音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ

1,728(本体1,600円+税)

品種書籍
著者いちむら まさき(著)
仕様A5判 / 128ページ / CD付き
発売日2018.02.23
ISBN9784845631438

紙の本を買う

内容

ロックやポップスで使う「1/3くらいの音楽理論」が学べる本

ギターやキーボード、そして作曲の「初心者」に最適な音楽理論書の登場です。本書のコンセプトは「すべての音楽理論を網羅しない」というもの。なぜなら、ロックやポップスは音楽理論全体の1/3くらいを理解しておけば十分に楽しめるからです。すべてをいきなり覚えようとするから挫折してしまうんですよね。

また本書では、さまざまな「音のしくみ」について具体例を挙げ、それを理論に当てはめていきます。この「音のしくみ」がわかってくると「音勘」が身に付きます。音感ではなくて、音勘(もちろん造語です)。これは「次に弾く音は多分コレだな〜」という勘のこと。耳コピが早くなったり、コード進行を覚えやすくなったりする効果があります。

とにかく難しい用語などは後回し!「音って面白いな〜」と感じていただくことを最優先した音楽理論書です!

【本の内容(仮)】
第1章 ドレミの仕組みって、こうだったんだ!
第2章 キーって結局、何?
第3章 コードには行き先がある!
第4章 コード進行の仕組みで、耳コピ&作曲力が上がる!
第5章 知っておいてもよいスケール名
第6章 作曲に役立つ考え方
第7章 「本書に登場しなかった用語」解説

著者プロフィール