MAGAZINES

ベース・マガジン 2016年2月号

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

定価:本体1,143円+税

品種雑誌
仕様A4変形判 / 168ページ / CD付き
発売日2016.01.19
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

表紙:GLAY JIRO

■FEATURED BASSISTS
GLAY JIRO
1月27日にニュー・シングル『G4・Ⅳ』をリリースするGLAY。同作品には4曲を収録し、メンバー4人がそれぞれの作詞曲を担当。それゆえに、メンバーの個性が浮き彫りになった、まさに“GLAYの現在”が刻印された作品と言えるだろう。なかでも、プロデューサー・亀田誠治との共同作業のなかで、ベースを弾くことの楽しさを再認識したJIROは、躍動的かつ新たな息吹をGLAYサウンドに吹き込み、ベーシストとして確固たる地位を再構築している。今回はそんな“JIROの現在”を、撮り下ろし写真、ロング・インタビュー、最新機材と奏法分析などにより、JIROの魅力を切り取る特集を敢行する。

■THE BASS INSTRUMENTS CD連動
音源で確認!
ピック弾き比べデータ・ファイル
現在、膨大な種類があるピック。ここでは、さまざまなピックを一堂に会し“素材、形状、厚み”の違いなどから、その出音の特徴をCD収録の音源とともに検証! “GRIP”“ATTACK”“BOTTOM”“CONTROL”“DURABILITY”といったパラメーターから、あらゆるピックの特徴を解説する。さらに、ピックを製作する工程などの基礎知識から、ベーシスト25名のアンケート、新素材や特殊ピックの紹介など、ベーシストが日頃から興味を持つ情報を掲載!
●試奏者:瞬火(陰陽座)

■奏法特集 CD連動
フレーズが劇的にグルーヴし始める!
ゴーストノート
徹底強化エチュード
feat. IKUO
音程こそないものの、楽曲全体のノリやグルーヴを生み出す“ゴーストノート”はベーシストにとって不可欠のテクニック。しかし、曲中ではほかのパートにかき消されて聴こえないことも多く、楽譜を見ても“×”という表記があるのみ……一体何をすればよいのかわからないという人も少なくないでしょう。そこで、譜面中の“×”はどんな音を鳴らせばいいのか、基礎的な練習方法や、指弾き用エチュード、スラップ用エチュードといった応用篇までを、屈指のテクニカル・プレイヤー=IKUOにCD連動でレクチャーしてもらいます!

■SPECIAL EQUIPMENT REPORT
X JAPAN

■Interview
◎タル・ウィルケンフェルド
◎アンソニー・ジャクソン×上原ひろみ×サイモン ・フィリップス
◎ナガイケジョー スクービードゥー
◎長谷川正 Plastic Tree
◎玲夏 ダウト
◎黒瀬莉世 LILI LIMIT
◎椎名慶治×山口寛雄
◎髙野清宗 Mrs. GREEN APPLE

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、がんばれ!Victory、ハマ・オカモト、高水健司、津原泰水、まつだひかり

■BASSMAN'S LIBRARY
CD/DVD/ビデオ・レビュー、etc.

■NEW PRODUCTS
ベース関連の新製品紹介

■THE AXES
沙我 A9

■MY DEAR BASS
Jinya Ichikawa D.A.N.

■お宅のエフェクター・ボード拝見!
愁 girugamesh

【好評連載!】
VISUAL COLLABORATION
feat.月野もあ(仮面女子)

■BBC
ベーシスト必見のインフォメーション・コーナー

■SCORE
「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子
「G.G.G. (ゲゲゲの鬼太郎のテーマ)」聖飢魔II
d:ゼノン石川和尚