レコード・バイヤーズ・グラフィティ

ヴァイナル・マニアの数奇な人生

定価:本体1,800円+税

品種書籍
著者ミズモトアキラ(著)
仕様四六判 / 256ページ
発売日2011.05.18
ISBN9784845619382

紙の本を買う

内容

レコードは回るよ、いつまでも

音楽を聴くとは、iPodとイヤフォンでAAC音源を聴くことだけ? いえいえ、とんでもありません。まだまだレコード文化は死んでいないし、未CD化音源、未データ化音源は、ネットに覆われたかに見える世界の"秘境"として、逆にその存在感を増しているほどです。本書では、そんなヴァイナルに魅せられた人々の生態を、じっくりこってり紹介。中古レコード店(SOUL CLAP、フラッシュ・ディスク・ランチ、ピーナッツレコード)はもとより、SP盤のアーカイバーやソノシート・コレクター、亜モノのディガーなど、さまざまなヴァイナル・マニアが濃ゆいエピソードを披露してくれています。検索では辿りつけない秘境を、あなたも覗いてみませんか?

【CONTENTS】
■モア・レコード・バイヤーズ・ダイアリー "SOUL CLAP" version
柴田正幸(SOUL CLAP)

■女のソノ。
岡村みどり(音楽家)

■常盤響の考える亜モノ~そして全ての音楽はソフトロックである
常盤響(写真家/デザイナー)×前園直樹(LOVE SHOP RECORD)

■何もなくても何か買う~若きレコードディガー馬場正道の東南アジア猟盤日記
馬場正道(渉猟家)

■良いMONO求めて三千里
岡田崇(グラフィック・デザイナー/SONOTA)

■フラッシュ・ディスク・ランチとその広告。
椿正雄(FLASH DISC RANCH)

■VINYL FUNCLUB~グラスゴー周辺の音楽家と中古レコード。
安永和俊(Office Glasgow)

■PEANUTS RECORDS DIARY
井手啓吾(PEANUTS RECORDS)

■POP JACKET FROM THE LAND OF FANTASY
清水壮一郎(studio COOCA)

■コラム:ミズモトアキラのロウ・フィデリティ
ミズモトアキラ

◎装丁:大原大次郎(omomma)

著者プロフィール