ダンスの時代

定価:本体1,800円+税

品種書籍
著者若杉 実(著)
仕様四六判 / 384ページ
発売日2019.07.25
ISBN9784845633340

紙の本を買う

電子版を買う

『ダンスの時代』刊行記念トークイベント開催決定!
「ストリートダンスからアイドルまで、ダンス戦国時代を斬る」

日時:2019/9/27(金) 20:00 ~ 22:00
出演:若杉実/野沢トオル/GERU-C閣下/周防進之介
開催場所:本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)

チケットの予約はこちら

内容

「ダンス」は時代を映す鏡
教養としての「ダンス文化大全」

「ダンスをするたったひとつの理由は、わたしたちの体のなかにある(本文より)」。
90年代カルチャーのひとつを包括した著作『渋谷系』などで知られる若杉実氏。
氏が"人生のなかで一番情熱を注いだもの"と自認しているのが「ダンス」です。
そのダンスにまつわるすべての事象を著者独自の視点から検証してまとめました。
多角的かつ膨大な本書の記述から、
ダンスは時代の鏡であり、「時代はダンス」、
まさにダンスそのものが時代を構築する重要な要素であることが実感できるでしょう。
ダンス・カルチャーに興味のあるすべての人、必携です。

【CONTENTS】
◎序章
◎路上
◎ストリートダンスの淵源
◎ブレイキング
◎昭和
◎バラエティ
◎大衆芸能
◎古典
◎大知という大器
◎ダンス番組
◎90年代の鼓動
◎ダンス甲子園
◎少年チャンプル
◎沖縄の資源
◎ユーロビート
◎ハウスダンス
◎ダンス版ブリティッシュ・インヴェイジョン
◎健康とダンス
◎ゲームはダンスで革命する
◎観るダンス
◎Aポップダンス

◎スポーツとダンス
◎教育とダンス
◎ダンスの現場
◎終章