色分けタブ譜で理解度UP!コード・トーン反復ギター・トレーニング!

8~16小節のフレーズをループで弾くうちに、“コードで使える音”が自然に身につく!!

1,944(本体1,800円+税)

品種ムック
著者日下 義昭(著)
仕様B5変形判 / 160ページ / 160ヘ?ーシ?CD付き
発売日2016.04.25
ISBN9784845628063

紙の本を買う

内容

コード進行の中て?“ 使える音 ”を8~16 小節ループて?体感マスターしよう!

ギタリストがコードに合った音をポジションで覚えて身につけるための反復練習用フレーズ集です。コード・トーンを網羅するスウィープ奏法系のポジショニングを基本に、ルート音とコード・トーンの位置関係を体感的に習得できます。さらにタブ譜の数字をルート、3rd、7th などを色分けして表示している、従来にない「目で見てわかりやすいコード・トーン教本」です。本書を読めば、コード譜を見てすぐに使えるポジションを把握できるようになりますよ!

【CONTENTS】
■第1章:1コード進行
■第2章:2コード進行
■第3章:3コード進行
■第4章:4コード進行
■第5章:メジャー・セブンスを含んだコード進行
■第6章:ドミナント・セブンスを含んだコード進行
■第7章:マイナー・セブンスを含んだコード進行
■第8章:ディミニッシュを含んだコード進行
■第9章:オーギュメントを含んだコード進行
■第10章:テンションを含んだコード進行

著者プロフィール

編集担当より一言

ギターの名演にはさまざまな共通点がありますが、何と言っても最大の魅力は、“この曲にはこの演奏しかありえない”と思わせるパーフェクトなメロディ。しかし、よくあるのは「キーがメジャーの曲はメジャー・スケール」みたいな理屈はわかっているのに、同じポジションを行ったり来たりするだけでコード進行に合ったメロディが弾けない人……その打開策のひとつが本書のタイトルの“コード・トーン”。スケールではなく、コード・トーンに限定したフレーズを繰り返し弾くことで、コード進行の流れに沿ったポジションが感覚的に身についていくんです。実際の曲で使われる頻度の高いコード進行に合わせて、基本型のステップ1、メカニカル・パターンのステップ2、実践的なフレージングのステップ3という3段階構成で1セット。ギタリスト各々のレベルに応じた練習を効果的に行うことができます。とにかくコード・トーンを弾くことで導き出されるメロディの多彩さ&豊かさを体感する中で、演奏能力は格段に向上、自分なりのフレーズを作るヒントも見つかるでしょう! さぁはじめましょう!(出版部/杉坂)