MAGAZINES

リズム&ドラム・マガジン 2012年4月号

定価:本体1,257円+税

品種雑誌
仕様A4変形判 / 176ページ / CD付き
発売日2012.03.13
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

紙の本を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

研ぎ澄まされた孤高のドラミング~yukihiro[L'Arc~en~Ciel]

■アーティスト特集
yukihiro[L'Arc~en~Ciel]
研ぎ澄まされた孤高のドラミング
表紙&アーティスト特集は、昨年バンド結成20周年を迎えたL'Arc~en~Cielのドラマー、yukihiro。一万字を超えるロング・インタビューは二部構成でお届け! 一部ではその独創的なスタイルのルーツについて、二部では最新作『BUTTERFLY』におけるアプローチを中心に現在のドラム観について、それぞれじっくりと語ってもらった。さらに現在敢行中の世界ツアーでも使用している漆黒の最新セットもキャッチ! その他、最新作の全曲分析や縁の深いドラマーからのメッセージ、凛として時雨のピエール中野がセレクトした名演分析など、14ページに渡ってドラマー、yukihiroに迫った。

■大特集【付録CD】
“伝統”と“革新”が交錯する魅惑のリズムを徹底検証!
New Orleans Groove!!!

≪I:継承者が語るニューオーリンズ・グルーヴの極意≫
feat. スタントン・ムーア[ギャラクティック]
レイモンド・ウェバー[ドクター・ジョン&ザ・ロウワー・911、Dumpstaphunk]
ジョーイ・ピーブルス[トロンボーン・ショーティ&オーリンズ・アヴェニュー]

≪II:音で聴く! ニューオーリンズの“鼓動”≫
feat. OJI&ANTON[BLACK BOTTOM BRASS BAND]
アメリカはルイジアナ州の南部に位置するニューオーリンズ。古くより独特の音楽文化を育んできたこの街で生まれたグルーヴは、ドラマー/ミュージシャンならば誰もが憧れを抱く、魅力的なもの。伝統を継承しながら常に進化し続け、現在も世界中の音楽ファンを虜にしている。今回の大特集では30ページに渡って、その魅惑のリズムを徹底検証。Ⅰでは伝統を継承し、発展させるスタントン・ムーア、レイモンド・ウェバー、ジョーイ・ピーブルスのスペシャル・インタビューを掲載。Ⅱでは日本における先駆者=BLACK BOTTOM BRASS BANDのOJI&ANTONをフィーチャーし、ニューオーリンズ風のリズムと、それらを駆使したスペシャル・パフォーマンスを付録CDに独占収録! 目と耳でニューオーリンズ・グルーヴを感じてほしい!

■close up!
極厚!極薄!極深!極小!などなど、驚愕のすごい仕様のSDを紹介!
“超スペック”スネア
今回のclose up!のタイトルは、“超スペック”スネア。そもそも“超スペック・スネア”って何……?と思う人がほとんどだろうが、ここでフォーカスするのは、“シェル厚30㎜”、“7”~8”の超深胴”、“メイプルとアクリルのハイブリッド・シェル”など、その仕様に特徴を持つ個性的なスネア・ドラム達。インパクト抜群のルックス&驚きのサウンドを放つ、17台の叩き心地や音の印象など試奏レポートをお届けする。“このスペックだからこそ、この音色になる!”というオンリー・ワンなスネア・ドラムの魅力に迫る!

■Special Talk Session
廣石惠一×横山剣[クレイジーケンバンド]
今年で結成15周年を迎え、2月には新作『ITALIAN GARDEN』をリリースしたCRAZY KEN BAND。節目を迎えたこの好機に、バンド・マスターであるドラマーの廣石惠一と、フロントマンの横山剣の対談が実現した! 20年来の盟友であり、バンドの中心人物でもある2人に、その出会いから現在までの歩みやCKBにおける楽曲制作の秘密など、ドラマーとヴォーカルそれぞれ視点からバンドについて語っていただいた。

■Interview
◎ウィル・ハント[エヴァネッセンス]
◎阿部耕作[The Collectors、TAIJI at THE BONNET、チリヌルヲワカ、qps、etc.]

■短期集中連載【付録CD対応】
Roland V-Drumsの進化
Part.2 最前線で活躍するプロ・ドラマーが語るTD-30KV-Sの実力 feat.村石雅行
五十嵐公太[DRUMMING HIGH(五十嵐公太、酒井麿、オカピ)]/真矢[LUNA SEA、YELLOW FRIED CHICKENz]/Shinya[DIR EN GREY]/そうる透/長谷川浩二[Battle Cry、筋肉少女帯、T.M.Revolution]/平井直樹[Jackson Vibe]/宮川剛[GANGA ZUMBA、GANMI-H゜]/屋敷豪太
1997年にデビューして以来、そのクオリティの高さで全世界から評価されてきたローランドのエレクトロニック・ドラム“V-Drums”。サウンドや演奏性の進化を続けてきたV-Drumsが、今年フル・モデル・チェンジを果たし、さらなるクオリティの向上を遂げて登場した。本連載では、そのV-Drums新モデルの魅力を、3ヵ月に渡って多角的に紹介していく。第2回目は、新フラッグシップ・モデルのTD-30KV-Sをプロ・ドラマー9名が試奏。打感や音色、新機能について感じたことを語っていただいた。彼らの生の声を通して、本モデルの実力と魅力を探っていく。また、付録CDには、村石雅行によるTD-30KV-Sを使ったスペシャル・パフォーマンス音源などを収録!

■無人島スネア
【第32回】ARIMATSU[特撮、VAMPS、OBLIVION DUST、他]

■楽しく演奏するための本格教則講座
どらまがセミナーず
◎悩める入門ドラマーのためのドラム・ビギナーズ通信
◎ひたすらつづける!スティック・コントロール
◎“菅沼”孝三&道昭が伝授!変態ハイテク・ドラム講座
◎Kosekingに学ぶ楽器の深~いところ ちょー楽器王

■三浦晃嗣が教える楽曲コピー体験記
今月の1曲、勉強になりました!
「Honky Tonk Women」ハンブル・パイ
ドラム:ジェリー・シャーリー

■Musicians Institute Japan
“OPEN HOUSE”でドラムを学ぶ

■ドラムが叩ける!お宅訪問
アコースティックエンジニアリングが手がけた防音ルームを拝見!

■“ドラムな”最新情報を発信するBeat Square
高橋まこと&中村達也[布袋寅泰]/ナラダ・マイケル・ウォルデン/屋敷豪太/河村“カースケ”智康/新刊『Vintage Drum ReView』

■NEW PRODUCTS
[ZILDJIAN]K Constantinople Series 22”Renaissance Ride/20”Bounce Ride/19”Crash Ride/15”&16”&17”&18”Crash/14”Hi-Hat
[ZILDJIAN]A Custom Series 21”20th Anniversary Ride
[ZILDJIAN]K Custom Series 21”&22”Dark Complex Ride/19”Hybrid Trash Smash
[ZILDJIAN]A Zildjian Series 13”Pocket Hi-Hat
[PEARL]村上“PONTA”秀一Snare Drum Limited Edition MPS1445S
[TAMA]Silverstar Limited Model VL48-LMY Drum Set
[TAMA]2012 IMPERIALSTAR IM52H6HC-MNB Drum Set
[ISTANBUL AGOP]ART20 Series 22”&20”Ride/18”&16”Crash/14”Hi-Hats

■アーティスト・コラム
沼澤 尚『NOW and THEN』
ピエール中野『ドラマーはどこまでわかっていないのか?』
芳垣安洋『ドラム・ノーベル賞!』
岡部洋一『めしのたいこすき、すごいたのしめ』
ビリー・マーチン『ルーツ探求』

■情報ページ
Drummer's Disc Guide
Drummer's Paddle