DVDでよくわかる! ボイパ本

1,944(本体1,800円+税)

品種書籍
著者渡辺 悠(著)
仕様B5変形判 / 112ページ / DVD付き
発売日2013.02.25
ISBN9784845621941

紙の本を買う

内容

口からリズムがあふれ出す!

口を使ってリズムを奏でる"ボイス・パーカッション"。アカペラ・コーラスのリズムを支える存在として、また近年ではソロ・パフォーマンスや楽器とのアンサンブルを行なう新しい"楽器"としても注目を集めています。そんな通称"ボイパ"の決定的教則本が、この『ボイパ本』。口でドラムやパーカッションの音色を出す方法から、実際のドラムのように"演奏する"テクニック、そしてアカペラ・コーラスや楽器と一緒にアンサンブルを楽しむところまで、付録DVDで音と口元の動きを確認しながら学ぶことができます。必要なのは自分の口のみ。さあ、本書でボイパをはじめましょう!

※本書は2002年4月発行の『ボイパ本 身体がドラムに進化する!』の内容を全体的に見直し、DVD、書籍ともに新たに制作したものです。

【CONTENTS】
■PART1 ボイパの基礎知識
■PART2 音色をマスター
■PART3 リズムの組み立て
■PART4 仲間と一緒に演奏しよう

著者プロフィール

編集担当より一言

2002年に発行し、アカペラ/ボイス・パーカッションのシーンで“伝説の本”となっていた『ボイパ本』が、完全リニューアルして復活。原稿も映像もイチから作り直し、現代に合った内容に生まれ変わりました。

DVDでは映像を観ながら感覚的に学ぶことができ、一方、書籍のほうでは“破裂音/摩擦音”といった口で出せる音の種類の解説や、使う口のパーツ(舌や唇、口蓋など)の断面図を掲載し、音の出し方をより深く理解できるようになっています。練習譜例もたくさん掲載しているので、ボイパ初心者はもちろん、経験者の方にも役立つ1冊になっていると思います。(出版1部/服部健)