自伝 鈴木茂のワインディング・ロード

はっぴいえんど、BAND WAGONそれから

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
著者鈴木 茂(著)
仕様A5判 / 288ページ
発売日2016.03.25
ISBN9784845627936

紙の本を買う

電子版を買う

『自伝 鈴木茂のワインディング・ロード』の特設サイトはこちら
https://www.rittor-music.co.jp/s/suzuki-shigeru/

内容

はっぴいえんどのギタリスト、鈴木茂初の自伝。

日本を代表するギタリストでスライド・ギターの第一人者、鈴木茂の自伝。ベンチャーズに憧れてギターを弾き始め、はっぴいえんどでプロ・デビュー。以後、キャラメル・ママ~ティン・パン・アレーで多くのアーティストをサポート、ソロ活動では永遠の名盤『BAND WAGON』を産み落とし、セッション・ミュージシャンとしても数々のレコードに名演を残している。半ば伝説化された存在で、若い世代からのリスペクトも年々高まっている鈴木の幼少期からの音楽体験やはっぴいえんど秘話、そして現在に至るまでの半生を掘り下げた初のドキュメント。

【CONTENTS】
■少年時代
■ベンチャーズがやってきた!
■アマチュア・バンド時代
■伝説のバンドはっぴいえんど誕生
■ゆでめん
■風街ろまん
■解散への序章
■ラスト・アルバム
■ティン・パン・アレー
■BAND WAGONとLAレコーディング
■ハックルバック
■スタジオ・ミュージシャンとして
■あの日のこと
■現在
■使用ギター・グラフ
■フォト・アーカイブ
■ディスコグラフィー

著者プロフィール

編集担当より一言

ギター・マガジンではたびたび鈴木茂さんのインタビューを行なってきましたが、その話の面白さは抜群で、ぜひともギター・マガジン読者以外にも読んでもらいたいと常々思っていました。また、はっぴいえんどのメンバーの中で茂さんだけはまとまった文献がないので、この機会に決定版的な書籍を作ろうと思いました。
ギターを弾かない人にもわかりやすいような編集を心がけましたが、機材の写真や詳しい解説も載せ、ギタリストにも十分満足の行く内容になったと思います。間違いなく日本のギター・レジェンドと呼べる茂さんの曲がりくねった(ワインディング)半生を体験してみてください。(ギター・マガジン書籍編集部編集長/野口広之)