PICK UP

2018.01.03

サウンド&レコーディング・マガジン

【Interview】DEAN FUJIOKA|サウンド&レコーディング・マガジン2018年2月号より

Text by Yoshihiko Kawai

俳優をやることで刺激をすごく受けている
それが音楽制作の幅の広さにつながっていると思います

2017年は夏に1st EP『Permanent Vacation / Unchained Melody』をリリースし、東京、大阪、福島でライブも敢行。一方で俳優業や報道番組のインフルエンサーなど多忙を極めていたDEAN FUJIOKAが、この年の締めくくりとして2nd EP『Let it snow!』を発表した。ドラマの主題歌となった表題曲、前述のライブ時に初披露された「DoReMi」、そしてCANNON ASIAのCMソングとして作られた「Speechless」は、それぞれ制作期間が限られた中で、共同制作者のMitsu.J、SUNNY BOYとともにDEANのこだわりが注入された曲となっている。各曲についてDEANに詳しく振り返ってもらいながら、2018年の展望についても聞いた。

DEAN_Let-it-snow!_Asya_main_re_large.jpg

「DoReMi」のアレンジ・イメージは
ドレイクの「パッションフルーツ」

ー今回のEPに収録されている3つの新曲は、制作の順から行くとどれが最初に作ったものですか?

DEAN 制作の順番から言うと「Speechless」が一番早いですね。2017年の初めにジャカルタで、前作「Permanent Vacation」や「Unchained Melody」を仕上げているときに作っていました。「Speechless」はCANON ASIAのCM曲に決まっていたので、それぞれの締め切りに追われていた時期だったんですよ。

ーこの曲はSUNNY BOYさんとの共作になっていますね。どのように作り始めたのですか?

DEAN そうですね。もともとは、僕がPROPELLERHEAD Reasonでオケを打ち込んだものにラップを乗せた、2000年代のトリップホップみたいな曲があって、それを2017年版に作り直そうと思ったんです。でも、パラデータも残っていなかったし、なかなかそのトランスフォーメーションがうまくいかなくて......。しかも、「Permanent Vacation」の締め切りも迫っていたので、急きょ東京からSUNNY BOY君に来てもらって、1から作り直すことにしました。彼が飛行機の中でビートを組んでくれて、それを土台にして、CMバージョンを作ったんですね。今のシングル・バージョンとは全く違っていて、何となく歌は入っているけど、インストっぽい仕上がりでした。そこでいったん「Speechless」は寝かせておくことになりました。その後、俳優の仕事が続いて、作品を4連ちゃんで撮ることになったので(笑)。

ーでは、次の曲に取りかかったのは?

DEAN 7月に行ったライブで披露することになっていた「DoReMi」です。曲のきっかけは、すごくシビアなスケジュールで楽曲制作の依頼をいただいて、結局それは実現しなかったんですけど、そのときに家族みんなで楽しめる曲のイメージが思い浮かんだんです。それを元にSUNNY BOY君とスタジオに入って曲作りをしていきました。

ーそのイメージはどんなものだったのですか?

DEAN "ドレミ""123""ABC"というメモ書きがあって、子供たちでもおじいちゃんおばあちゃんでも、言語が違ってもみんなでシンガロングできるように、そういう言葉をサビでは入れるというイメージですね。そして音的には、スティール・パンなどを入れて音数が少ないトラックで、トロピカルな感じがしつつも、ドレイクのような音の密度は欲しいと(笑)。彼の「パッションフルーツ」という曲が好きで、あの音の少なさをイメージしていたんですよ。

ーそのイメージをSUNNY BOYさんに伝えて、打ち込んでいく方法でしたか?

DEAN 基本的にはそうですね。ここでスティール・パンを入れてほしいとか、楽器からビートまで具体的に言いながらオケを作ってもらいました。SUNNY BOY君もすぐにキャッチしてくれて、"あまりハモりを入れない方が良いですよね"とか話をしながら。オケができたら、歌詞を書くために仮歌を録っておいたんですけど、ちょうど映画『坂道のアポロン』の撮影中にホテルで書いていました......トランペットの練習をしながら(笑)。で、7月のライブ・リハの合間で本チャンのレコーディングをして、ミックスをD.O.I.さんにお願いして、完成させたんです。

(続きはサウンド&レコーディング・マガジン2018年2月号にて!)


サウンド&レコーディング・マガジン 2018年2月号

1,000(本体926円+税)

品種雑誌
仕様B5変形判 / 244ページ
発売日2017.12.25

1