Jazz Guitar Magazine Vol.7

定価2,530円(本体2,300円+税10%)

品種ムック
著者ジャズ・ギター・マガジン編集部
仕様A4変形判 / 112ページ / CD付き
発売日2021.11.17
ISBN9784845636969

紙の本を買う

電子版を買う

▼関連動画

3121217201_moive_thumnail.png

内容

カート・ローゼンウィンケルが語る過去、現在、未来

本邦唯一のジャズ・ギター専門誌。第7号は、現在のジャズ・シーンに最も大きな影響を与えたギタリスト、カート・ローゼンウィンケルを大特集。バイオグラフィ、ディスコグラフィ、アドリブ分析、インタビューなどから、多角的にカートに迫る。
第二特集として、ジャズを多くの人に広めたレーベルCTIをクローズアップ。名ギタリストたちがCTIに残した名盤を徹底的に紹介。
その他、ギタリストの最新インタビューや機材情報など、ジャズ・プレイヤーが知りたい情報を凝縮して掲載。
付属CDとして、ここでしか聴けない高内春彦&小沼ようすけデュオによる、54分のライブ・パフォーマンスを収録!

3121217201_IN01.jpg3121217201_IN02.jpg3121217201_IN03.jpg3121217201_IN04.jpg3121217201_IN05.jpg3121217201_IN06.jpg

【CONTENTS】
[特集1]1990年代のジャズ・ギター革命〜カート・ローゼンウィンケルが打ち出した新機軸〜
◎隆盛を極めるコンテンポラリー・ジャズ・ギター・シーン
◎皇帝カート・ローゼンウィンケルを知る!
●バイオグラフィ
●全リーダー作品ディスコグラフィ
●ここが斬新! カート流アドリブ・アプローチ
●オリジナル曲に見るコンテンポラリーな作曲センス
◎ボーダーレス・エイジによる革新的なプレイ
◎21世紀のギター・トリオ考察

[特集2]ジャズを大衆化させた1970年代の名門! CTIレーベルとギタリスト
◎クリード・テイラーの夢がジャズ大衆化の扉を開いた
◎ギタリストの全リーダー・アルバム
◎ギタリストが客演した傑作

[インタビュー]
◎カート・ローゼンウィンケル
◎ジョン・マクラフリン
◎リカルド・ピニェイロ
◎丹羽悦子
◎吉田サトシ

[トピックス]
◎ジャズ・ギターの音に個性を注ぎ込む 空間系エフェクターの可能性
◎[Hot News]ディジー・ガレスピーの1970年代後期のライヴ音源がリリース!
◎[Hot News]ジョン・ピザレリの最近作『Better Days Ahead』はパット・メセニー作品集!
◎[追悼企画]ギターを愛した麗しのアルト・マン、土岐英史を偲ぶ

[連載]
◎弾いてみたかった、あの往年の名フレーズ
◎特別短期連載 ギタリストの"ノリ"を科学する
◎小沼ようすけ ソロ・ギター・アレンジ講座「My Romance」[動画連動]
◎宇田大志「アヴェイラブル・ノート・スケール(ドリアン編)」
◎名手の影に銘器あり「アイバニーズ GB10」
◎小川隆夫 ギタリスト死亡診断書ファイル「ジム・ホール」

[スコア]
◎「Dewey Square」カート・ローゼンウィンケル
◎「You'd Be So Nice To Come Home To」ジム・ホール

[CD収録曲]スペシャル・ギター・デュオ [高内春彦&小沼ようすけ]
01 Stella By Starlight
02 Someday My Prince Will Come
03 Scrapple From The Apple
04 All The Things You Are
05 Billie's Bounce

編集担当より一言

ジャズ・ギター・ファンの皆様、お待たせいたしました! ついにカートの大特集をお届けすることができます。最新のインタビュー、バイオグラフィ、ディスコグラフィ、奏法分析、「Dewey Square」の楽譜など、計40ページ超の大ボリュームとなりました。オリジナル曲は、カート本人が書いたリード・シートをできるだけ忠実に再現して、分析しています。カートを起点にして、新しいスタイルのジャズ・ギターを学んでいきたいという人にも超オススメです。
今号はCDも超強力! ジャズ・ギター界のレジェンド高内春彦と、当代のギター・ヒーロー小沼ようすけによるデュオ・ライブを独占収録しました。ジャム・セッションでもよく演奏されるスタンダード限定という企画で、「ステラ」や「オール・ザ・シングス」など、みなさんよくご存知の曲ばかりを演奏しています。お互いの演奏に影響されてどんどん曲が発展していく、ジャズ・ライブの醍醐味が凝縮された名演です。こんなやり方があったのか!と、思わず自分も演奏に参加してしまいたくなるはず。ぜひお見逃しなく!
(ジャズ・ギター・マガジン編集長/橋本修一)