METAL HAMMER JAPAN Vol.7

定価1,650円(本体1,500円+税10%)

品種ムック
仕様A4変形判 / 128ページ
発売日2021.09.15
ISBN9784845636679

紙の本を買う

電子版を買う

bnr_mhj.png

内容

3121238002_IN000.jpg

◎巻頭特集
スリップノット
20年目の超激――衝撃的重音作『アイオワ』の誕生と、崖っぷちにいたそのバンド

強烈な音楽とルックスを武器に、1999年のデビューからミュージック・シーンを暴れまわるスリップノット。2001年にリリースされた彼らの2ndアルバム『アイオワ』は、1st作が持つ破壊力をさらに凌駕する絶対的ヘヴィ作となった。ただし本アルバムは、ひと筋縄で生み出されたものではなく、早くもその内部はカオス的状況に陥っていたのだ。バンドの象徴でもあるコリィ・テイラーを始めとした関係者が、20年目の『アイオワ』の真実を語り出す......。

●追悼グラフ:ジョーイ・ジョーディソン

3121238002_IN001.jpg

◎特集②
アイアン・メイデン
"82 MINUTES, TEN SONGS, ONE SAMURAI!"

□インタビュー
●ブルース・ディッキンソン
●ヤニック・ガーズ
●ケヴィン・シャーリー(プロデューサー)
●マーク・ウィルキンソン(イラストレーター)

6年のときを経て、究極のヘヴィメタル・バンド、アイアン・メイデンが17枚目のスタジオ作をリリース! "『SENJUTSU』=『戦術』"と日本語のタイトルを冠した本2枚組アルバムにて、エディは怒りの荒武者へと姿を変えたのだった。ブルース、ヤニックの言葉を始め、プロデューサー、イラストレーターからのメッセージとともに、多様な戦術が織り込まれたで本作を斬る!

3121238002_IN002.jpg

◎BOOK in BOOK
BABYMETAL
10 YEARS OF BABYMETAL IN UK〜英国が見た彼女たちの10年

先日、キツネ様のお告げにより、来る10月10日を持って10年間に及ぶLEGEND=ライヴが"封印"されたBABYMETAL。そんな彼女たちの第二の故郷とも言えるのが、"ウェンブリー"や"ソニスフィア"といったエポックメイキング的公演を行なった英国だ。同地にて、彼女たちの10年はどう映っていたのだろうか? ロブ・ハルフォードを筆頭としたトップ・メタル・ミュージシャンから、英国レーベルやフェス運営関係者まで、我々日本人とはまた違った視点で見たBABYMETALの活躍と真価。

□スペシャル・インタビュー
●ロブ・ハルフォード
●ハーマン・リ

3121238002_IN003-2.jpg

◎ヘヴィの流儀 #4
イングヴェイ・マルムスティーン

久しぶりのオリジナル・フル作『パラベラム』をリリースした"王者"イングヴェイ。流麗なクラシカル・アプローチが彼最大の個性であり持ち味であるが、こと"ヘヴィであること"につていはどのように考えているのだろうか!?

□連動企画:クラシック・ミュージシャンが解析する イングヴェイの音楽はどうクラシカルなのか?

メタル界における"ネオ・クラシカルの権化"たるイングヴェイであるが、クラシック畑のミュージシャンが聴いても本当にクラシック的なのか? 彼の代表曲を題材に、我々がクラシカルだと思っていたアプローチをロジカルに分析していく。

3121238002_IN004.jpg

◎インタビュー

●聖飢魔Ⅱ
デーモン閣下

3号連続登場となる聖飢魔Ⅱからは、いよいよその頭目、デーモン閣下が見参! 35周年という節目にゼウスの妨害に合い、大型ツアーが2年連続で仕切り直しとなった聖飢魔Ⅱだが、10月からは《ヴィデオ黒ミサ》としての全国行脚が始まろうとしている。そして、なにやら新譜制作の声も......。聖飢魔Ⅱ流ヘヴィメタルについて、デーモン閣下が大いに語るっ!

3121238002_IN005.jpg


●Mary's Blood
EYE×RIO

バンド名を冠した6thオリジナル・フル作『Mary's Blood』をリリース直前のMary's Bloodからは、ヴォーカリストEYEとベーシストRIOが登場! コロナ禍での音楽活動について、そして"自分たちのヘヴィメタルをぶらさず"をテーマにしたという新譜について熱く語ってくれた。本誌撮り下ろしカットも注目!

3121238002_IN006.jpg

●オーペス
3121238002_IN007.jpg
●イーヴァイル
3121238002_IN008.jpg
●SAKI(Mary's Blood/NEMOPHILA)×ロック・ウイスキー

****

◎The Documentary
《クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ》――スラッシュが世界を制覇した瞬間

1990年のメタル的トレンドであったスラッシュ・メタルの主要バンドがそろった《クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ》。その後のツアー・フェスの原型のひとつともなった同イベントを、ケリー・キング、デイヴィッド・エレフソン、スコット・イアン、チャック・ビリーといった中心人物たちが掘り起こす。

3121238002_IN009.jpg

◎特集
ヘヴィメタルはイントロで聴け!

ポップスの世界では"冒頭から歌でつかむ"、"すぐにサビを聴かせる"が主流になっているようだが、やっぱりヘヴィメタルなら強烈なイントロこそ超重要! そこでヘヴィメタルのイントロを、"ジャンル"、"年代"、"構造パターン"など、さまざまな角度から考察していく!

□連動企画:人間椅子(鈴木研一&和嶋慎治)に聞く"イントロの重要性"

****

◎LET'S TALK METAL
レイザーラモンRG

"メタルあるある"でもお馴染みのレイザーラモンRGが登場! 聖飢魔IIでメタルの洗礼を受け、心の入場曲はドラゴンフォース、現在は"あるあるメタルオールスターズ"としてステージにも立つRGが、メタル愛を大いに語る!

3121238002_IN010.jpg

◎新レギュラー企画
NEW NOISE

日本ではまだまだ知られていない"未知なる強豪"を、毎号8バンド程度ピックアップ! ここから本邦でもビッグになるバンドがいるはず!

◎...and more!
STARS' WORDS
DISC REVIEWS
METAL NEW GEAR