線から描くジャズ・アドリブの作り方

2,160(本体2,000円+税)

品種書籍
著者加度 克紘(著)
仕様B5判 / 208ページ / CD付き
発売日2016.08.24
ISBN9784845628360

紙の本を買う

オンライン直販について

9784845628360_IN01.png9784845628360_IN02.png9784845628360_IN03.png
9784845628360_IN04.png9784845628360_IN05.png9784845628360_IN06.png

内容

鼻歌や頭にぼんやりと浮かんだメロディをアドリブ・ソロに仕上げるためのノウハウが満載!

ジャズ・アドリブ初心者は、なんとなく鼻歌では歌えるのに、楽器を持つと再現できないという問題を抱えているもの。それは自分に音感がないからだと考えてしまいがちですが、イメージがあるなら、五線の上に線を描くことから始めてみましょう。その線を音符へと変えていく方法を提示するのが本書です。上昇、下降、平坦、ジグザク、短い線と長い線、その組み合わせといった基本を解説しながら、線の描き方がマンネリにならない工夫や、フレーズをカッコよく仕上げる応用技を紹介していきます。楽器不問、カナの音名入り、そして豊富な参考フレーズを付録CDで聴くことができるので、アドリブ初心者にも最適です。

【CONTENTS】
■PART1 線の種類と組み合わせ
■PART2 音へ変換するときの調整法
■PART3 ジャズらしいフレーズの作り方
■PART4 より実践的なフレーズへ
■PART5 スタンダード・ナンバーでのアドリブ作成

【収録曲】
◎ダニー・ボーイ
◎バット・ノット・フォー・ミー
◎星影のステラ
◎ヤードバード組曲

【本書のポイント】
◎楽器不問!
◎カナの音名入りでわかりやすい!
◎理論は最低限にとどめ、具体的な作成例を開示!

著者プロフィール

編集担当より一言

既刊『ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則』に続く、加度克紘さんのアドリブ指南書第二弾です。楽器不問、カナの音名入りという前作の仕様を踏襲しつつ、五線上に実際に線を描きながらフレーズを作っていくという、これまでにない大胆なアドリブ構築法を提案します。できるだけ専門的な用語の使用を避けた平易な文体も特徴で、線の形も「山」「谷」「崖」といった言葉で表現しています。そんなわけで、アドリブに敷居の高さを感じる方にも非常にとっつきやすいですし、ある程度アドリブにトライしている方やフレーズのマンネリに悩んでいる方にも、きっと新たな“発見”を与えてくれることでしょう。(編集部/服部)