究極のベース練習帳(大型増強版)

1,728(本体1,600円+税)

品種ムック
著者山口 タケシ(著)
仕様B5変形判 / 160ページ / CD付き
発売日2016.09.13
ISBN9784845628490

紙の本を買う

電子版を買う

内容

必須エクササイズを完全網羅した“究極”のデイリー・トレーニング集

ご存じのとおり、ベースの演奏スタイルはバリエーションに富んでいます。ピック弾き、指弾き、スラップなど。そのほか、運指練習といった基礎トレーニングや、グルーヴ感やコード感の強化といった練習メニューも必要になります。よって、ほかの楽器よりも練習内容を吟味する必要があるわけです。そこで活用していただきたいのが、「究極のデイリー・トレーニング集」とも言える本書です。本書は、まずノウハウ習得に最適な練習譜例を提示し、それを身につけるためのポイントを「フレーズ面」と「テクニック面」に分けて解説しています。著者は、数々のヒット教則本を手がけただけでなく、ビッグ・アーティストのツアーやレコーディングで活躍し続けてきた山口タケシです。あらゆる場面で対応できる能力を磨きたいベーシストに最適の内容になっています。

※本書は、大ベストセラーとなった『究極のベース練習帳』を、大判化&加筆した作品です。

【収録曲】
◎左手鍛錬フレーズ集
◎グルーヴ鍛練フレーズ集
◎ピック弾き鍛練フレーズ集
◎指弾き鍛練フレーズ集
◎スラップ鍛練フレーズ集
◎コード感鍛練フレーズ集
◎付録:より充実した練習のために

著者プロフィール

編集担当より一言

本シリーズは2000~2003年に発売された4作品を大判化&加筆したものです。今ではポピュラーなCD付き教則本ですが、当時、CD付きという形態はほとんど普及していませんでした。「だったら、必須トレーニングを全網羅してしまえ!」というコンセプトで制作したのが本シリーズです。結果は、内容・セールス面ともに大成功を収めたと自負しています。

そんな本シリーズの再リリースにあたって気をつけたのが次の3点。まず1点目は、「本のサイズを大きくし、練習中に本が閉じないように」すること。以前の『究極のギター練習帳』などは、A5という小さなサイズだったため、本が閉じやすかったんですね。楽器の練習中は両手がふさがっているので、本が閉じてしまうというのは集中力の面からしても望ましくありません。そこで、本のサイズを大きくし、練習中に閉じてしまうのを防ぐ工夫をしました。

2点目は、「譜例、解説文はそのまま流用」です。手を加えることは簡単なのですが、当初のコンセプトやバランスを崩してしまうのを防ぎたかったのです。こういったことは、リメイク作品にありがちですよね。また、本シリーズが現代にも通用することを証明したいという思いもありました。よって、加筆は巻末の「より充実した練習のために」というコーナーのみに留めました。

そして3点目は、「手に取りにくい表紙イメージ」という点です。タイトルに「究極」という威圧感のある文字がある上、さらに黒を主体とした表紙デザイン・・・・・・このような作品は、手に取る人を選んでしまう本と言えます。しかし、楽器の上達には決意が必要ですよね。そんな決意を持っているプレイヤーのお役にたてればと思っています。
(出版部/額賀正幸)