DVDビデオ・ワークショップ

バンバン上達!究極のギター練習DVD

3,564(本体3,300円+税)

品種CD・DVD
著者宮脇 俊郎(他著)
仕様62分/譜例集付き / 62分
発売日2004.06.20
ISBN9784845610808
JAN4958537109207
品番VWD-263

紙の本を買う

内容

ベストセラーの教則本シリーズがついにDVDで登場!

短期間にメキメキと上達しようと思ったら、好きなフレーズをだらだらと弾きまくるのではなく、身に付けたいテクニックに最適化したフレーズで練習するのが最も確実だ。このDVDには、指のバタつきが自動的に鎮まるフレーズや、ピッキングがスムーズになるパターンなど、練習目標を明確に示したフレーズを多数収録している。全32譜例は、「どう役に立つのか」という 効能 の提示と、スローテンポと通常テンポによる2種類の見本演奏という構成。マルチアングルで迫るカメラワークにより、譜面を見ただけではわかりにくい両手の動きも、映像でしっかり確認できるのが特徴だ。途中のコラムでは、ギターを持たずにできる右手・左手のトレーニングや、口と手を使ったリズム練習なども取り上げている。一気に最後まで見通すのも良いが、巻き戻しが不要なDVDの利点を生かし、譜例やチャプターごとに繰り返し練習することで、効率良くギター・テクニックをレベル・アップさせよう!

【CONTENTS】
■メカニカル・フレーズ集
Ex.1 人差指を土台とするフィンガリングを身に付けるフレーズ
Ex.2 指のバタつきを抑制するフレーズ
Ex.3 指板を横移動するクロマチック・フレーズ
Ex.4  ベーシックなメジャー・スケール

■ハンマリング&プリング、スライド強化フレーズ集
Ex.5 ハンマリング多用による怒濤の超速弾きフレーズ
Ex.6 薬指を置いたままでプリングを鍛えるフレーズ
Ex.7 親指を固定したままのスライド・フレーズ
Ex.8  ハンマリング&プリング、スライドを駆使したレガート・フレーズ

■ジョイント・フレーズ集
Ex.9 C マイナー・ペンタで上下する4連ジョイント・フレーズ
Ex.10 プリングも併用した複音混じりのジョイント・フレーズ

■ オルタネイト・ピッキングを確立するためのフレーズ集
Ex.11 空振りを交えたオルタネイトによる単音リフ
Ex.12 弦を行き交いつつもオルタネイトをキープする
Ex.13 スナップを身に付けるためのチョッパー・フレーズ
Ex.14 バランスの良いピッキング・フォームを身に付けるためのフレーズ

■スウィープ&エコノミー強化フレーズ集
Ex.15 コード・トーンによる基本的なスウィープ
Ex.16 エコノミーによる上昇/下降フレーズ

■弦跳び&ストレッチ・フレーズ集
Ex.17  2弦を常に飛び越える弦跳びフレーズ
Ex.18 驚異のストレッチ・フレーズ
Ex.19 ストレッチがキツいR&B系バッキング・パターン

■カッティング強化フレーズ集
Ex.20 E♭7(9)によるファンク系コード・カッティング
Ex.21  スライドなどを取り入れたカッティング
Ex.22 ファンキーな単音カッティング
Ex.23 不要弦のミュートと右手の弾き分けが重要な複音カッティング
Ex.24 単音ミュート・カッティング
Ex.25 ハネたリズムのカッティング
Ex.26 休符時にしっかりミュートするカッティング

■ブリッジ・ミュート強化フレーズ集
Ex.27 メリハリあるミュートのON/OFF が求められるギター・リフ
Ex.28 表現力をアップさせるブリッジ・ミュートの活用

■チョーキング&ヴィブラート強化フレーズ集
Ex.29 さまざまなチョーキング
Ex.30 チョーキングの合わせ技
Ex.31 ゆったりしたヴィブラートを身に付けるフレーズ
Ex.32 ギターを泣かせる!チョーキング&ヴィブラート・テクニック

■コラム
◎ ギターを使わない左手のトレーニング(熊手トレーニング)
◎ギターを使わない右手のトレーニング(ピック離し)
◎リズムの乱れはフレーズの捉え方が原因

著者プロフィール

編集担当より一言

リットーミュージックから映像の教則モノを作るのは初めてということで、撮影当日は超!緊張しました。特徴はまずフレーズにあります。“偏らないバランスの良い弾き方を確立する”という命題のもと、弾いているうちに自然と弾き方が整っていく、そんなフレーズで構成しています。演奏スピードはけっこう遅めなんですが、どれもヒトクセあって、正確に演奏するのは以外に手こずるかもしれません(僕も手こずりました(笑))。でも超スローテンポを収録しているので、譜面を見てすぐに合わせて弾くことができると思います。映像がマルチアングルとなっていて、両手の様子がめちゃくちゃはっきりわかります(鮮明すぎて緊張している様子さえ…)。ヴィブラートの練習なども、ゆっくりかけるしかないフレーズとなっているので、ケイレンするみたいにヴィブラートが速くなりがちな人にも効果的だと思います。(インストラクター・宮脇俊郎)