PICK UP

2017.10.04

ギター・マガジン

「フリフリ」〜カオシーな日本ロックの曙 by サエキけんぞう|エッジィな男 ムッシュかまやつより

Text by サエキけんぞう

日本の音楽シーンに大きな足跡を残したムッシュかまやつの魅力を掘り下げた書籍『エッジィな男 ムッシュかまやつ』が10月13日に発売される。著者は作詞家・アーティストとして活躍するサエキけんぞうとGS評論の第一人者、中村俊夫。ムッシュとは縁の深かったふたりが独自の目線と徹底的な取材により、唯一無二のアーティストであるムッシュかまやつの真価を愛情いっぱいに描き出す。いわゆる評伝とは一味違う「文化論」とも言える本書から、少し中身を紹介しよう。

mushA1.png

スパイダースのディレクター、本城和治を始めとする何人もの人が証言する。「スパイダースが、日本初のロック・バンドだ」と。スパイダースが日本初のロック・バンドとするなら、1965年5月10日に歌謡曲のレーベル、クラウンから発売された「フリフリ」は、日本最初のロックのシングルということになる。

1964年2月にスパイダースに加入したムッシュは、輸入盤の『ミート・ザ・ビートルズ』を銀座で手に入れる。インタビューによっては1963年暮れに手に入れたと発言しているが、同アルバムが米国で発売されたのは64年1月20日なので、スパイダース加入と同時期に手に入れたと思われる。運命の出会いであった。このアルバムを早速メンバーに教え、日夜ムッシュ宅で研究を重ねたという。そして完成したのがこの曲。約1年の研鑽期間を経たことになる。

ムッシュとスパイダースの凄いところは、『ミート・ザ・ビートルズ』を「耳」で分析するだけで、そのリズムの仕組みとカンドコロを解読したことだ。

「ロック」とは何か? 日本では、近年まで手拍子をとらせると、パン、パンっと「アタマ」で拍子をとっていた。アイドル・ライヴの手拍子では今でも「パン・パ・パン」という手拍子が愛されているが、これはそんなアタマのりの香りが残っているのだ。

ロックは「ン・パン、ン・パン」と後ろの拍でとらなければならない。曲で1、2、3、4とリズムをとった場合、2と4に重心を置くことが重要なのだ。もともと日本人はそこでロックから脱落していた。こうした日本には存在しなかった黒人リズムの「バックビート」がロックのカンドコロだったのだ。「ウラ」でとるリズムのカンドコロを持つことがロックの入り口なのだ。

ムッシュとスパイダースの凄いところは、そこにとどまらなかったこと。『ミート・ザ・ビートルズ』を「耳」で分析するだけで、普通なら聞こえない音を聴いていた。ムッシュとお会いしてすぐに教えていただいたのが、『ミート・ザ・ビートルズ』の一曲目「抱きしめたい」のイントロあたまのことだ。

「ダ・ダ・ダン」というギターのイントロ・フレーズは、ただその音符を弾いてもあのような演奏にはならないよ!という指摘だ。「ダ・ダ・ダン」の前には、耳に聞こえない「ウン」という拍があると。「ウン」と身体にリズムをハネさせ、次の瞬間「ダ・ダ・ダン・ダン・ダ」というギターのイントロを弾くというのだ。「ウン」「ダ・ダ・ダン」で、初めてあのハジけた感じが出るというのだ。

聞こえない音「ウラのリズム」を感じる、それがビートルズを演奏するということだ。音符をすべて紙に書き出しなぞるクラシックとの決定的な違いである。だから譜面で演奏する当時の日本のオーケストラ奏者が、ヒット番組でビートルズを奏でてもつまらなかったのだ。黒人リズムの「バックビート」の本質は、記譜化できない部分にあると。

次ページ:さらにスパイダースの発見は続く


エッジィな男 ムッシュかまやつ

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
仕様四六判 / 280ページ
発売日2017.10.13