NEWS RELEASE

  • 立東舎

2019.01.18

原作:辻真先、作画:池上遼一による幻の作品が 雑誌連載時のオリジナルの形で初単行本化!

main_1.jpg

インプレスグループで料理・文芸関連の出版事業を展開する立東舎(所在地:東京都千代田区 発行人:古森 優)は、書籍『追跡者✕拳銃野郎』(著/池上遼一、原作/辻真先<『追跡者』>)を2019年1月18日に発売します。

1968年に『週刊少年キング』に29回にわたって掲載された『追跡者』(原作/辻真先)は、池上遼一の記念すべき週刊誌連載デビュー作。また辻真先にとっても、少年マンガの原作を初めて担った作品です。そんな貴重な本作ですが、原画散逸のためにこれまで単行本化されることはなく、一部のファンのみが存在を知る「幻の作品」となっていました。しかし随所に施されたマンガ的な表現技法の数々は素晴らしく、衝撃のラストまで一気に読ませるサスペンスフルな内容は、全く古びることのない魅力を放っています。池上自身も本作については、「マンガにも演出が必要だと教えられたのが辻真先先生の原作『追跡者』を描いた時。テレビアニメの脚本を書いていた辻先生は、原作に映像的演出を盛り込んでいました」と発言しています。

偽証で父を無実の罪に陥れた3人の男を追って秋田から上京した少年・峰三郎は、青年・南郷とその女友達・カオルに見守られ、さまざまな事件に巻き込まれながら敵を追い詰めていきます。さまざまな伏線が張られ、思いがけぬ展開を繰り返す中で、遂に明らかになる「黒幕」の正体とは?

今回は、その『追跡者』を掲載誌から丁寧にスキャンすることでついに初の単行本化、その全貌が実に50年ぶりにあらわになります。また、同年に『週刊少年キング』に掲載された短編『拳銃野郎』も収録し、50年前の池上ワールドを500ページ近い大ボリュームでお届けいたします。

書誌情報
書名:追跡者✕拳銃野郎
著者:池上遼一 原作:辻真先(『追跡者』)
定価:2,592円(本体2,400円+税)
仕様:四六版 /496ページ
発行:立東舎 / 発売:リットーミュージック
商品情報ページ http://rittorsha.jp/items/18317418.html

RT_tuiseki_honmon_P040_041.jpg
RT_tuiseki_honmon_P154_155.jpgRT_tuiseki_honmon_P244_245.jpgRT_tuiseki_honmon_P356_357.jpgRT_tuiseki_honmon_P374_375.jpgRT_tuiseki_honmon_P416_417.jpgRT_tuiseki_honmon_P448_449.jpg
RT_tuiseki_honmon_P120_121.jpg


▼画像上から
P40-41:西部劇の決闘シーンを思わせる静と動のコントラスト
P154_155:異なる場所で同時進行している出来事を見開きの1コマで表現
P244_245:見開き扉も大胆な構図で動きを演出
P356_357:前後から迫るトラック! サブ君、絶体絶命のピンチ!
P374_375:新宿駅では暴動が! 「東京はおっかないところだすな」
P416_417:細かいコマを黒い枠で囲んで緊迫感とスピード感を演出
P448_449:こちらは併録した短編作品「拳銃野郎」の冒頭部分
P120_121:マンガ表現の解説を行なうコラムページも充実

辻 真先 Profile
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業。NHKで番組制作・演出に携わった後に独立。『鉄腕アトム』、『ジャングル大帝』、『デビルマン』をはじめ、数多くのアニメ脚本を執筆し日本アニメを黎明期から支えてきた。ミステリー作家、旅行評論家、エッセイストとしても作品を発表。1981年、『アリスの国の殺人』で第35回日本推理作家協会賞受賞。2008年、第11回文化庁メディア芸術祭功労賞受賞。代表作に『名犬ルパンの名推理』、『あじあ号、吼えろ!』、『完全恋愛』などがある。『戦国獅子伝』(作画/横山光輝)、『沖田総司』(作画/石川 賢)など、マンガ原作も多く手掛けている。

池上遼一 Profile
1944年、福井県生まれ。1961年、貸本劇画誌「魔像」(日の丸文庫)に発表の『魔剣小太刀』でデビュー。1966年、「月刊漫画ガロ」に発表した『罪の意識』により水木しげるのアシスタントとなる。1968年、「週刊少年キング」に短編を発表後、『追跡者』(原作/辻 真先)を連載して独立。以降、雁屋 哲、小池一夫、武論尊(史村 翔)らと組んで話題作を次々と発表していく。2002年、『HEAT-灼熱―』(原作/武論尊)で第47回小学館漫画賞受賞。2005年4月より大阪芸術大学キャラクター造形学科教授に就任。代表作に『I・餓男』、『クライングフリーマン』(以上、原作/小池一夫)、『男組』(原作/雁屋 哲)、『サンクチュアリ』、『BEGIN』(以上、原作/史村 翔)など多数ある。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp