MAGAZINES

キーボード・マガジン 2020年4月号 SPRING

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

定価:本体1,364円+税

品種雑誌
仕様A4変形判 / 180ページ / CD付き
発売日2020.03.10

紙の本を買う

電子版を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

表紙アーティスト:まらしぃ/特集:今、弾きたい曲

●Featured Artist
まらしぃ
2008年よりピアノ演奏動画の発信を始めると、その圧倒的な演奏力とセンス溢れるアレンジが大きな注目を集め、今ではYouTubeチャンネルの登録者数が150万人を超える人気ピアニストとなったまらしぃが、特集「今、弾きたい曲」のイメージ・アーティストとして登場。既存曲をカバーする面白さはどういうところにあるのか、作品としてどう表現しているのかを語ってもらった。また、昨年12月にリリースしたアルバム『ちょっとつよいクラシック』より、「ちょっとつよいトルコ行進曲」をスコアとして掲載する。

●特集
今、弾きたい曲
鍵盤を "弾きたい"と思わせる曲とはどんな曲なのか? 聴く人を楽器に向かわせる衝動を掻き立てる曲には、何か特別な魅力があるのではないだろうか。現在のシーンを賑わす楽曲の成り立ちを分析し、人々を惹きつける理由を探っていく。
<分析曲>
「バッド・ガイ」ビリー・アイリッシュ/「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン/「Pretender」Official髭男dism/「白日」King Gnu/「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS/「明日も」SHISHAMO/「空の青さを知る人よ」あいみょん/「シャンデリア」シーア/「花の唄」Aimer/「パプリカ」Foorin
<ピアノ・アレンジ・スコア>
「紅蓮華」LiSA/「Pretender」Official髭男dism/「キズナミュージック♪」Poppin'Party/「千本桜」黒うさP feat. 初音ミク/「素顔のままで」ビリー・ジョエル

●Contest
H ZETT M監修・審査ピアノ・アレンジ・コンテスト最終審査結果

●Instruments
全方位型ステージ・キーボードYAMAHA YC61
The NAMM Show 2020潜入レポート!

●Interview
大野克夫
沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)

●堀江博久のキーボード・アルバム考察 
中村佳穂 編

●Live Gravure 
Takashi Utsunomiya Tour 2019 Dragon The Carnival

●キーボード・マガジン注目プレイヤー 推し鍵 CD連動
山口慎一(ヤプーズ)
Sundayカミデ
Shimo(THREE1989)

●アーティスト・コラム
ヒイズミマサユ機
kiyo
戸田宏武 CD連動

●製品レビュー
コルグWavestate
カシオCT-S200