もう途中で投げ出さない! イメージを1曲に仕上げる作曲テクニック

イントロからエンディングまで5曲の実例でまるまる解説!

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
著者梅垣 ルナ(著)
仕様B5判 / 176ページ / エンハンスドCD付き
発売日2015.11.25
ISBN9784845627219

紙の本を買う

オンライン直販について

内容

短いフレーズは思いついても、それを楽曲の形に仕上げるのはなかなか難しいですよね。途中で投げ出してしまった曲が幾つもあるという方も少なくないのでは? 「短いメロディは思いつくけど、どう展開させればよいかわからない」「コード進行は考えたけど、どうやってメロディをのせればいいのかな?」「Aメロはできたけど、サビはどうしたらいいんだろう」......そんな皆さんの悩みを解決する作曲テクニック本の登場です! はじめに曲のイメージを描くことからスタートし、イントロ、Aメロ、Bメロ、サビといった各セクションの作り方を逐一解説。ツー・ファイブ、セカンダリー・ドミナント、転調、リハーモナイズなど、さまざまなワザを駆使して、音楽スタイルの異なる5つのボーカル入り楽曲を完成させる過程を追っていきます。五線譜だけでなく、ピアノロール画面も掲載しているのでDTMerの皆さんにも参考していただけますし、付属のエンハンスドCDには完成型の楽曲のほか、各セクションのメロディ&コード、そしてMIDIデータも収録。皆さんの曲作りのクオリティを格段にアップさせるノウハウが満載です!

【CONTENTS】
■Introduction 本書を活用するための基礎知識
■Image 1 柔らかく優しい雰囲気のバラードを作る
     〜春の気配が少しずつ訪れるイメージ
■Image 2 ボサノバテイストの可愛らしい曲を作る
     〜夫の帰宅を楽しみに待つ新婚女子のイメージ
■Image 3 カラフルでエッジの効いたポップスを作る
     〜悩みに溺れながら明るく開き直るイメージ
■Image 4 親しみやすく近未来感のあるエレポップを作る
     〜迷いを抜け出して未来へ歩き出すイメージ
■Image 5 ビートの中に哀しさを秘めたポップスを作る
     〜孤独に生きることを決めた男性のイメージ

9784845627219_01.jpg 9784845627219_02.jpg 9784845627219_03.jpg 9784845627219_04.jpg

【詳細CONTENTS】
■Introduction 本書を活用するための基礎知識

■Image 1 柔らかく優しい雰囲気のバラードを作る
     ~春の気配が少しずつ訪れるイメージ
◎step 1 曲の骨組みを考える
◎step 2 テーマのコード進行とメロディを作る
 2-1 曲の序盤は初春の肌寒さをイメージ 
 2-2 暖かい春への期待感が徐々に高まる
 2-3 桜が開花した広がりのある風景 
 2-4 季節感ではなく心の中のイメージを表現
◎step 3 メロディを歌詞に合わせる
◎step 4 イントロ/間奏/エンディングを作る
 4-1 イントロを作る 
 4-2 間奏を作る 
 4-3 エンディングを作る
◎step 5 コード進行のブラッシュアップ
 5-1 イントロのコードをブラッシュアップ
 5-2 Aメロのコードをブラッシュアップ
 5-3 Cメロのコードをブラッシュアップ
 5-4 Dメロのコードをブラッシュアップ
◎final step 完成!

■Image 2 ボサノバテイストの可愛らしい曲を作る
     ~夫の帰宅を楽しみに待つ新婚女子のイメージ
◎step 1 曲の骨組みを考える
◎step 2 テーマのコード進行とメロディを作る
 2-1 素直なフレーズで日常のひとコマを表現
 2-2 旦那さまに会いたい気持ちがつのる
 2-3 幸せいっぱいな気持ちを表現する 
 2-4 サビの繰り返しに変化をつける
 2-5 曲の終わりを予感させるセクションを作る
◎step 3 メロディを歌詞に合わせる
◎step 4 イントロ/間奏/エンディングを作る
 4-1 イントロを作る
 4-2 間奏を作る
 4-3 エンディングを作る
◎step 5 コード進行のブラッシュアップ
 5-1 イントロのコードをブラッシュアップ 
 5-2 Aメロのコードをブラッシュアップ
 5-3 Bメロのコードをブラッシュアップ 
 5-4 Cメロのコードをブラッシュアップ①
 5-5 Cメロのコードをブラッシュアップ② 
 5-6 エンディングのコードをブラッシュアップ
◎final step 完成!

■Image 3 カラフルでエッジの効いたポップスを作る
     ~悩みに溺れながら明るく開き直るイメージ
◎step 1 曲の骨組みを考える
◎step 2 テーマのコード進行とメロディを作る
 2-1 悩みが頭の中をぐるぐる回るイメージ
 2-2 悩みの中でモヤモヤした気持ち
 2-3 思いきり開き直った気持ちを表現 
 2-4 悩みのどん底にいた自分を思い返す
◎step 3 メロディを歌詞に合わせる
◎step 4 イントロ/間奏/エンディングを作る
 4-1 イントロを作る
 4-2 間奏を作る 
 4-3 エンディングを作る
◎step 5 コード進行のブラッシュアップ
 5-1 イントロのコードをブラッシュアップ 
 5-2 Cメロのコードをブラッシュアップ
 5-3 Dメロのコードをブラッシュアップ 
 5-4 エンディングのコードをブラッシュアップ
◎final step 完成!

■Image 4 親しみやすく近未来感のあるエレポップを作る
      ~迷いを抜け出して未来へ歩き出すイメージ
◎step 1 曲の骨組みを考える
◎step 2 テーマのコード進行とメロディを作る
 2-1 迷いのさなかにいる主人公 
 2-2 迷いから抜け出そうともがくイメージ
 2-3 迷いからの脱出を予感させる 
 2-4 迷いを抜けた高揚感をイメージ
 2-5 高揚感が続く様子を表現 
 2-6 サビの繰り返しに変化をつける
◎step 3 メロディを歌詞に合わせる
◎step 4 イントロ/間奏/エンディングを作る
 4-1 イントロを作る① 
 4-2 イントロを作る② 
 4-3 間奏を作る  
 4-4 エンディングを作る
◎step 5 コード進行のブラッシュアップ
 5-1 Aメロのコードをブラッシュアップ 
 5-2 Bメロのコードをブラッシュアップ①
 5-3 Bメロのコードをブラッシュアップ② 
 5-4 Cメロのコードをブラッシュアップ
◎final step 完成!

■Image 5 ビートの中に哀しさを秘めたポップスを作る
     ~孤独に生きることを決めた男性のイメージ
◎step 1 曲の骨組みを考える
◎step 2 テーマのコード進行とメロディを作る
 2-1 孤独な闇の中でもがくイメージ
 2-2 環境を変えても晴れない気持ち
 2-3 孤独に生きる覚悟を決める 
 2-4 孤独への覚悟をより確かなものに
◎step 3 メロディを歌詞に合わせる
◎step 4 イントロ/間奏/エンディングを作る
 4-1 イントロを作る  
 4-2 ブリッジ(短い間奏)を作る
 4-3 間奏を作る 
 4-4 エンディングを作る
◎step 5 コード進行のブラッシュアップ
 5-1 イントロのコードをブラッシュアップ
 5-2 Aメロのコードをブラッシュアップ
 5-3 Bメロのコードをブラッシュアップ 
 5-4 Cメロのコードをブラッシュアップ①
 5-5 Cメロのコードをブラッシュアップ②
◎final step 完成!

■KEYWORD Index  
■CD Index

著者プロフィール

編集担当より一言

ロングセラーの作曲本『イメージした通りに作曲する方法50』の著者、梅垣ルナさんの第2弾です!『イメージした通りに~』は、“切ない片思い”“無数の星が瞬く宇宙”など、さまざまなイメージを音楽で表現するためのアプローチが解説されていましたが、今回はその拡張版的な内容となっています(上記のURLリンク先を参照してください)。リハーモナイズや転調など具体的なテクニックが解説されていますが、本書の特徴はそのワザを楽曲のどういう部分で使うと効果的なのかがわかるところです。プロの作曲家の方が、どれだけ豊かなイマジネーションを持って楽曲を構築し、それを音に置き換えているのかを目の当たりにできます。皆さんの作曲モチベーションも急上昇すること間違いなしの一冊です!
(出版部:永島聡一郎)