リズム&ドラム・マガジン

ドラム基礎トレ365日!

1,944(本体1,800円+税)

品種ムック
著者山本 雄一(著)
仕様菊倍判 / 112ページ / CD付き
発売日2011.12.19
ISBN9784845620197
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

オンライン直販について

内容

1日たったの2小節! 根気よく続ければ必ず効果アリ!!

ドラムの確実な上達には、日々の地道な基礎トレーニングが欠かせません。しかし、どんな練習をすればいいのかわからず、とりあえず知っているフレーズを漫然と叩くだけになってしまったり、少しだけ曲をコピーしては放置したりと、計画性のない練習をしている人が多いのではないでしょうか? 本書は1年分の計画トレーニングが収録されていて、基礎的な8ビートやシングル・ストロークの練習に始まり、ダブル・ストローク、ルーディメンツなどの応用テクニックを確実に身に付け、さらにはちょっと敷居が高いファンク、ジャズ、ラテンなどのドラミングにも触れています。この本を使って、1年後の自分に確かな基礎力をプレゼントしましょう!

【CONTENTS】
◎第1週目:すべての基本! ひとつ打ちを固めよう!
◎第2週目:8分音符と8分休符の基礎固め
◎第3週目:8ビートの必修パターンに挑戦!1
◎第4週目:8ビートの必修パターンに挑戦!2
◎第5週目:8分音符系リズムとフィルイン
◎第6週目:16分音符の基本フレーズに挑戦!
◎第7週目:8分&16分音符のフィルイン
◎第8週目:16分音符でリズムの幅を広げてみよう!
◎第9週目:8分と16分の絡むリズムに挑戦!
◎第10週目:3連符の基本を固めよう!
◎第11週目:3連符リズムの基本にチャレンジ!
◎第12週目:3連符&6連符の基本形にチャレンジ!
◎第13週目:3連系フィルイン
◎第14週目:8分音符でアクセント打ちの基礎固め!
◎第15週目:16分音符アクセントの基本1
◎第16週目:16分音符アクセントの基本2
◎第17週目:16分音符アクセントの応用フィルイン
◎第18週目:表とウラの3連符アクセント
◎第19週目:ハイハットのハーフ・オープンとアクセント
◎第20週目:1拍半フレーズで世界を広げよう
◎第21週目:16分音符系のファンキーなフィルイン
◎第22週目:ハイハット・オープンで8ビートを味付け
◎第23週目:16分フレーズのハイハット・オープン
◎第24週目:ハイハット・オープンを使ったアクセント
◎第25週目:16分タイミングのバス・ドラム・パターン
◎第26週目:シャッフル・ビートに挑戦
◎第27週目:足でハネるシャッフル・ビートに挑戦!
◎第28週目:シャッフル・ビートのフィルインに挑戦!
◎第29週目:ジャズ・ビートの世界を体験してみよう
◎第30週目:意外に難関!? 右手4分打ちリズム
◎第31週目:4分打ち系リズムで左手を強化!
◎第32週目:躍動感なファンク・ビートに挑戦!!
◎第33週目:グルーヴが命! ハネるファンク・ビート
◎第34週目:8分音符系シンコペーションに挑戦!
◎第35週目:16分音符系シンコペーションに挑戦!
◎第36週目:3連符系シンコペーションに挑戦!
◎第37週目:知っておきたいパラディドルの基本
◎第38週目:ダブル・ストロークで3連符を自由自在!
◎第39週目:RLLの手順で16分に変化をつける
◎第40週目:音色が命のクローズド・リムショット
◎第41週目:裏打ちアクセント・パターンに挑戦!
◎第42週目:バス・ドラムのダブル・アクション
◎第43週目:熱いグルーヴ! 高速ロックに挑戦!
◎第44週目:重低音の魅力! タムを使ったリズム
◎第45週目:効果抜群の隠し味=ゴースト・ノート
◎第46週目:片手刻みの16ビートに挑戦!
◎第47週目:パラディドルをリズム・パターンへ応用
◎第48週目:パラディドルが可能にするフィルイン
◎第49週目:ジャズ・フィーリングのフィルイン
◎第50週目:ジャズの醍醐味! 4ウェイ・ドラミング
◎第51週目:手足のコンビネーション・フィルに挑戦!
◎第52週目:快感の高速連打! 32分音符フレーズ!!
◎365日目:最後のアドバイス

著者プロフィール

編集担当より一言

ドラムを始めてしばらく経ってある程度叩けるようになってくると、得意なパターン、よく使うパターンが決まってしまって、いつでも同じような演奏をしてしまいがちです。いろいろなことができる方が良いのはわかっていても、馴染んだパターンから離れ、演奏のバリエーションを増やすのはなかなか難しいもの。そこで本書の登場です。

あまり馴染みのないパターンでも、1日2小節ならば無理なく続けられそうですよね? 1年間それを続けることで、2小節が積もり積もって、いろいろなパターンや多彩なテクニックを自然に身につけられるのです。ぜひ、1年後の自分の姿を思い浮かべながら練習に取り組んでみて下さい。

そして、この本を通じて日々の練習を習慣にすることができれば、何年経ってもずっと上達していくことができるでしょう。毎日続けやすいように、いろいろな工夫がしてあるのも本書の特徴です。(出版2部/橋本)