監獄ラッパー B.I.G. JOE

獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録

1,728(本体1,600円+税)

品種書籍
著者B.I.G. JOE(著)
仕様四六判 / 288ページ
発売日2011.08.25
ISBN9784845619740

紙の本を買う

電子版を買う

内容

囚人番号345506、南の果ての記憶

2005年、奇妙な音声で録音された「Lost Dope」という曲が、日本のヒップホップ・シーンに衝撃を与えた。声の主は札幌出身のラッパーB.I.G. JOE。ヘロイン密輸容疑で逮捕され、オーストラリアの刑務所に服役中だった彼は、日本への国際電話を利用し、そのラップを吹き込んだのだ......。本書は、異国の獄中で過ごした日々を綴った、B.I.G. JOE 6年間の手記である。事件の顛末、裁判の行方、塀のなかの過酷な生活、そして、前向きに生きる力を与えてくれたラップという表現手段。収監中の身でありながら日本で発売された数々の作品は、どのように制作されたのか? 長い刑期のなかで彼は何を感じ、何を思ったのか? その全貌が、ついに明かされる。

【CONTENTS】
■プロローグ
■密輸計画
■無言の取調室
■幻覚と選択
■裁判
■判決=Not完結
■愛と孤独と決別と
■新天地
■ジェイルで生きるための10の戒め
■グローバルな食生活
■ロスト・ドープ
■マッチョ・ワールド
■スタジオのある刑務所
■監獄ラッパー誕生
■母の面影
■ザ・犯罪学
■塀のなかの住人たち
■ドラッグ・ビジネス
■ミッドナイト・エクスプレス
■LIKE A 修道院
■生きることと創造すること
■6年
■フリーダム・フライト
■再会
■監獄ラッパー・イズ・バック
■解説:二木 信

著者プロフィール

編集担当より一言

異国の刑務所から、服役中に4枚の作品をリリースした日本人ラッパーがいる。まず、その事実に驚きます。本書では、それぞれの作品がどのように制作され、発売に至ったのか明かされていますが、実は、それはこれまでの著者のインタビューなどによって日本のヒップホップ・ファンにはある程度知られた話でもあります。ただし、本書のキモは、別の部分にあるといえるでしょう。犯した罪を、その顛末も含めて告白し、6年間もの懲役という絶望のなかで再生していく1人の男……。その物語は、仮にラップやヒップホップに興味はなくとも、多くの人にとって示唆に富むものだと思います。ぜひ上のリンク先にて立ち読みを!(編集担当:出版1部・服部 健)