MAGAZINES

リズム&ドラム・マガジン 2015年5月号

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

定価943円(本体857円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 164ページ
発売日2015.04.13

この商品は現在、在庫切れとなっております。

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

日本の音楽シーンを支える“必殺仕事人”

2015年5月号のドラム・マガジンは、重鎮から若手まで、日本の音楽シーンを支える“仕事人”を大フィーチャー!
ドラマーに限らず、プロを目指す全ミュージシャン必見の、超ディープな話が満載です。本号を読めば、“今、ドラマーに求められること”のヒントが掴めるはず!

■表紙アーティスト①
日本が世界に誇る“天才音楽家” 林 立夫
1人目の表紙アーティストは、1970年代にティン・パン・アレーを結成し、数多のアーティストを手がけ、現在のJ-POPの礎を築いた林 立夫。現在も最高峰のサウンド&グルーヴを奏でる名手である。彼が参加した大貫妙子、矢野顕子のライヴ盤が相次いで発表されたタイミングで、久しぶりにインタビューが実現。林と共に新プロジェクト=AFTER SCHOOL HANGOUTを立ち上げた沼澤 尚をインタビュアーに迎え、天才音楽家の“真像”に迫った。15000文字を超える超ロング・インタビューは、親交の深い沼澤だから聞き出せた、知られざる秘話が満載!音楽に携わるすべての人が必見の内容です!!

■表紙アーティスト②
J-POPを支える“歌もの”の職人 村石雅行
2人目の表紙アーティストは、J-POP界屈指の“歌心ドラマー”として数え切れないほど多くの楽曲を支えてきた村石雅行。このたび、レコーディング・スタジオからアリーナ・クラスのライヴ会場、はたまた自身の主催するドラム道場まで……彼の“仕事現場”に密着したドキュメンタリーDVDがリリースとなった。この特集では、同作品を題材に、セッション・ドラマーとしての“心得”を探ったロング・インタビューを敢行!“仕事”で活躍している現在の愛器や、最新の参加作品解説&分析を通して、村石の“職人技と気合い”に迫る!

■表紙アーティスト③
深化した“信念”のサウンド&グルーヴ 玉田豊夢
3人目の表紙アーティストは、サウンド&グルーヴを変幻自在に操り、さまざまなアーティストから絶大な信頼を集めるファースト・コール・ドラマー、玉田豊夢。彼が参加するバンド、C.C.KINGの2ndアルバム『C.C.KINGⅡ』がリリース。本作で聴ける珠玉のドラミングは、どのようにして生まれたのか、そのイメージの“源”を掘り下げたインタビューは必見!ドラミング分析、最新参加作品の紹介はもちろん、楽器……今回は特に彼の個性を決定づけている“スネア・ドラム”にフォーカス。さまざまな角度から信念のグルーヴ・マスターに迫る!

■特集
音楽シーンに旋風を起こす新たな“才能”に注目!
次代を担う“職人”ドラマー
feat.Fuyu、波田野哲也、山崎 慶
特集は2014年4月号でお届けした、若きセッション・ドラマーにフォーカスする「次代を担う“職人”ドラマーたち」の第二弾。今回スポットを当てるのは、MISIAやATSUSHI[EXILE]、GENERATIONSらビッグ・ネーム達から引っぱりダコのFuyu、ナオト・インティライミ、東方神起などの大舞台を支える波田野哲也、村石雅行の門下生で、T.M.Revolution、Acid Black Cherryらのサウンドを鼓舞する山崎 慶の3名。新時代を切り開く彼らの“ドラム観”に迫ると共に、今、求められるドラマー像を探った。

■close up!
Stageを支える9人の“愛器”をドーンと紹介!
LIVE GEAR the Special 2015
feat.
スコット・トラヴィス[ジューダス・プリースト]
ジェフ“テイン”ワッツ
則竹裕之[渡辺香津美ジャズ回帰トリオ]
叶 亜樹良[氣志團]
ペギ[グッドモーニングアメリカ]
莎奈[ユナイト]
N'夙川BOYS
松下 敦[ZAZEN BOYS]
金子ノブアキ[RIZE]
今月のclose up!は、プロ・ドラマーの機材やセッティングのこだわりに迫る本誌連載企画『The Style of LIVE GEAR』の拡張版=“the Special”!国内外の、そしてさまざまなジャンルで活躍する合計9組におよぶドラマーの“ステージを支える愛器”をライヴ・レポートつきでたっぷりと紹介していく。個性溢れるこだわりのドラム・キットを堪能してほしい!

■アーティスト特集
トミー・リー[モトリー・クルー]
これで最後と宣言し、昨年夏から北米を中心にツアーを敢行、2月に日本を訪れて有終の美をド派手に見せてくれたモトリー・クルー。中でもトミー・リーのソロ・パフォーマンスは“最終進化系”と言える超巨大な仕掛けで観客を魅了してくれた。そんな彼のアーティスト特集は、ドラマーだけでなく多くの人々に衝撃を与えてきたドラム・ソロの変遷を辿る他、ツアー直前に彼が語った超貴重なインタビュー、さらに、彼に影響を受けた長谷川浩二、yukihiro、ARIMATSUのコメントなどを掲載。“ロックスター・ドラマー”が成し遂げてきた数々の軌跡を見届けよ!

■Interview
◎シェーン・ガラス
◎マヌ・デラーゴ

■連載
無人島スネア【第68回】
ZAX[The BONEZ]

■連載セミナー
◎ドラマーの“興味”に深く鋭く応える
DM Total Academy
~the 2nd Season~
◎たたきびと feat.玉田豊夢&朝倉真司
◎孝三&道昭が“変態ハイテク”へと導く!
 中級者ドラマーの天国と地獄
◎ドラムを演奏するための“セルフ・コントロール術”
 TOSHI NAGAI “MIND DRUM”
◎続・つっちーに聞く“楽器のアレコレ”
 ドラマガ・チューニング部! Z
◎三浦晃嗣が教える楽曲コピー体験記
 今月の一曲、勉強になりました!
 「Nut Rocker」Emerson Lake & Palmer
 d : カール・パーマー
◎簡単アレンジで楽しく叩ける
 ビギナーズ・スコア
 「CHE.R.RY」アレンジ・スコア/YUI

■連載 Musicians Institute Japan
“OPEN HOUSE”でドラムを学ぶ

■連載 ドラムが叩ける!お宅訪問
アコースティックエンジニアリングが手がけた防音ルームを拝見!

■Drummer’s Disc Guide

■ドラマーが“持っておきたい”情報がてんこもり!
Fill In the Drummer’s Pocket
◎アーティスト・コラム
 沼澤 尚、あらきゆうこ、かみじょうちひろ、Tatsuya Amano、芳垣安洋
◎DM Debut
 SHOHEI[SA]、木村浩大[SAKANAMON]

■連載“ ドラムな”最新情報を発信するBeat Square
梅澤康博、アントニオ・サンチェス[バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)]、
マーク・ジュリアナ[メリアナ]、LUNATIC FEST.

■NEW PRODUCTS
◎[ZOOM] Q8 Handy Video Recorder
◎[SONOR]欅 Snare Drum
◎[TNR PRODUCTS]TNR Booty Shakers & Little Booty Shakers