PICK UP

  • 誌面連動

2019.10.17

アコースティックギター&ウクレレ・マガジン

アコースティック・ギター伴奏のアイディア feat.ピクリプ 模範演奏動画

模範演奏:ピクリプ(河野文彦&フクムラサトシ) スチール/映像撮影:八島崇 

 10/26発売『アコースティック・ギター・マガジンVol.82』の奏法特集Playing Know Howは"アコースティック・ギター伴奏のアイディアfeat.ピクリプ(河野文彦&フクムラサトシ)"。アコギを使ってカッコイイ伴奏をしたい! そんな方への奏法ノウハウ企画。マヌーシュ・ジャズでのソロ活動の他、久住昌之&スクリーントーンズなど、さまざまなユニットや、アーティストのサポートを行なっている河野文彦に、アコースティック・ギターでの伴奏のアイディアを伝授してもらう。今回はフクムラサトシ(sax)とのユニット、ピクリプでの模範演奏と動画と連動してお届けする。誌面に掲載したエクササイズ・フレーズの模範演奏を弾いて解説してもらったので、動画と併せて楽しんで下さい!

エクササイズ・ナンバー

もみじ基本形 


●コードづけを工夫する

Ex-01

Ex-02 

Ex-03 

Ex-04


●リズムに変化をつける

Ex-05 ボサ・ノヴァ風

Ex-06 ラグタイム風

Ex-07 ジャズ・ワルツ風

Ex-08 16ビート・フィンガーピッキング


●奏法で変化を出す

Ex-09 高音アルペジオ+低音ペダル

Ex-10 開放弦を利用したアルペジオ

Ex-11 16ビート・カッティング

Ex-12 ベース単音バッキング

「もみじ」まとめ 


●他の曲でも試してみよう

「Moon River」


●「孤独のグルメ」でお馴染みの「Stay Alone」変化バージョン

「Stay Alone」

ボサ・ノヴァ・バージョン 「ウラヤス・フランス」 

マヌーシュ・ジャズ・バージョン 「店を探そう」 


<著者プロフィール>

ぴくりぷ サックス奏者フクムラサトシとジャズ・ギタリスト河野文彦が2005年に結成。ギターの弦を弾く爪(Pick)とサックスのリードを震わせる唇(Lips)で心地好い音楽を届けるユニット。音楽制作チーム"スクリーントーンズ"のメンバーとしてもTVドラマ「孤独のグルメ」を始め、「昼のセント酒」などの劇伴音楽作曲・演奏を手がける。今年初となるアルバム『Sweet Home』をリリースした。
オフィシャルWEB


アコースティック・ギター・マガジン 2019年12月号 Vol.82

品種雑誌
仕様A4変形判 / 144ページ / CD付き
発売日2019.10.26

1