NEWS RELEASE

  • RITTOR MUSIC

2019.02.15

日本で唯一(?)の野球音楽評論家、スージー鈴木が 『週刊ベースボール』誌上で17年にわたって連載中のコラムを書籍化! 『いとしのベースボール・ミュージック 野球×音楽の素晴らしき世界』発売

810f1i88T7L.jpg

インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本大輔)は、『週刊ベースボール』に2001年から連載中のスージー鈴木のコラムをまとめた『いとしのベースボール・ミュージック 野球×音楽の素晴らしき世界』を2019年2月15日に発売します。

スージー鈴木prof.jpg

野球音楽の魅力を球界の動向への評論と絡めて語る
日本で唯一(?)の野球音楽評論家、スージー鈴木が『週刊ベースボール』誌上において、2001年から現在まで連載している"野球×音楽コラム"が書籍化! 大滝詠一、桑田佳祐、浜田省吾、奥田民生らが奏でた野球曲、チームの公式ソングや選手登場曲、高校野球の定番応援歌、現役選手や監督が歌う珍曲まで、200曲を超える"野球音楽"を掲載しています。これらが単なる楽曲の紹介ではなく、球界の動向や各チーム&選手への評論として語られているのがポイント。新規書き下ろしコラムや東北楽天ゴールデンイーグルスへの取材などもあり!

おもな内容
2001〜2018までのコラムから厳選された"野球音楽"を紹介!
プロ野球チームの音楽への取り組み〜東北楽天ゴールデンイーグルス
ROCK&BALL物語(野球選手とミュージシャンの意外なつながり)
ジャケット写真"珍プレー好プレー"などのコラム
決定! 野球音楽ベストナイン

書誌情報
書籍『いとしのベースボール・ミュージック 野球×音楽の素晴らしき世界』
著者:スージー鈴木
発売:2019年2月15日
仕様:四六判/320ページ
定価:(本体1,800円+税)
ISBN 9784845633494
書籍情報ページ https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3118343001/

登場するおもなアーティストと楽曲
大滝詠一「Baseball-Crazy」「恋のナックルボール」
桑田佳祐「栄光の男」「OSAKA LADY BLUES〜大阪レディ・ブルース〜」
浜田省吾「BASEBALL KID'S ROCK」「夢のつづき」
奥田民生「野球で言うと」「無限の風」
松任谷由実「まぶしい草野球」
馬場俊英「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
板東英二「燃えよドラゴンズ!」
トーマス・オマリー「オマリーの六甲おろし」
リー・ブラザース「ベースボール・ブギー」
Zombie Nation「Kernkraft 400」
MEGA STOPPER「SKY」

著者プロフィール
スージー鈴木(すーじーすずき)
1966(昭和41)年11月26日、大阪府東大阪市生まれ(ちなみにこの誕生日はパ・リーグの誕生日でもある)。早稲田大学政治経済学部卒業。音楽評論家として、昭和歌謡から最新ヒット曲までを「プロ・リスナー」的に評論。また『週刊ベースボール』誌上にて2001年より「CULTURAL REVIEW」にて野球音楽のコラムを連載中。著書に『【F】を3本の弦で引くギター超カンタン奏法』『1979年の歌謡曲』(彩流社)、『1984年の歌謡曲』(イースト・プレス)、『サザンオールスターズ1978-1985』(新潮社)、『カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区』(KADOKAWA)、『イントロの法則80's~沢田研二から大滝詠一まで』(文藝春秋)などがある。千葉ロッテマリーンズの熱心なファン。好きな選手は埼玉西武の秋山翔吾。

◆ ◆ ◆

発売記念イベント開催!
『いとしのベースボール・ミュージック』の発売を記念して、下記書店にてトークイベントを開催します。参加条件などの詳細は各店舗のホームページをチェックしてください。

【『いとしのベースボール・ミュージック』発売記念 トーク&サイン会】
日時:2019年3月1日(金)20時スタート
会場:下北沢B&B
ゲスト:小関順二
詳細・お申し込みは http://bookandbeer.com/event/20190301/


【東京野球ブックフェア2019出店】
日時:2019年3月10日(日)11時スタート サイン本あり
会場:御茶ノ水ソラシティプラザ
http://yakyubookfair.com/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp