音響映像設備マニュアル 2021年最新大改訂版

定価6,050円(本体5,500円+税10%)

品種ムック
仕様A4変形判 / 272ページ
発売日2021.03.22
ISBN9784845635566

紙の本を買う

内容

音響/映像/照明を1冊で学べるエンタメ人必携の書

1980年代より、長年にわたって全国の専門学校等で教科書としてご採用いただいている音響/映像/照明の総合解説書です。

2019年以来となる本改訂版では、全面にわたり掲載内容をブラッシュアップして、最新の情報に更新いたしました。

巻頭カラーページでは、劇場やホール等の機材導入レポート、あるいは各社の製品レビューを通じて、最新の音響/映像機器シーンをお届けします。

モノクロ・ページでは、音響、映像、照明の各分野における理論的な基礎知識はもちろんのこと、現場において必ず目にすることになる各機材の役割について丁寧に解説しています。

COVID-19により、エンターテインメントの世界も大きな影響を受けました。しかし、音楽、舞台、映像などが持つ「人々を感動させる力」には何も変わりはありませんし、多くのリスナー/観客が新たな作品を待ち望んでいます。本書が、そうした作品作りを支える方々の一助となれば幸いです。

3119217117_IN01.jpg3119217117_IN02.jpg3119217117_IN03.jpg3119217117_IN04.jpg3119217117_IN05.jpg3119217117_IN06.jpg3119217117_IN07.jpg3119217117_IN08.jpg

【CONTENTS】
特集1 プロの現場徹底レポート 
立命館大学 啓明館
高崎芸術劇場
デジタルガレージ カンファレンス・ホール
吹田市文化会館 メイシアター
アコースティックエンジニアリング デモ・スタジオ

特集2 ピックアップ・プロダクツ
Alcons Audio Pro-Ribbon Sound Systems
BOSE L1 Pro Series
NEUMANN KH 310
NEUTRIK NA2-IO-DPRO
NIHON ONKYO ENGINEERING Meleon
SENNHEISER TeamConnect Ceiling 2
TASCAM BD-MP4K
TASCAM VS-R264 / VS-R265 / Model 12

基礎知識 編
第1章 音響映像機器を支えるもの
1-1 電気の基礎
1-2 デジタルの基礎

第2章 音響の基礎
2-1 音
2-2 音場
2-3 音響心理とその効果

第3章 デジタル・オーディオとMIDI
3-1 デジタル・オーディオ
3-2 MIDI

第4章 映像の基礎
4-1 光と色
4-2 デジタル映像の基礎
4-3 タイム・コード


音響設備 編
第1章 音響機器
1-1 ミキシング・コンソール
1-2 DAW
1-3 レコーダー
1-4 サンプラー
1-5 マイクロフォン
1-6 スピーカー
1-7 パワー・アンプ
1-8 エフェクター
1-9 ヘッドフォン/イヤフォン
1-10 その他の機器

第2章 音楽スタジオの設計と運用
2-1 音楽スタジオのシステム構築
2-2 設計/施工の基本ポイント

第3章 PAシステムの基本とプランニング
3-1 PAシステムのプランニング
3-2 規模別PAシステムの概要
3-3 さまざまなPA機器の現在

映像設備 編
第1章 放送
1-1 テレビ/ビデオの基礎
1-2 デジタル放送の歩み

第2章 映像機器
2-1 ビデオ・カメラ
2-2 レコーダー
2-3 ディスプレイ
2-4 放送/配信で使われるさまざまな機器

第3章 ポストプロダクションとその設備
3-1 映像編集とその設備
3-2 MAとその設備

照明設備 編
第1章 照明の基礎
1-1 照明の役割
1-2 照明の基礎とプランニング

第2章 照明機器
2-1 灯体
2-2 ライティング・コンソール
2-3 その他の機器

資料 編
デジタル伝送とネットワーク
ケーブル/コネクターの種類と構造
音響機器の測定と調整
業務用機器のメインテナンス
インターカム
記録メディア
INDEX