立東舎

辻 真先のテレビアニメ道

定価2,420円(本体2,200円+税10%)

品種書籍
著者辻 真先(著)
仕様A5判 / 320ページ
発売日2021.08.26
ISBN9784845636518

紙の本を買う

電子版を買う

内容

脚本執筆歴60余年の巨匠が明かす
テレビアニメ名作群の誕生秘話!

『機動戦士ガンダム』の成功で、依頼できた憧れの巨匠・辻 真先さん。
一緒に組んで、間口の広さに驚かされた!! 安彦良和(『巨神ゴーグ』監督、マンガ家)

【本書の紙版には特別に『巨神ゴーグ』の第1話シナリオを収録。電子版には収録されておりません】

シリーズ構成などまだなかった時代に「第1話」の脚本を数多く執筆してきた辻 真先は、テレビアニメ作品誕生の鍵を握る重要人物です。そんな辻が本書では、『ジャングル大帝』から『巨神(ジャイアント)ゴーグ』まで21作品の「第1話」について、原作者や監督、プロデューサーとのやりとりも含めて回想。また『オバケのQ太郎』や『サイボーグ009』『おじゃまんが山田くん』などについても創作の裏話を開陳。日本のアニメがいかにして作られてきたのか、その秘密を明かします。

なお本書のカバーを飾るのは、手塚治虫が辻 真先のために描き下ろした『鉄腕アトム』第81話「夢みる機械の巻」の絵コンテ案です。映像化の際に採用されなかったため、世に出たことがない幻の絵コンテを初公開! また、辻 真先による『巨神ゴーグ』の第1話シナリオを特別収録するほか、同作の監督/安彦良和から辻 真先に贈るメッセージも掲載しています。
そんな本書は現場の声があふれる臨場感あるテレビアニメ史でもあり、表現論や技術論といった側面も持ち合わせる貴重な1冊となっています。
日本初のテレビアニメ『鉄腕アトム』『エイトマン』からキャリアをスタートして60余年、常にアニメの現場で活躍してきた著者だからこそ語れる名作群の創作エピソードの数々。本書を一読してから鑑賞すれば、作品をより深く味わうことができるでしょう。

【CONTENTS】
CHAPTER1 テレビの原野からアニメの荒野へ
 読者のあなたにご挨拶
 シナリオ修行を振り出しに
テレビとはなんですか
昔むかしのテレビの制作風景
映像には言語があり文法がある
シナリオの読者は誰だろう
絵にしにくい素材を絵にした例
映画とテレビ技法の齟齬
毎週オンエアしようという非常識
非常識が常識なのだ
やがてアニメの世界に入った
CHAPTER2 第1話専用脚本家として
『ジャングル大帝』
『ゲゲゲの鬼太郎』
『もーれつア太郎』
『アタックNo.1』
『タイガーマスク』
『サザエさん』
『キックの鬼』
『東映魔女っ子シリーズ』
『デビルマン』
『ドロロンえん魔くん』
『キューティーハニー』
『ミクロイドS』
『一休さん』
『超電磁ロボ コン・バトラーV』
『アローエンブレム グランプリの鷹』
『ジェッターマルス』
『キャプテンフューチャー』
『ハニーハニーのすてきな冒険』
『Dr.スランプ アラレちゃん』
『パタリロ!』
『巨神ゴーグ』
CHAPTER3 アニメこぼれ話 あふれ話
『オバケのQ太郎』
『冒険ガボテン島』
『巨人の星』
『サイボーグ009』
『ドラえもん』
『バンパイヤ』
『おじゃまんが山田くん』
CHAPTER4 アニメの昨日・今日・明日
ぼくの昨日とアニメ
ぼくの今日とアニメ
ぼくの明日とアニメ

まえがき 綿引勝美
シナリオ特別収録 『巨神ゴーグ』第1話
『鉄腕アトム』「夢みる機械」の巻のために手塚治虫が描いた絵コンテ案
辻真先 思い出アルバム
スペシャルインタビュー 安彦良和
『巨神ゴーグ』で目の当たりにした、辻真先さんの間口の広さ
あとがきにかえて 綿引勝美

著者プロフィール