MAGAZINES

サウンド&レコーディング・マガジン 2011年10月号

定価1,026円(本体933円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 272ページ
発売日2011.09.15
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

中田ヤスタカ[capsule]×小室哲哉~シンセ・ポップでヒットを量産する“ネ申クリエイター”頂上対談!!

■巻頭対談
中田ヤスタカ(capsule) × 小室哲哉
シンセ・ポップでヒットを量産する“ネ申クリエイター”頂上対談!!
capsuleとしてデビューしてから今年で10年目を迎えた気鋭クリエイター、中田ヤスタカ。本誌ではその節目を記念して、彼が尊敬するアーティストたちとの対談を不定期にお送りしている。2回目のゲストとして中田が強く希望したのは、その名を知らぬ者は居ない日本随一のクリエイター/プロデューサー、小室哲哉。昨年、小室作のTRF「EZ DO DANCE」を中田がリミックスしたことで既に2人の交流はスタートしているが、面と向かい合って長時間言葉を交わすのは今回が初! 独自のシンセ・サウンドでシーンを築き上げてきた“神クリエイター”同士の貴重過ぎる対談、編集部司会の下お送りしよう。

■スペシャル・レポート
ビョーク『バイオフィリア』のすべて
革新的なサウンドを模索する歌姫ビョークの4年ぶりとなる最新作『バイオフィリア』が完成! 録音には本作のためにカスタム・メイドされたというMIDI対応の楽器を用いてレコーディングされたという。それだけでなく、ビョークが作品に投影した世界観を体験するために、iPad/iPhoneアプリまでを制作しており、本作は壮大なマルチメディア・プロジェクトとして成り立っている。音楽、自然、さらにはテクノロジーを融合したこのプロジェクトの全容を明かすべく、本人へのインタビューに加えて、さらにはサウンド面をサポートした関係者、上述のカスタム・メイド楽器の製作者、アプリ「バイオフィリア」のプロジェクトにかかわったクリエイターたちと、4つのコンテンツに分けたインタビュー、加えてアプリ&アルバムの詳細レビューから“一大プロジェクト=バイオフィリア”の全容に迫っていきたい。

■特別企画
やっぱり“三種の神器”が欲しいっ!
~ROLAND TR-808/TR-909/TB-303コンプリート・ガイド
シーケンサー内蔵リズム・マシン/ベース用シンセとして、1980年代前半に産声を上げたROLAND TR-808/TR-909/TB-303。その独特なサウンドはシカゴ・ハウス、アシッド・ハウス、デトロイト・テクノといったジャンルを生み出し、まさに“ダンス・ミュージック界の三種の神器”として、1990年代には中古品が高値で取り引きされるようになった。その後もテクノ/ハウス界はもとより、近年はエレクトロ・リバイバルも手伝ってクラブ・ミュージック・シーン全体で三種の神器サウンドが再熱! 約30年も前の製品だというのに、我々はこれらのツールのどこに引かれ続けるのか?……その秘密を解き明かすべく本特集では三種の神器を多角的に検証。その道のエキスパートである渡部高士氏による実機の操作方法を中心に、48Pにわたって繰り広げていきたい。

◎TR-808/TR-909/TB-303徹底解剖&使い方ガイド
◎石野卓球SPECIALインタビュー
◎TR-808/909開発ストーリー(本誌1993年11月号再録)
◎往年の同期規格「DYN SINC」について学ぶ
◎中古良品をGETするためのバイヤーズ・ガイド(協力:Five-G)
◎TR-606/707/727など兄弟機オンパレード
◎フォロワー機材レビュー/ACIDLAB Bassline 3、ACIDLAB Miami、FUTURERETRO Revolution R2、JOMOX Xbase 888、JOMOX Xbase 999、D16 GROUP Drumazon、D16 GROUP Nepheton、D16 GROUP Phoscyon、PROPELLERHEAD ReBirth For iPad、PRIME LOOPS『COMPLETE 808+909 DRUM』、WAVE ALCHEMY『808 DRUMS』、WAVE ALCHEMY『909 DRUMS』
◎三種の神器ユーザー・アンケート/ケンイシイ、渋谷慶一郎、シュガー吉永、砂原良徳、DJ BAKU、テイ・トウワ、福富幸宏、細野晴臣、yukihiro
◎海外ユーザーの三種の神器コメント集/リッチー・ホウティン、ジェフ・ミルズ、アンダーワールド、オービタル、ダフト・パンク、カニエ・ウェスト他

■特集
2カ月連続特集
音楽メディアの未来を考える[後編]
ハイレゾ音源配信は主流になるのか?
CDによる音楽聴取が大きな転換を迎えつつある昨今。今やすっかり定着した音楽配信においては、有料でストリーミング配信を行うサブスクリプション型のサービスが主流になりつつある。そんな中で、CDクオリティ以上のいわゆる“ハイレゾ音源”の販売を積極的に展開し、音楽ファンから評価を得ているWebサイト/アーティストも存在する。CDという物理メディアの制約から解き放たれた音楽ファイルは、今後の音楽流通の主流となるのか? 先月号のアナログ・レコードに続いて検証していく。

◎ハイレゾ音源を提供するサービス&アーティスト/OTOTOY、HDtracks、イーストワークス エンタティンメント、Calm
◎ハイレゾ音質検証/土岐麻子、奥田泰次(studio MSR)、森崎雅人(サイデラ・マスタリング)、山内“Dr.”隆義(gogomix@)
◎ハイレゾ時代のマスタリング/高橋健太郎、滝瀬真代(M's disk)、森崎雅人

■Cross Talk 近藤祥昭 × 葛西敏彦
ライブ・レコーディングが手軽にできる
コンパクトなPA卓が必要とされる理由
ライブのマルチトラック・レコーディングというと、かつては録音中継車を用意したり、PA席にHDRやDAWを持ち込んでコンソールのダイレクト・アウトをもらって行ったりと、大掛かりな準備が必要だった。しかしそんな苦労も知らず、バンドやレーベルから“ちょっと今日のライブ録っておいて”と、気軽に頼まれる事例が日に日に増えている。それはライブが良かったらその音源化も視野に入れようということであり、PA側としては気軽な気持ちで録るわけにはいかないのが実情。そんな状況に対応すべく、PA用小型アナログ・ミキサーとして人気を博すMIDASが、オーディオI/O機能を備えたVeniceFシリーズをリリースしたり、PRESONUSがライブの録音からミックスまで一貫して行うことを目的にStudioLiveシリーズを発売。いずれもFireWireでパソコンと接続するだけで、簡単にDAWにマルチトラック・レコーディングが可能で、“録音する”ことへの負担を大幅に削減できると話題になってる。そこで今回はこの2つのコンソールを実際にスタジオ/PA両方の現場で活躍する近藤祥昭、葛西敏彦の両氏に使ってもらい、それぞれが指し示す方向性を探っていただいた。

≪登場機種≫
◎MIDAS VeniceF-16
◎PRESONUS StudioLive 24.4.2

■ミックス解剖学
アデル「ローリング・イン・ザ・ディープ」
by トム・エルムハースト
海外のトップ・エンジニアに自身の手掛けたヒット曲のミックス手法を直接解説してもらう本連載。今回登場していただくのはイギリスが誇るミキシング・エンジニア、トム・エルムハースト。これまでにもビッグ・ネームとの仕事を重ねてきた彼だが、女性シンガー・ソングライター、アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ」は今年手掛けた仕事の中で最大のトピックの一つだろう。本作はシングルとして発表され、アメリカを含む計13カ国のチャートで首位を獲得。またこの曲を収めたアルバム『21』については、世界24カ国のチャートで数週間にわたりトップ10入りを果たすなど、大きな反響を呼んだ。ダイナミックかつオーガニックな質感を持つ本作の音響は、アナログにデジタルの美点を取り入れるミックスによって作られたが、本稿ではそのテクニックを紹介しよう。

■Beat Makers Laboratory
ダーシャ・ラッシュ

■people
◎KREVA
◎CHOKKAKU
◎So many tears

■report
◎イベント・レポート:PROJECT FUKUSHIMA!
◎佐久間正英×山口州治“スタジオ・レコーディング・セミナー”
◎My Favorite UAD-2 Plug-Ins
◎コンサート見聞録:手嶌葵@神奈川県立音楽堂
◎日々進化していくYAMAHAのデジタルPAミキサー環境~第2回 「SOWING SEEDS HAYAMA」でのStageMix活用例
◎ライブ・スペース・レポート:ニコファーレ

■new products
◎TEENAGE ENGINEERING OP-1
◎STEINBERG Halion 4
◎FXPANSION Geist
◎TONE2 Electrax
◎M-AUDIO Oxgen88
◎APOGEE Duet 2
◎ANTELOPE AUDIO Zodiac Silver
◎ROLAND R-26
◎ZOOM H2 Next
◎ROLAND R-1000
◎WAVES Soudn Grid Compact System
◎ELECTRO-VOICE ELX115P
◎YAMAHA DSR112
◎ICON D1/D2

■LIBRARY
◎UEBERSCHALL DEEPHOUSE
◎MONSTER SOUNDS THE BAKER BROTHERS FUNK SESSION VOL.2

■DAW AVENUE
◎STEINBERG Cubase 6
◎ABLETON Live 8
◎AVID Pro Tools 9
◎CAKEWALK Sonar X1

■seminars
◎入門!デトロイト・テクノ塾/Q'HEY
◎ヒップホップ ビート・メイク道場/SUI
◎サンレコ打ち込み手帖/木本ヤスオ
◎カンガルー・ポーの『マイク1年生』/中村公輔
◎Q&A

■column
◎Independent Cities
◎THE CHOICE IS YOURS/原雅明
◎素晴らしきビンテージの世界/三好敏彦
◎そこのにいさん どこ向いてんのよ/戸田誠司
◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断
◎私の手放せない一品~小林廣行のNEVE 1073

■sound&recording review
◎ENGINEERS'RECOMMEND
◎RE-ISSUE
◎VIDEO
◎BOOKS
◎NEWS