12人の指導者が実践する最強のトレーニング

本当に役立つ! ヴァイオリン練習法74

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
著者廣岡 克隆(著)/山中 美知子(著)/深山 尚久(著)/美ノ辺 純子(著)/古橋 ユキ(著)/佐野 友香(著)/齋藤 咲恵(著)/相川 麻里子(著)/吉田 篤貴(著)/竹原 奈津(著)/竹中 勇人(著)/福田 恵子(著)
仕様A5判 / 144ページ / CD付き
発売日2013.11.22
ISBN9784845623242

紙の本を買う

内容

悩めるヴァイオリニスト、指導者必見!! 新しい出会いや発見が必ず見つかる練習法バイブル!

大好評既刊『本当に役立つ! ピアノ練習法74』のヴァイオリン版が登場。本書は、学習意欲や指導欲・研究欲を持つ方のための練習法バイブルです。「ビブラートのコツが掴めない」「効果的な基礎トレーニングの方法が知りたい」「スピッカートのコツが知りたい」など多様な悩みや疑問を解決するノウハウが詰まっています。12人の指導者が効果を実感している最強のメソッドから、あなたに合う練習法やあなただけのオリジナル指導法の基となるヒントをゲットしてください。図解を多く掲載しているのでわかりやすく、じゃんじゃん頭に入ります!ヴァイオリンを弾きながら、楽器を持てない通勤・通学時間にも、ぜひ気軽に取り組んでみてください。

【CONTENTS】
■第1章 基礎力アップ編
01.ヴァイオリンの構え方のコツを掴む方法
02.常に良い姿勢で構えられるように意識する方法
03.簡単に左肘を正しく構える方法
04.基礎トレーニングを効果的にする方法
05.肩当てをつけずに正しい持ち方を確認する方法
06.脱力のコツを掴む方法
07.親指の力を抜くコツが掴める方法
08.左手の親指をラクに構える方法
09.弓元のコントロール力を上げる方法
10.スムーズに弦を押さえるコツを掴む方法
11.スムーズなボウイングのコツを掴む方法
12.ベストなボウイングの感覚を掴む方法
13.弦と弓のより良い摩擦を作る方法
14.身体の使い方を見直して弓先を上手く弾く方法
15.まっすぐに美しい音を鳴らす方法
16.まっすぐな音を出すための練習方法
17.曲中で弓が震えないようにする方法
18.曲中で弓が弾まないようにする方法
19.雑音を減らす方法
20.弓元と弓先の苦手意識を克服する方法
21.弓先までラクに弾けるようになる方法
22.弓のコントロール力を上げる方法
23.楽しく弓のバランスの取り方を身につける方法
24.弓をなめらかに返せるようになる方法
25.弓の扱いに慣れる方法
26.音程感を良くする方法
27.右手と左手のコンビネーション力をアップさせる方法
28.弓と左手の動きを合わせるための訓練方法
29.左手の4の指が安定しない時の対策方法
30.左手の指を分離・独立させる方法
31.4の指を強化するための練習方法
32.4の指を上手く使う方法
33.右手の小指を鍛える方法
34.ラクに脱力して弾けるようになる方法
35.ポジションを早く覚える方法
36.高いポジションを押さえやすくするコツを掴む方法

■第2章 テクニック向上編
37.スラーを早くマスターする方法
38.クレッシェンドとデクレッシェンドのコツを掴む方法
39.苦手な箇所をなるべく短時間で克服する方法
40.メトロノームを使って苦手を克服する練習方法
41.リズム練習が得意になる方法
42.3拍子が取りやすくなる方法
43.移弦を含む速いパッセージの練習方
44.速いパッセージの練習方法
45.和音をキレイに響かせる方法
46.重音を確実にとらえるための練習方法
47.安定したフォームで重音が弾けるようになる練習方法
48.3和音を同時に鳴らすコツを掴む方法
49.跳躍の練習方法
50.跳躍をはずさずにキメるコツを掴む方法
51.ビブラートのコツを掴むためのいろいろな方法
52.日常の動作からビブラートのコツを掴む方法
53.楽器を持たずにビブラートのコツを掴む方法
54.ビブラートのコントロール力を上げる方法
55.どうしてもビブラートのコツが掴めない場合の訓練方法
56.スピッカートのイメージを掴む方法
57.スピッカートが上手くなるコツを掴む方法
58.幅広い音色をコントロールできるようになる方法
59.美しく均等にスピッカートが弾けるようになる方法
60.移弦しながらスピッカートを確実にキメる方法
61.太く艶のある音を出す方法
62.ピチカートの音をよく響かせる方法
63.ハーモニクスを美しく鳴らす方法

■第3章 ステップ・アップ編
64.ピアノとのアンサンブルをスムーズにする方法
65.ピアノとのアンサンブルが上手くなる方法
66.ピアノとのアンサンブルを楽しむ方法
67.オーケストラに入るための準備方法
68.オーケストラでの座り位置に動じない方法
69.グルーヴ感を出す方法
70.グルーヴ感のある演奏をするための練習方法
71.タンゴに初挑戦する際に押さえておきたい表現方法
72.リズミックな曲を表現するための練習方法
73.ポルタメントを利用してポップスっぽく聴かせる方法
74.理想の演奏に少しでも早く近づく方法

著者プロフィール