ピアノスタイル

あきない!ハノン2

ジャズ、ポップスを弾くための☆ピアノトレーニング集 応用編

1,620(本体1,500円+税)

品種楽譜
著者宮前 幸弘(著)
仕様菊倍判 / 88ページ / CD付き
発売日2007.03.15
ISBN9784845614141
JAN4958537111002
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

内容

「コード感」「リズム感」「実践に役立つ」テクニックをラクラク習得!

ポピュラー版ピアノトレーニング本を目指した「あきない!ハノン」シリーズの第2弾。これは実践に直結したトレーニングを集めた1冊です。実際の手の動きを想定した練習、音楽ジャンル別練習など、ポピュラー・ピアノ必須の項目に絞った構成になっているのが特徴です。付録CDでリズム感アップのためのサポートも万全。「ハノン」に苦手意識が強い人にも自信を持ってオススメできる一冊です。

●こんな人にオススメ●
・テクニカルなだけの機械的な練習は苦手、という人
・トレーニングをしながら、ポピュラーやジャズ的なコードの感覚も身につけたい、という人
・ポイントを絞って実践に役立つトレーニングがしたい、という人

●実際に使ってみた人の声●
・クラシックにはあまりないリズムやコード、また奏法が満載なので楽しめる。
・巻末の練習曲がとてもカッコ良く、披露する曲としても使えそう!!
・CD付きなところ。前作より望んでいたことが実現した!

【CONTENTS】
■Part.1 ベーシック・エクササイズ2(1~4番)
指ならし!右手・左手を自由に使いこなすための練習!

■Part.2 もっとコードを理解できる練習(5~17番)
ツー・ファイブ・ワン進行の練習で、メジャー系/マイナー系のコードがわかる。難しそうなコード(dim・aug・sus)も、"流れ"で覚える

■Part.3 伴奏:アルペジオの練習(18~21番) ※CD連動
基本パターンとそのしくみ。典型的なコード進行で弾く(Cキー・Fキー・Gキー・ Dキー)

■Part.4 伴奏:ストライドの練習(22~25番) ※CD連動
基本パターンとそのしくみ。典型的なコード進行で弾く(Cキー・Fキー・Gキー・B♭キー)

■Part5 伴奏:8ビートと16ビートの練習(26~29番) ※CD連動
8ビート(イーブン/シャッフル)と16ビート系の練習を、典型的なコード進行で弾く(Cキー・Fキー・Gキー・Dキー)

■Part.6 ソロ・ピアノへ向けて(30~32番) ※CD連動
右手メロディ&コード、左手ベース・ラインで弾く。メロディに伴奏をつけたパターンの練習(Cキー・Fキー・Gキー)

■Part7 さらに進んだトレーニング(33~37番) ※CD連動
アルペジオ風/ストライド風/サルサ風/8ビート・ファンク風/ボサノバ風

■ 巻末付録 ※CD連動
前作「あきない!ハノン」の練習曲3曲を、CDで聴いてみよう

著者プロフィール

編集担当より一言

前作「あきない!ハノン」よりも実践面を意識してパワー・アップした続編、その名も「あきない!ハノン2」が出来上がりました。実践に役立つ伴奏や移調パターン、「コード感」「リズム感」を強化するための練習がぎっしり! また新しい試みとしてCDが付いているので、楽譜だけでは理解しづらい「ノリ」やポピュラー独特の「コード感」を耳からもキャッチできちゃいます。そしてそして今作はさらに「あきない!」んです。というのも、基本のエクササイズはしっかり押さえつつ、弾いていて楽しいメロディアスな練習曲を多数掲載しているから! 特にPart.7に掲載されている曲たちは、キャッチーで耳に残る曲ばかり。私自身も2回ほど聴いたあたりから覚えてしまい、毎日いろいろな音楽を聴いているのに(!)ふと気づくと頭の中で35番(CDではtr29)が鳴っていたり…(笑)毎日のエクササイズを楽しくこなしたい人に! ぜひ!(編集担当/菊地)