ベース・ライン完全攻略

ステップ・アップのための理論と実践

2,376(本体2,200円+税)

品種書籍
著者江森 正敏(著)
仕様B5判 / 336ページ / CD2枚付き
発売日2012.08.24
ISBN9784845621286

紙の本を買う

内容

コード進行に合わせて、自由にベースを演奏できるようになる教科書“決定版”

勘や手癖に頼って演奏していて、いまいち自信を持ってプレイできていない、あるいはフレーズにマンネリを感じている、そんなベーシストの皆さん! おまたせしました。ついに、ベース・ライン作成のセオリーを詳細に解説した教科書の決定版が登場です。300ページ以上のボリュームにぎっしりと詰め込まれた詳細な理論+音楽的なエクササイズが、必ずやあなたを次の扉へと導いてくれることでしょう。どんな曲でも、どんなコードでも、音楽的なベース・ラインを奏でられるはずです。また、ベース・ソロに関する解説も多く含まれているので、さらに高度なプレイを目指す方にもオススメです。本気で上手くなりたいベーシストのための、価値ある1冊です。

【CONTENTS】
■PART1 ダイアトニック・コードへの対応
≪Chapter0 音程≫
◎1オクターブ内の音程
◎転回音程(Inverting Intervals)
◎1オクターブ以上の隔たりがある音程

≪Chapter1 三和音≫
◎三和音の構成音
◎各トライアドに対するダイアグラム

≪Chapter2 四和音とモード≫
◎I:アイオニアン(Ionian)
◎II:ドリアン(Dorian)
◎III:フリジアン(Phrygian)
◎IV:リディアン(Lydian)
◎V:ミクソリディアン(Mixolydian)
◎VI:エオリアン(Aeolian)
◎VII:ロクリアン(Locrian)
◎四和音とモードのまとめ

≪Chapter3 マイナー・セブンス・コードとモード≫
◎ジャズではドリアンを第1に選択
◎エオリアンとフリジアンが選択される場合
◎メロディック・マイナー・スケールの練習

≪Chapter4 サスフォー・コード≫
◎サスフォー・コードに有効なスケール
◎サスフォー・コードの機能

≪Chapter5 ベース・ラインの作成(1)≫
◎コード・トーンを中心としたベース・ラインの作成
◎スケール的(モード的)アプローチ
◎曲に対してスケール的アプローチを用いる
◎テンション・ノートを意識したベース・ライン
◎ベース・ラインのイメージ作り

■PART2 発展的なアプローチ
≪Chapter6 ドミナント・セブンス・コード≫
◎リディアン♭7thスケール(Lydian ♭7th Scale)
◎オルタード・スケール(Altered Scale)
◎ディミニッシュド・スケール(Diminished Scale)
◎ホール・トーン・スケール(Whole-Tone Scale)
◎フリジアン♯3(Phrygian ♯3)

≪Chapter7  II-V(ツー・ファイブ)≫
◎II-Vに対するベース・ライン
◎フレーズはボキャブラリー

≪Chapter8 ディミニッシュド・コード≫
◎ディミニッシュド・コードに有効なスケール
◎ディミニッシュド・コードの機能
◎メジャー・セブンス・コードの変化形

≪Chapter9 マイナー・メジャー・セブンス・コード≫
◎最も一般的なメロディック・マイナーの使い方
◎ライン・クリシェ(Line Cliche)

≪Chapter10 三和音に対応するスケール≫
◎メジャー・トライアド
◎マイナー・トライアド
◎オーギュメンティッド・トライアド
◎ディミニッシュド・トライアド

≪Chapter11 分数コード≫
◎4種類の分数コード

≪Chapter12 クロマチック・アプローチ≫
◎クロマチック・アプローチの2つの手法
◎クロマチック・アプローチの実例
◎クロマチック・アプローチの拡大

≪Chapter13 ベース・ラインの作成(2)≫
◎II-7からV7へ
◎V7からI△7へ
◎II-7-V7-I△7-VI7進行の連続
◎IIΦ7からV7へ
◎V7からI-7へ
◎IIΦ7-V7-I-7-VI7進行の連続

■PART3 実践的なノウハウ
≪Chapter14 ブルース≫
◎ブルース・スケールとコード進行
◎フレーズとしてのブルース

≪Chapter15 ペンタトニック・スケール≫
◎メジャーとマイナーのペンタトニック・スケール
◎内在するペンタトニック・スケールの割り出し
◎実際の演奏にあたっての注意点

≪Chapter16 リハーモニゼイション≫
◎リハーモニゼイションの実例
◎II-V進行によるクロマチック・アプローチ
◎リハーモニゼイションを行ないやすい場所
◎ペダル・ポイント(Pedal Point)
◎オスティナート(Ostinato)

≪Chapter17 ヘミオラ≫
◎ベース・ラインやソロにヘミオラを組み込む

≪Chapter18 アウトサイド≫
◎さまざまなアウトサイド

≪Chapter19 ラテン音楽≫
◎アフロキューバン(Afro-Cuban)
◎ブラジリアン(Brazillian)

≪Chapter20 イントロとエンディング≫
◎イントロ(Intro)
◎エンディング(Ending)

≪Chapter21 ベース・ラインの作成(3)≫
◎2ビート(2 Beat)
◎4ビート(4 Beat)
◎インタープレイ(Interplay)
◎シャッフル(Shuffle)
◎バラード(Ballad)
◎ダブルタイム(Double-time)
◎ジャズ・ワルツ(Jazz Waltz)
◎変拍子(Odd time signature)
◎3/4拍子⇔4/4拍子
◎ボサノバ

≪Chapter22 ベース・ソロ≫
◎空間を置いたソロでの組み立て方
◎"弾かない"と"弾けない"

≪Chapter23 演奏を聴く≫
◎聴くことから始まる

■APPENDIX
◎A:ベース・ライン&ベース・ソロ実例集
◎B:付録音源解説

『ベース・ライン完全攻略』練習用譜面ダウンロード

譜面台に置いて練習しやすいように、付録CDの各トラックに合わせた練習用譜面をご用意いたしました。
※推奨サイズ:A4

※こちらでダウンロードできるPDFデータは、本書をお買い求めいただいたお客様へのサービスとしてご提供しております。

著者プロフィール

編集担当より一言

本書を特にお薦めなのは、ある程度譜面が読めて、ジャズにも興味があって、真剣にうまくなりたいと思っている真面目なベーシストです。

336ページにぎっしりベース・ライン解説&エクササイズが詰め込まれているので、全部の内容を消化するには時間がかかります。コツコツ学習を続け、自分のものにしていってください。必ずや、ステップ・アップした自身の演奏を実感する日が来ることでしょう。

ベース・ソロに挑戦したい方にも、オススメです。(出版3部:そば夫)