PICK UP

2018.04.26

リットーミュージック

鈴木トオル(LOOK)インタビュー/僕はヴォーカルじゃなかった〜LOOKデビュー秘話|『A面に恋をして』より

text by 谷口由記

シングルの表題曲が"A面"と呼ばれた時代に生まれた名曲について、歌い手自らが振り返る書籍『A面に恋をして 名曲誕生ストーリー』から、貴重な証言の数々を抜粋してお届けするインタビュー。第11弾は、鈴木トオル(LOOK)が語る「シャイニン・オン 君が哀しい」。

鈴木トオル_w.jpg

LOOK「シャイニン・オン 君が哀しい」

LOOKのヴォーカルは千沢だった

―初めて「シャイニン・オン〜」を聴いたのは、どのタイミングだったのですか?

 LOOKは僕と千沢(仁)の2人で始まったんです。で、僕がときどき千沢の家に行って、「どんな曲があるの?」って聴かせてもらっていた時期があるんですよ。そのときに「自分が初めて作った曲なんだけど、これ聴いて」って、千沢がピアノを弾いて歌ったのが「シャイニン・オン〜」。その時点では未完成だった。ただ、ダイアモンドの原石じゃないけど、未完成でも光るものがあるっていうのはわかるじゃないですか。これ、磨けばもっとすごくなるねっていう。そういう気配がある楽曲でしたね。

―初めて作った曲とは思えないですね。コード進行も符割りも。

 千沢はね、コード・ネームを知らないで弾いているから。ほかの曲も全部そう。ドラムをやってきたからドラム譜は読めるけど、普通の五線譜は読めない。そういう人だったから。

―緻密に計算された曲だとばかり思っていました。

 だから、余計に僕もびっくりしちゃうわけじゃん。なんで何も知らないヤツがこんなことできるの? って(笑)。千沢はギターを弾いていたから、AとかCとかFとか普通のコードは知っていた。でもさ、ここにSUS4が入ったり、マイナー・セブンの6(9)が入ってきたりとかさ。そういうことまでは知らないはずだもん。でも、この曲には出てくるからね。ヤツは知らないのにやっていた。本当に感性だけで。
 選ばれた人間というのは、本当にいるんだよね。天才というのは、最初からハードルを越える。そのなかの1人として、千沢がいる。そこにいる人間には、どんなに僕らががんばっても届くわけがない。

―「シャイニン・オン~」は、何曲かあるうちの1曲として録ったわけですか?

 そうです。そのときに十数曲、デモ・テープで録っていると思いますよ。それをCBS・ソニーに持ち込んで、すぐ、デビューが決まったんです。

シャイニンJ.jpg―即、決まるってすごいですね。

 そうなんですよ。すぐに担当ディレクターも決まって。どんでん返しがあったのは、CBS・ソニーからのデビューではなく、エピック・ソニーからのデビューというくらい。

―あのころのエピックは勢いがありましたからね。

 ソニーのグループのなかで争奪戦があったのかもしれないね。デモ・テープがいろんなところにまわって、そういうことになったんだと思う。僕らは蚊帳の外。最終的にメンバーが2人増えて、4人になるわけじゃないですか。それも、僕らの意図じゃないですよ。

―え?

 レコード・メーカーと事務所サイドの話し合いのなかで、当時、洋楽の世界ではホール&オーツもいたし、邦楽でもチャゲ&飛鳥さんがいたし、っていう時代だったから、「2人のユニットはないよね」っていう話になったみたいです。

―では、LOOKはバンド活動を経てデビューしたわけではないんですね。

 全然、そうじゃない。仲良しこよしの昔からの知り合いがバンドを組んだんじゃないということは事実です。

―デビューが決まったあとに、チープ広石さん、山本はるきちさんが加入したわけですね。それはどういう受け止め方だったんですか?

 当時は自分たちも若くて世間知らずだったしね。デビューするというのは、そういうことなのかしらね、ってくらいの感じですよ。とにかくデビューしなきゃという気持ちしかなかったからさ

―山本慎太郎さん(担当ディレクター)の話では、当初、レコード会社としては「スマイル・アゲイン」をデビュー曲として進めていた。そうしたら、宣伝・営業チームが、「シャイニン・オン〜」にしろ、と。

 絶対これっていうことだったんだね(笑)。わかるわかる。

―でも現場レベルでは、「スマイル・アゲイン」だと。

 ポップな曲だからね。

―そこから、LOOKのいろんな色を見せていく戦略だったと。それで突っ返したけど、何度も議論を重ねて、バラードで行くことになったという話で。

 なるほど。僕もそこまでは知らなかった。ハナっから「シャイニン・オン〜」に決まっていたのかと思っていた。

―一番驚いたのは、この曲がきっかけでバンドのヴォーカルが鈴木さんになったと、山本さんがお話されていたんです。これ、本当なんですか?

 まるっきりそのとおりです。デモ・テープの段階で、ヴォーカルは千沢でした。この曲をレコーディングすることになって、サビの「シャイニン・オン〜」って一番ハイ・ノートにいくところが、千沢のヴォーカルだと、どうしても裏声になってしまう。でも、あそこはチェスト・ボイス(表声)でバーンっていかないと迫力がないよねってことで、スタジオのなかがちょっと煮詰まってしまったんですよ。で、僕がいたずらで歌ったら、「えー? トオル、歌えるの?」「トオルが歌えるんだったら歌えば」って。急に、僕がリード・ヴォーカルという形になったんです。

(続きは書籍『A面に恋をして』にて!)

すずき・とおる●1959年静岡県生まれ。1985年、4人組バンド、LOOKのヴォーカリストとしてデビュー。1988年、ソロに転身。「Love in City」と題したライヴを精力的に開催し、全国をめぐる旅を続けている。ソロ最新作『RECORD』(虎レコード)、LOOKのベスト盤『CD&DVD THE BEST LOOK』(ソニーミュージックダイレクト)が発売中。
http://www.the-musix.com/tohru/


A面に恋をして 名曲誕生ストーリー

品種書籍
仕様四六判 / 192ページ
発売日2018.03.16

1