会員サービスの利⽤に関連して、会員が本規約または個別利⽤規約に違反しまたは不正もしくは違法な⾏為により、弊社に損害を与えた場合、当該会員はその損害(弁護⼠費⽤を含みます。)を賠償するものとします。
  2. 2.会員サービスの利⽤に関連して、会員と第三者との間に紛争が⽣じた場合、会員は⾃⼰の責任と負担により当該紛争を解決し、弊社に⼀切損害を与えないものとします。
  3. 3.前条の定めにかかわらず、会員サービスの利⽤に関連した会員の損害について、弊社の故意または重過失に基づく損害の場合、弊社は会員が通常かつ直接被った損害を上限として損害賠償責任を負います。

第11条(規約の改定)

  1. 1.弊社は、本規約及び個別利⽤規約を会員の⼀般の利益に適合する場合または本規約及び個別利⽤規約の⽬的に反しない範囲においていつでも変更できるものとします。変更例は以下のとおりとなりますが、これらに限られません。
    (変更例)
    1. 新サービスの追加
    2. 旧サービスの陳腐化に伴う廃⽌
    3. 違法または不当⾏為を防⽌するための禁⽌項⽬の追加
    4. 違法または不当⾏為を防⽌するための権利の制限
    5. サービスの品質維持のための料⾦改定
  2. 2.変更後の規約は、弊社が別途定める場合を除き、本規約または個別利⽤規約を掲載するサイト上に表⽰した時点より効⼒を⽣じるものとし、会員が、本規約または個別利⽤規約の変更の効⼒が⽣じた後に会員サービスを利⽤する場合、変更後の規約に同意したものとみなします。
  3. 3.本規約または個別利⽤規約の規定の⼀部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及び個別利⽤規約のその他の規定はこれに反しない最⼤の範囲で効⼒を有するものとします。

第12条(準拠法)

本規約及び個別利⽤規約は⽇本法に準拠し、⽇本法に従って解釈され、会員と弊社との間で訴訟の必要性が⽣じた場合、東京地⽅裁判所を第⼀審の専属的合意管轄裁判所とします。

2013年2月19日 制定

2020年3⽉31⽇ 改定