立東舎

「街小説」読みくらべ

定価:本体2,200円+税

品種書籍
著者都甲 幸治(著)
仕様四六判 / 256ページ
発売日2020.07.10
ISBN9784845634989

紙の本を買う

電子版を買う

内容

名作を「街縛り」で読んで、文豪と一緒に仮想街歩きをしよう!
25の小説に詰まった、8つの都市の魅力に迫る。

室生犀星と古井由吉の金沢、村上春樹と坪内逍遙の早稲田、そしてフィッツジェラルドとサリンジャーのニューヨーク。本書は、人気翻訳家の都甲幸治が、自らと関わりのある街を中心に、小説を舞台ごとに読みくらべて、「街」と「小説」の関係を探る1冊だ。同じ場所でも、作家によって見え方、書き方は異なり、読み比べることで街はどんどん立体的になり、新たな奥行きが生まれてくる。街歩きと書評が融合したエッセイ集。


目次

まえがき

1 金沢
プロローグ――真っ黒いルーの謎のカレー
室生犀星『幼年時代』――杏の温かい音
古井由吉「雪の下の蟹」――男たちの体の群れ
吉田健一「金沢」――金沢にはチョコパフェがない

2 ロサンゼルス
プロローグ――アメリカの自動車教習
ジェームズ・M・ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』――カリフォルニアの緑の寿司
レイモンド・チャンドラー『大いなる眠り』――迷路としての都市
チャールズ・ブコウスキー『パルプ』――生を慈しむ

3 吉祥寺
プロローグ――ロンロンよ永遠なれ
太宰治「ヴィヨンの妻」――公園とアルコール
井伏鱒二『荻窪風土記』――百年前からサブカルチャー
松家仁之『優雅なのかどうか、わからない』――心がやわらかくなれる場所

4 福岡
プロローグ――祖父の思い出
絲山秋子『逃亡くそたわけ』――故郷としての言葉
東山彰良『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』――太宰府の大きな楠
遠藤周作『海と毒薬』――メロン畑の思い出

5 国立
プロローグ――桜並木のヴォルテール
多和田葉子『犬婿入り』――谷保天神のニワトリ
大岡昇平『武蔵野夫人』――ウグイスとメジロ
黒井千次「たまらん坂」――坂とロック

6 本郷
プロローグ――本郷とは相性が悪い
夏目漱石『三四郎』――漱石は僕のクラスメート
森鴎外『青年』――鴎外と性の揺らぎ
大江健三郎「死者の奢り」――死者たちの声を聞く

7 早稲田
プロローグ――長いスロープ
坪内逍遙『当世書生気質』――日本超近代文学の起源
村上春樹『ノルウェイの森』――身体の哲学
保坂和志「この人の閾」――厚みのある時間

8 ニューヨーク
プロローグ――鍵だらけのドア
フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』――キラキラした世界
シンガー「ギンプルのてんねん」、マラマッド「白痴が先」――ニューヨークに生きる東欧
J・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』――ナイフとフォーク

あとがき

著者プロフィール