METAL HAMMER JAPAN Vol.8

定価1,650円(本体1,500円+税10%)

品種ムック
仕様A4変形判 / 綴込みポスター
発売日2021.12.15
ISBN9784845637065

紙の本を買う

bnr_mhj.png

内容

◎Special Feature
LOUDNESS

●Special-1
[ニュー・アルバム対談]

高崎晃×鈴木"あんぱん"政行
二井原実×山下昌良

●Special-2
[高崎晃が見てきたヘヴィメタルの40年]

デビュー40年を迎え、12月には2枚組アルバム『SUNBURST〜我武者羅』をリリースするラウドネス。特集1本目は、強烈なメッセージ性を帯びた新作をバンド内対談にて深堀りしていく。それぞれのペアだからこその視点からは、新たなサウンドの秘密を知ることができるだろう。
特集2本目は、ラウドネスの象徴=高崎晃のソロ・インタビューだ。この40年間、一度も止まることなくラウド・サウンドを鳴らしてきた高崎に、"自身が見てきたヘヴィメタル・シーンの40年"を語ってもらった。世界のトップを走り続けてきた彼に、メタル界の潮流はどのように映っていたのか!?

3121238003_IN09.jpg


****


◎BOOK in BOOK
NEMOPHILA

2019年に結成した"地獄のゆるふわバンド"NEMOPHILAが、ついに1stアルバム『RIVIVE』をリリース。カラフルなルックスとは裏腹に、そのサウンドはまさに地獄なド級のヘヴィメタル。今回はシンガーmayuとギタリストSAKIを本誌撮り下ろしカットとともに大フィーチャー。LINE CUBE SHIBUYA公演も完売とした、今最も勢いを持ったバンドの原点がここに!

☆巻末付録:mayu&SAKI両面ポスター

3121238003_IN11.jpg


◎ジャパニーズ・メタル・スペシャル・インタビュー

●PATA(X JAPAN/Ra:IN)×吉田"HALLY"良文(UNITED)

X JAPAN、UNITEDという80〜90年代のジャパニーズ・スラッシュ・メタルを代表するバンドのギタリストが久々の邂逅! PATAとHALLYは同世代、同郷であり、大ステージを夢見たあの日に戻り当時の国内メタル・シーンを振り返る! 今だから言える彼の日の出来事、そして今回も言えないあの話まで!?

3121238003_IN10.jpg



●筋肉少女帯は"メタル・バンドなのか!?"と問うならば!

大槻ケンヂ×橘高文彦

「サンフランシスコ」、「イワンのばか」、「再殺部隊」......様式美溢れるスピード・ヘヴィ・チューンを代表曲に持つ筋肉少女帯は、メタル・バンドと言ってもいいのでは!? 最新アルバム『君だけが憶えている映画』でもハード・サウンドを鳴らす筋少のなかに流れるメタル魂を、オーケン&橘高に問う!

3121238003_IN05.jpg


●ダミアン浜田陛下が語る"聖飢魔Ⅱ前夜、日本のヘヴィメタルとはどういったものだったのか!?"

聖飢魔Ⅱの始祖であり、現在はDamian Hamada's Creaturesを率いるダミアン浜田陛下。彼が世を忍ぶ仮のロック青年だった1970〜80年代、日本におけるヘヴィメタルとはどういったものだったのだろうか。聖飢魔Ⅱを始動させ数々の名曲を生み出したとき、世界のメタルからの影響はあったのか? そして最新大聖典『魔界美術館』にその息吹は?

3121238003_IN04.jpg


****


◎The Documentary①

The 40th〜追憶のなかのメタリカ

1981年に結成されたメタリカも、今年で40周年を迎えた。そこで今回は、彼らと関係の深い仲間たちによる貴重なインタビューをお届けしよう! ジェイソン・ニューステッド、ボブ・ロック、オジー・オズボーン、ケリー・キング、スコット・イアン......<1980年代><1990年代><2000年代><2010年代>と各時代のメタリカの知られざるエピソードが満載だ。身近なミュージシャンの声から、40年目にしてまた新たなメタリカを知ることとなるだろう。

ジェイソン・ニューステッド/オジー・オズボーン/ギーザー・バトラー/ロブ・ハルフォード/ボブ・ロック/ケリー・キング/スコット・イアン/チャック・ビリー/ゲイリー・ホルト/ジョン・ブッシュ/ドイル・ウルフギャング・フランケンシュタイン...and more!

3121238003_IN06.jpg


◎The Documentary②

オジー、再臨〜『ノー・モア・ティアーズ』30th

引退宣言も飛び出したオジー・オズボーンの6th作『ノー・モア・ティアーズ』を、オジー、ザック・ワイルドらが振り返る! ハチャメチャだったレコーディング、引退を考えることになった要因について、そしてオジーの近況まで、30年のときを経た今だからこその見えてくる本作の魅力。

3121238003_IN07.jpg


****


◎ヘヴィの流儀

ヴォルビート

自らが考える"ヘヴィ"につてい語ってもらう当連載、今回はデンマークのヴォルビートから、中心人物であるマイケル・ポールセンが登場だ。新作『サーヴァント・オブ・ザ・マインド』でも溢れるメロディのなかにヘヴィ・パートを遠慮なく挿入するなど、そのセンスは現メタル界でもトップ・クラスと言えるだろう。ヒット・ナンバーを連発する彼のヘヴィの流儀に迫る!

3121238003_IN08.jpg


◎Interview

●ドリーム・シアター
●ヘルリング
●メイヘム


****

◎特集
●2022年、来日ライヴは実現するのか!?

ついに感染者数が二桁台まで落ち着いてきた日本。コロナ禍はこのまま終息に向かうのか? 国内バンドのライヴは徐々動き出してきたが、海外メタル・バンドの来日はいまだ実現しておらず。2022年に来日ライヴは再開されるのか? そこで日英米の関係者に同国のライヴ状況、そして今後の見通しを聞いてみた。日常までもう少し、頑張ろう&体調にはくれぐれも気をつけようメタル・ヘッズ!


****

◎...and more!
NEW NOISE
DISC REVIEWS
METAL NEW GEAR
STARS' WORDS