MAGAZINES

アコースティック・ギター・マガジン 2015年12月号 Vol.66

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

2,160(本体2,000円+税)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 166ページ / CD付き
発売日2015.10.27
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

表紙:斉藤和義

■SPECIAL INTERVIEW 1
斉藤和義(10ページ)
斉藤和義,約2年ぶりのオリジナル・アルバム『風の果てまで』は初のLA録音作品となった。盟友のドラマー,チャーリー・ドレイトンを中心に,ローリング・ストーンズのサポート・ベーシスト/ダリル・ジョーンズ,ジャック・ジョンソンのサポートで知られるキーボーディスト/マニー・マーク,LAを拠点に活動するMy Hawaiiの鹿野洋平ら名うてのミュージシャンが脇を固める新たな斉藤和義サウンドに仕上がっている。このロック・スピリッツ溢れる新作についてたっぷりと話を聞いた。ギブソン・シグネチャー・モデルであるKazuyosi Saito(KS) J-45に続いて,現在進められているKS J-160Eのプロトタイプが完成しており,かなり仕様が詰められた状態になっているということで,いち早くフィーチャー。現在の斉藤の活動を支える最新アコースティック・ギター・グラフも充実。

■SPECIAL INTERVIEW 2
ジェイムス・テイラー(8ページ)
13年ぶりの新作『ビフォア・ディス・ワールド』をリリースしたジェイムス・テイラー。小澤征爾の生誕80歳を記念した“マエストロ・オザワ80歳バースデー・コンサート”のために来日したことも記憶に新しいJTが,自身のアコースティック・ギターを核においた新作について存分に語る。「ファイアー・アンド・レイン」「思い出のキャロライナ」「スウィート・ベイビー・ジェイムス」「寂しい夜」のJT名曲集では,ダイアグラム中心でわかりやすく解説。

■THE INSTRUMENTS
Waterloo by Collings Guitars
~featuring山崎まさよし(16ページ)
米テキサス州オースティンに拠点を置くコリングス・ギターの新ブランドWaterloo(ウォータールー)。精巧な作りで定評のあるコリングスとは,ある意味対極にあるラフな佇まいが印象的で,その姿は1930年代よりギブソン・カラマズー工場で作られていたKalamazooという知る人ぞ知るバジェット・ブランドの風合いを感じさせる。新機軸を展開するビル・コリングスにそのコンセプトを聞くために現地取材を敢行。そこには音楽の街オースティンから生まれるコリングスイズムが流れていた。オールドのギブソンL-0をメイン器とする山崎まさよしを試奏者に迎え,その実力を検証する。

■PLAYING KNOW HOW
どんなジャンルでも使える! ウォーキング・ベース入門(15ページ)
ジャズ・ギターの“ウォーキング・ベース”と言うとちょっと小難しそうな印象ですが,要はベース・ノートを動かして楽曲のコード進行を浮き彫りにするテクニックです。“ベースラン”“ランニング・ベース”なんて言い方もしますが,どれもその骨子は同じ。ベース・ノートの動きを把握して動かせるようになると,アコースティック・ギターの響きがぐんとアカデミックに! 主要なプレイ・キーごとで動き方を覚えていけば,難しい理論は不要。自由にベース・ノートを動かせるようになるための初級編奏法特集です。
講師:渡辺具義

■CROSS TALK
Acoustic Guitar Magazine Presents
ACOUSTIC ENSEMBLE
第5回 高田漣×ジム・オルーク
https://www.rittor-music.co.jp/agm-esb/
本誌主催イベント“ACOUSTIC ENSEMBLE”は,マルチ弦楽器プレイヤーとシンガー/ソングライターの二面を併せ持つ高田漣がホストとなり,さまざまなミュージシャンと“アンサンブル(合奏)”について語り,実際にアンサンブルの楽しさを実演してもらうトーク&ライブ・イベント。11/1にヤマハ銀座スタジオで行なわれる第5回:ジム・オルークの事前対談をお届けする。

■CROSS TALK
沖仁×渡辺香津美

■INTERVIEW
◎中川敬
◎戸渡陽太 連動

■CD特集
◎ザ・フィンガースタイリスト~第51回 小川倫生&伊藤賢一「Sagittarius」

■連載セミナー&コラム サウンド・ホール
◎吉川忠英/岡崎倫典「ママがサンタにキッスした」CD連動
◎打田十紀夫CD連動
◎吉田次郎「サマータイム」オブリガート編CD連動
◎内田勘太郎/中村善郎CD連動
◎アーヴィン・ソモギ
◎寺崎誠

■BEST SONGS FOR ACOUSTIC GUITAR
◎「ウォーキング・マン」ジェイムス・テイラー
◎「夜霧よ今夜も有難う」井上陽水

■GEARS
◎Enfini Custom Works Fidelity D.I.×井草聖二
◎Seagull “Concert Hall”
◎クロサワ楽器店Presents横浜大楽器祭
◎Katayama Guitars Acoustic Chamber

■連載
◎ミュリエル・アンダーソンの音世界 連動
◎AGMギター・グラフ~第62回 アンドリュー・ヨークのデヴィッド・デイリー
◎にっぽんのギター工房~第51回 mogut guitar(赤城工房)
◎ニュー・ギア・サウンド・チェック
◎バックナンバー/バックナンバー常設店リスト