NEWS RELEASE

  • 立東舎

2019.02.15

乙女の本棚シリーズ最新刊『赤とんぼ』は「ごんぎつね」などで知られる新美南吉とイラストレーター・ねこ助のコラボレーションで2月15日発売

01_akatonbo_cover_RGB.jpg

インプレスグループで文芸・料理関連の出版事業を展開する立東舎(所在地:東京都千代田区 発行人:古森 優)は、乙女の本棚シリーズの最新刊『赤とんぼ』を、2月15日に発売します。

「乙女の本棚」とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラストを添える、絵本感覚で楽しめるコラボレーション・シリーズです。『赤とんぼ』は、「ごんぎつね」などで知られる新美南吉の作品にイラストレーター・ねこ助が描き下ろしで多くのイラストを制作しています。オールカラーで、小説世界をより豪華に楽しむことができる作品です。

03_aka_sample2.jpg02_aka_sample.jpg

書籍情報
乙女の本棚『赤とんぼ』
定価:1,944円(本体1,800円+税)
仕様:B5変 48ページ
発行立東舎 / 発売リットーミュージック
商品情報ページ http://rittorsha.jp/s/otome/3718317401.html

新美 南吉(にいみ なんきち)PROFILE
大正2年(1913年)愛知県生まれ。雑誌『赤い鳥』などに作品を発表していたが、結核により29歳で亡くなる。代表作に「ごんぎつね」などがある。

ねこ助 PROFILE
鳥取県出身のイラストレーター。書籍の装画、ゲーム、CDジャケットなどのイラストを手がける。著書に『Soirée ねこ助作品集 ソワレ』がある。

04_シリーズ一覧10.jpg

乙女の本棚シリーズ好評発売中
『女生徒』著者:太宰治+今井 キラ 定価:(本体1,800円+税)
『猫町』著者:萩原朔太郎+しきみ 定価:(本体1,800円+税)
『葉桜と魔笛』著者:太宰治+紗久楽 さわ 定価:(本体1,800円+税)
『檸檬』著者:梶井基次郎+げみ 定価:(本体1,800円+税)
『押絵と旅する男』著者:江戸川乱歩+しきみ 定価:(本体1,800円+税)
『瓶詰地獄』著者:夢野久作+ホノジロトヲジ 定価:(本体1,800円+税)
『蜜柑』著者:芥川龍之介+げみ 定価:(本体1,800円+税)
『夢十夜』著者:夏目漱石+しきみ 定価:(本体1,800円+税)
『外科室』著者:泉鏡花+ホノジロトヲジ 定価:(本体1,800円+税)


【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp