PICK UP

2018.05.01

リズム&ドラム・マガジン

パット・トーピーのドラミングの真髄を映像で学ぶ|リズム&ドラム・マガジン2018年6月号より

Text by 塚本成治[DrumGym]

パット・トーピーが残してくれたドラム教則映像作品

1996年発表の『ビッグ・ドラムス』と2002年発表の『直伝!グルーヴ・ドラミング』は、永遠のバイブルとなるべき歴史的な傑作だ。偉大なるドラマー、パット・トーピーの追悼特集となるリズム&ドラム・マガジン2018年6月号では、あらためてこの2作品の見どころをピックアップして、パット・ドラミングの真髄に迫っている。この記事では、詳細解説から一部を抜粋して紹介。ぜひ映像を見て、学んでほしい。

1st映像作品『パット・トーピー/ビッグ・ドラムス』

パット・トーピー/ビッグ・ドラムス

「僕は今までたくさんのドラマーやミュージシャン達、そして人生の経験から様々な影響を受けてきた。みんなが自分の夢やゴールを目指す上で、このビデオが何か影響を与えることができたらと願ってるよ」- Pat Torpey

1st映像作品となる本作は、4つのチャプターに分かれたパットのドラム・セミナー、9分に及ぶ白熱のドラム・ソロ、MR.BIGのナンバー7曲のリズム・パターン紹介、盟友ビリー・シーンとの初公開スペシャル・セッションに加え、自宅での風景やビリーが語るパットの魅力など盛りだくさんの内容。そしてボーナス・トラックも収録。もはや、このビデオなくしてパットは語れない。

Pat1_1.png


2nd映像作品『パット・トーピー/ビッグ・ドラムス』

パット・トーピー 直伝!ロック・グルーヴ・ドラミング

パット・トーピーによる実践的で教則的なフレーズ&エクササイズ集。特に今回は、ロック・ドラムの中でもあまり取り上げられることのない"グルーヴ"にフォーカスを当て、全編パット自身による懇切丁寧な解説と、左サイド/天井/足下からのクローズアップ映像、ファスト&スロー・テンポによるプレイなどが満載だ。

さらに、デモ演奏2曲とドラム・ソロ1曲、貴重なインタビューの数々なども取り入れ、実に盛りだくさんの内容。まさに"あらゆるロック・ドラマーに役立つ"作品です。また、パット秘蔵のスネア紹介も盛り込んだパットの自宅練習&デモ制作スタジオのツアー、2002年2月5日のMR.BIGフェアウェル・ツアー最終公演におけるドラム・ソロ映像、さらにはMR.BIGのアルバム『ゲット・オーバー・イット』レコーディング時におけるパット・トーピー、ビリー・シーン、リッチー・コッツェンによる門外不出の超レアなジャズ・セッション映像が収録されている。

Pat2_1.png


リズム&ドラム・マガジン2018年6月号は、パット・トーピーへの哀悼の意を表し50Pに渡る大特集を掲載。MR.BIGメンバー全員のインタビューをはじめ、彼に近しいTAMAスタッフのコメント、全参加作品のディスコグラフィ、代表曲とも言える「Take Cover」のパーフェクト・ドラム・スコア&奏法解説など、パットの偉大なる足跡を辿っていく。

リズム&ドラム・マガジン 2018年6月号

品種雑誌
仕様A4変形判 / 164ページ
発売日2018.04.25

1