エッジィな男 ムッシュかまやつ

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
著者サエキけんぞう(著)/中村 俊夫(著)
仕様四六判 / 280ページ
発売日2017.10.13
ISBN9784845631346

紙の本を買う

内容

ムッシュかまやつとはなんだったのか?
そのエッジィな魅力を多面的に探る愛のある文化論

惜しまれつつ、最高の歌と、忘れられない面影を残した大スター、ムッシュかまやつ。カッコいい、凄い、とがっている......等、数多くの形容詞で評されつつも、多くの人にはその実態がつかみきれないはずだ。それもそのはず、ムッシュは常に時代の先端(エッジ)にいた。その活動の本態と真価を描き出すのが本書。著者は、GS評論家の第一人者であり、ムッシュに数多くのインタビューを行った中村俊夫と、公私にわたり数多くの接触を持ったサエキけんぞう。二人が系統的で完璧なデータベースを背景にしながら、ムッシュのエッジィであり続けた才能の軌跡を、面白く納得できるエピソードのコラムの集合体で綴る。唯一無二のアーティスト、ムッシュかまやつを多面的に分析した愛のある文化論。

【CONTENTS】
●第1章 生涯いちバンドマンのライフ・イズ・グルーヴ
カントリーからヘヴィ・ファンクまで、その音楽変遷史
見過ごされてきた超カッコいい音源
「フリフリ」〜カオシーな日本ロックの曙

●第2章 ザ・スパイダースのメイン・ソングライター
「夕陽が泣いている」〜数奇な運命をたどるキー曲
「真珠の涙」〜ムッシュとスパイダース進化形
リアルタイムのスウィンギン・ロンドン
ザ・スパイダースの隠れ名曲ガイド

◎コラム
ザ・スパイダースの外タレ前座時代

ザ・スパイダースの国際戦略
ザ・スパイダース幻のラスト・レコーディング曲

●第3章 爆発前夜
カントリー&ウェスタンの洗礼
レコード・デビューはしたけれど...かまやつヒロシ氷河期
短命に終わった幻のバンド、ザ・サンダーバード
グリニッジ・ヴィレッジでビートニクと遭遇
亀渕友香に聞く初期ムッシュの実像

●第4章 運命を切り開く人の輪
華麗なる音楽DNA・釜萢家と森山家
老舗レストラン、キャンティが結んだ縁
ZUZU(安井かずみ)との69/70

◎コラム
自ら選んだレイジー・ライフ

●第5章 70年代、充足のミュージック・ライフ
はっぴいえんど、そしてユーミン
ウォッカ・コリンズの軌跡
武部聡志、石井ジローに聞く「ロックな」70年代
持ち前の反骨精神を見せた「いま、ボブ・ディランは何を考えているか?」

◎コラム
和メロはカタキだったのか?
新しき才能との出会い

●第6章 いつまでもどこまでも
1990年代、渋谷系&世界規模の再評価
25年の時を経て結実した雷門プロジェクト
主治医に聞く穏やかな最期の日々
「B級ミュージシャンとして生きる」美学を貫き通したその処世術

◎コラム
乱入はいつもの合言葉?

ムッシュかまやつ古希インタビュー

職業作曲家としてのムッシュ(提供曲リスト)
ディスコグラフィー

著者プロフィール