NEWS RELEASE

  • RITTOR MUSIC

2019.10.29

平成の名盤、ユニコーン『服部』誕生と制作の裏側に迫るドキュメンタリー

hattori_promo_cover+obi_00.jpg

インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本大輔)は、書籍『ユニコーン『服部』ザ・インサイド・ストーリー』を、2019年11月21日に発売します。

今から30年前の1989年(平成元年)6月1日にリリースされた、ユニコーンの3rdアルバム『服部』が当時の音楽ファンに与えた衝撃はとても大きなものでした。人の苗字というタイトル、仏頂面したオジサンがアップになったCDジャケット、何より「大迷惑」や「デーゲーム」を初めとしたバラエティ豊かな楽曲の数々。それまでビート感を押し出してアイドル的な人気を博していたバンドは、なぜこの快作を生み出すに至ったのか? 本書では、さまざまな謎がユニコーンのメンバー、当時のスタッフや関係者など、約20名にも及ぶ取材を通じて徐々に明らかになってきます。2009年の再結成後も活躍を続けるユニコーンの原点とも言える『服部』の裏側を描くドキュメンタリーで、新旧ファンを問わず楽しめる一冊です。

■書誌情報
書名:ユニコーン『服部』ザ・インサイド・ストーリー
著者:兵庫慎司
定価:本体1,800円+税
発売:2019年11月21日
刊行:リットーミュージック
商品情報ページ https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3119343001/

CONTENTS
第1章 『服部』前夜のユニコーン
第2章  ABEDONの加入
第3章 『服部』のコンセプト
第4章  原田公一マネージャー、登場
第5章 メンバーが語る『服部』の制作
第6章 『服部』のアートワークと映像
第7章 『服部』のプロモーションとツアー
第8章 レコーディング・スタッフ座談会「マルチを聴きながら『服部』を思い出す」

PROFILE
兵庫慎司(ひょうご・しんじ)
音楽などのライター。1968年生まれ、広島出身。1991年に株式会社ロッキング・オンに入社、雑誌や書籍の編集・ライティングに携わり、2015年からフリーに。共著に『ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選!』(太田出版/2008年)、『消えぞこない~メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話~』(リットーミュージック/2015年)がある。

【株式会社リットーミュージック】https://www.rittor-music.co.jp/
『ギター・マガジン』『サウンド&レコーディング・マガジン』等の楽器演奏や音楽制作を行うプレイヤー&クリエイター向け専門雑誌、楽器教則本等の出版に加え、電子出版、映像・音源の配信等、音楽関連のメディア&コンテンツ事業を展開しています。新しく誕生した多目的スペース「御茶ノ水Rittor Base」の運営のほか、国内最大級の楽器マーケットプレイス『デジマート』やエンタメ情報サイト『耳マン』、Tシャツのオンデマンド販売サイト『TOD』等のWebサービスも人気です。

【インプレスグループ】https://www.impressholdings.com/index.htm
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp