MAGAZINES

リズム&ドラム・マガジン 2013年4月号

定価1,383円(本体1,257円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 168ページ
発売日2013.03.13
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

コージー・パウエル~没後15周年総力特集

■【付録CD連動】没後15周年総力特集
語り継がれるカリスマ・ツーバス・ドラマー
コージー・パウエル
本人が使用したお宝キットで
付録CDに“コージー・フレーズ”を収録!!
ジェフ・ベック・グループ、レインボー、マイケル・シェンカー・グループ、ホワイトスネイク……数えきれないほどの名だたるロック・バンドを渡り歩き、1998年に50歳という若さで急逝したドラム・ヒーロー=コージー・パウエル。26”という、ド迫力の大口径ツーバス・キットを極太スティックでぶっ叩く一打入魂のドラミングは、多くのミュージシャンやオーディエンスを魅了し、現在のドラマー達にも大きな影響を与え続けている。今回の特集は、今年4月に没後15年を迎えるコージーのドラマーとしての軌跡を辿り、彼の“魅せるロック・ドラミング”をあらためて伝えていきたい。目玉となる付録CDには、ドラマー界きってのコージー・フリーク=工藤“KUDO→”義弘が、何とコージーが実際に使用したタイコを使って叩いた“コージー風フレーズ”を収録! さらにホワイトスネイク時代のお宝キットに撮影することも成功!!!

■アーティスト特集1
アグレッシヴに魅せる“新人類”
Tomoya[ONE OK ROCK]
攻撃的なヘヴィ・サウンドとエモーショナルなヴォーカルが交錯するロック・スタイルで、若者から絶大な人気を誇るONE OK ROCK。最新作『人生×僕=』発表のタイミングで、バンドのエンジンを担うTomoyaのアーティスト特集を敢行! アルバムのサウンド&ドラミングに詳しく迫ったインタビューはもちろん、そのアグレッシヴなプレイ・スタイルを、写真を使って紐解くテクニック解説も必見! 愛用するドラム・セットの紹介や新作のプレイ分析も、もちろん掲載。この特集を読んで練習に励めば君もTomoyaのようになれるはずだ!

■アーティスト特集2
世界最高峰のスピード・ドラミング
ジョージ・コリアス
現在、“世界最速?”とも噂される驚異のモンスター・ドラマー、ジョージ・コリアス。彼が参加するエクストリーム・メタル・バンド、ナイルが来日したのを機に彼の対面インタビューが実現し、さらに秋葉原スタジオ・リボレ パート2で行われたドラム・クリニックにも潜入成功!これらを通して彼の練習方法や考え方を深く探っていく。彼のフット・ワークの肝である、スウィーベル・テクニックについても解説!

■【付録CD連動】close up!①
音作りの実験室
楽しいシンバル・チューニング
シンバルだっていろいろできる
“シンバルだってチューニングしたい!”というコンセプトで、テーピング、チェーンを垂らす、布を被せる、穴を空ける、追いハンマリングを施す……などなど、さまざまな手法の効果を付録CDで実際の音を聴きながら検証する実験企画。“シンバル・サウンドのコントロール”の可能性を探る。

■close up!②
世界最大級の楽器ショウの模様をレポート!
the NAMM show 2013
世界最大級の楽器トレード・ショウ、ウィンターNAMMが今年も開催。ドラム、シンバル、パーカッション、スティック、ヘッド、などなど、各メーカーの最新製品が続々登場した会場の模様を詳細レポート。

■Special Report
新たなアイディアの数々をまるごとレポート!
スティーヴ・スミス・ドラム・クリニック
ジャーニー、ステップス・アヘッド、ジャン=リュック・ポンティ、フランク・ギャンバレ、トニー・マカパインなど、多様なアーティストを鼓舞し、名演を残してきた真の職人ドラマー、スティーヴ・スミス。彼が、自身のバンド、ヴァイタル・インフォメーションが活動30周年を迎えたことを機に来日公演を実施し、その際、東京コットンクラブでのドラム・クリニックが実現した。そのクリニックを譜面を交えて、徹底分析レポート。さらに彼の最新インタビューも掲載。

■Interview
◎リチャード・スペイヴン[ホセ・ジェイムズ、セラヴィンス、他]
◎江島啓一[サカナクション]
◎小山太郎
◎吉澤響[セカイイチ]
◎悠[摩天楼オペラ]
◎平陸[J&K、竹中睦BAMBREX]

■連載
The Style of LIVE GEAR
Masuo Arimatsu[BACK DROP BOMB]

■無人島スネア
【第43回】松田晋二[THE BACK HORN]

■楽しく演奏するための本格教則講座
どらまがセミナーず
◎悩める入門ドラマーのためのドラム・ビギナーズ通信
◎ひたすらつづける!スティック・コントロール
◎“菅沼”孝三&道昭が伝授!変態ハイテク・ドラム講座
◎Kosekingに学ぶ楽器の深?いところ ちょー楽器王

■三浦晃嗣が教える楽曲コピー体験記
今月の1曲、勉強になりました!
「Mirror Mirror」Diana Ross
ドラム:ヨギ・ホートン

■Musicians Institute Japan
“OPEN HOUSE”でドラムを学ぶ

■ドラムが叩ける!お宅訪問
アコースティックエンジニアリングが手がけた防音ルームを拝見!

■“ドラムな”最新情報を発信するBeat Square
村石雅行[アンジェラ・アキ]、武藤昭平[勝手にしやがれ]&岡田悟志[THE LOCAL ART]、長谷川浩二[Cube-ray]、ナカヤマシンペイ[ストレイテナー]

■NEW PRODUCTS
[LUDWIG]
SUPRALITE LW5514SL、LW6514SL、 LW0414SL、LW0515SL Snare Drums
[ZILDJIAN]
GEN16 AE Cymbals 16” China、12” Splash
[KORG]
WAVEDRUM Global Edition
[ROLAND]
Bar Trigger Pad BT-1

■アーティスト・コラム
沼澤 尚『NOW and THEN』
ピエール中野『ドラマーはどこまでわかっていないのか?』
芳垣安洋『ドラム・ノーベル賞!』
岡部洋一『めしのたいこすき、すごいたのしめ』
ビリー・マーチン『ルーツ探求』

■情報ページ
Drummer’s Disc Guide
Drummer’s Paddle