音響映像設備マニュアル 2017年改訂版

5,400(本体5,000円+税)

品種ムック
仕様A4変形判 / 276ページ
発売日2017.02.22
ISBN9784845629947

紙の本を買う

オンライン直販について

内容

音響/映像/照明の基礎を学べる総合解説書の最新版

音響/映像/照明など、エンターテインメント業界を支える技術者のための総合的な教科書です。レコーディングやライブPAはもちろん、放送関連の分野に至るまで、基礎理論や機材の運用方法などを詳細に解説しています。また巻頭のカラーページでは、スタジオやホールにおける最新の音響/映像設備をレポート。さらに同じく巻頭カラーページの「ピックアップ・プロダクツ」では各メーカーの最新機器をご紹介しています。既に現場で活躍されている方々はもちろん、これから業界を目指す方々にとっても必携と言える1冊です。

【CONTENTS】
■特集1 プロの現場徹底レポート
ザ・シンフォニーホール
SPACE ODD / Sanseis TYO
岸和田市立浪切ホール
クロコダイル
Zepp 大阪ベイサイド
チネチッタ LIVE ZOUND
なんばグランド花月
リキッドルーム
青山 RizM

■特集2 ピックアップ・プロダクツ
NEUMANN / SENNHEISER Digital Microphone
NEUTRIK Connectors
SHURE ULX-D 1.2GHz Digital Wireless System
WHARFEDALE PRO WLA Series
ZERO88 FLX

■音響設備編
第1章 基礎音響理論
1-1 音の仕組み
1-2 音場
1-3 音響心理とその効果

第2章 MIDIとデジタル・オーディオ
2-1 MIDIの基礎
2-2 デジタル・オーディオの基礎
2-3 タイム・コードの基礎

第3章 音響機器
3-1 ミキシング・コンソール
3-2 DAW
3-3 デジタル周辺機器
3-4 レコーダー
3-5 サンプラー
3-6 マイクロフォン
3-7 エフェクター
3-8 パワー・アンプ
3-9 スピーカー
3-10 その他の機器

第4章 音楽スタジオの設計と運用
4-1 スタジオ・システムの構築
4-2 設計/施工の基本ポイント

第5章 PAシステムの基本とプランニング
5-1 PAシステムのプランニング
5-2 さまざまなPAシステム
5-3 デジタル化とネットワーク

■映像設備編
第1章 映像基礎理論
1-1 光と色
1-2 デジタル映像の基礎

第2章 放送
2-1 テレビ/ビデオの基礎
2-2 ハイビジョン放送

第3章 映像機器
3-1 ビデオ・カメラ
3-2 VTR/レコーダー
3-3 受像機/ディスプレイ
3-4 映像編集の基礎とシステム

第4章 映像スタジオの設計と運用
4-1 ビデオ編集スタジオ
4-2 MAスタジオ

■照明設備編
第1章 照明の基礎
1-1 照明の仕事とは
1-2 照明の基本とプランニング

第2章 照明機材
2-1 灯体
2-2 照明卓
2-3 その他の機材/ツール

■資料編
電気理論の基礎
デジタルの基礎
ケーブル/コネクターの種類と規格
音響機器の測定と調整
業務用機器メインテナンスの基本
インターカム
記録メディア
INDEX