ギター・マガジン

DVD&CD付き 速弾きがうまくなる理由 ヘタな理由 完全版

2,700(本体2,500円+税)

品種ムック
著者加茂 フミヨシ(著)
仕様B5変形判 / 136ページ / DVD、CD付き
発売日2014.04.23
ISBN9784845623846
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

内容

DVDとCD付き教則本の“完全”セットで、速弾きを“完全”攻略!

テクニカル・プレイを目指すギタリストのバイブルとも言える教則作品、『速弾きがうまくなる理由ヘタな理由』。そのDVD版とCD付き教則本が完全セットでリリース! 速弾き攻略には合理的な練習が不可欠です。そこで、DVDとCD付き教則本を使ったダブル学習を行なえば、両者の相乗効果により、これまで以上にスムーズな習得が可能となります。例えば、DVDは理想的な動作を感覚的に学ぶことができます。一方、教則本は各テクニックのノウハウを論理的に解説しているので、頭で理解するのに向いています。さらに、本書は"症状→原因→対策"といった流れで進んでいくので、無駄なく上達できる効果もアリ。さあ、本書でテクニカル・プレイの数々を手に入れてください!

【DVD CONTENTS】

※コンテンツ内の☆は難易度を示します
☆:速弾き攻略用フレーズ  ☆☆:いわゆる速弾き  ☆☆☆:超絶速弾き

■オープニング・デモンストレーション
"幻想即興曲"

■ウォームアップ・フレーズ
◎Ex-01:ピッキングが腕振りになってしまう ☆☆
◎Ex-02:歪んだ音でしか速く弾けない ☆☆
◎Ex-03:ポジション移動時に左手が不安定になる ☆

■速弾きでスケールを弾く
◎Ex-04:ハンマリングの音がうまく鳴らない ☆☆
◎Ex-05:プリングの音がうまく鳴らない ☆☆
◎Ex-06:アウトサイド・ピッキングで弦移動できない ☆☆
◎Ex-07:インサイド・ピッキングで弦移動できない ☆☆

■コラム
脱力とは~ピッキング時の右手の力の抜き方

■速弾き基礎のまとめ
◎Ex-08:速弾き直後のロングトーンがうまく出来ない ☆
◎Ex-09:マシンガン・ピッキングにパワー感がない ☆☆☆

■スウィープ・ピッキング
◎Ex-10:スウィープ時に左手と右手のタイミングが合わない ☆☆
◎Ex-11:ジョイントを含むスウィープが不明瞭な音になる ☆☆
◎Ex-12:スウィープとオルタネイトの使い分けが出来ない ☆☆

■レガート・テクニック
◎Ex-13:スライド時に音がかすれてしまう ☆
◎Ex-14:タッピングの弦移動時に余計な弦が鳴る ☆☆
◎Ex-15:ストレッチで指が開かない ☆☆☆

■コラム
機材紹介

■特殊ピッキング
◎Ex-16:エコノミー・ピッキング時にピックが弦にひっかかる ☆☆
◎Ex-17:チキン・ピッキングの指弾き部分がコンパクトに弾けない ☆☆
◎Ex-18:スキッピングで狙った弦が正確に弾けない ☆☆☆

■速弾きバッキング
◎Ex-19:高速ダウンピッキングをすると疲れてしまう ☆☆
◎Ex-20:速弾き混じりのバッキングが弾けない ☆☆


【教則本CONTENTS】

■第1章:ピッキング系フレーズ
◎正確なオルタネイトができない
◎歪んだ音でしか速く弾けない
◎弦移動時に不安定なピッキングになる
◎マシンガン・ピッキングにパワー感がない

■ 第2章:フィンガリング系フレーズ
◎ポジション移動時に左手が不安定になる
◎レガート・フレーズの途中で音が切れてしまう
◎ 連続したレガートでリズムがヨレる 
◎ストレッチで指が開かない
◎ストレッチと通常フォームの切り替えが苦手
◎ジョイント・プレイがうまくできない

■第3章:ハイテク系フレーズ
◎タッピングの弦移動時に余計な弦が鳴る
◎ノイズ混じりのスウィープになってしまう
◎安定したリズムでスウィープができない
◎エコノミーの連続アップ・ピッキングが苦手
◎スキッピングが正確に弾けない
◎チキン・ピッキングの指弾き部分がスムーズに弾けない

■第4章:ハイテク・バッキング
◎ 高速ダウン・ピッキングができない
◎速弾き混じりのバッキングがうまく弾けない

■総まとめ練習曲:幻想即興曲(ショパン)

著者プロフィール

編集担当より一言

多くの人が「自分には才能がないからうまくならない」と悩んだことがあると思います。私もそのようなことで悩んだことがありますが、「才能がない=ヘタ」というのは大きな間違いだったということに気がつきました。そもそもヘタに聴こえるのには理由があり、その理由を解明にしないまま練習を続けてもうまくなりませんよね。そこで本書は、ヘタな理由を解明・改善していくことをコンセプトとしています。

なお、ヘタを自覚し、悩むこと自体が向上心の裏返しなので、キッカケさえあれば飛躍的に上達することもめずしくないんですね。ですから、「自分はヘタだ!」と悩んでいる人は、ぜひ本書を読んでください。そういう人ほど上達のポテンシャルが高いのですから。才能の持ち腐れはもったいないですよ!
(出版2部/額賀)