MAGAZINES

ピアノスタイル2011年8月号

定価1,100円(本体1,000円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 136ページ / CD付き
発売日2011.07.20
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

内容

もっと楽しく「弾きたい」人のためのピアノ楽譜誌~ジブリ映画『コクリコ坂から』主題歌、「マル・マル・モリ・モリ!」ほか全14曲を収録

■表紙アーティスト:少女時代

■楽譜
セレクテッド・ピアノソロ【付録CD連動】
◎MR.TAXI/少女時代(森永乳業「リプトン500」CMソング)
◎GENIE/少女時代
◎おひさま メインテーマ 明日へ/渡辺俊幸(NHK連続テレビ小説『おひさま』オープニングテーマ)
◎さよならの夏~コクリコ坂から~(inst)/武部聡志(ジブリ映画『コクリコ坂から』主題歌)【コピー譜】
◎となりのトトロ/井上あずみ【ジャズアレンジ】
◎ポリリズム/Perfume(ディズニー/ピクサー映画『カーズ2』挿入歌)
◎アンダー・ザ・シー/ディズニー映画『リトル・マーメイド』より
◎シャル・ウィ・ダンス?/大貫妙子(サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」CMソング)
◎ゲバゲバ90分!テーマ/宮川泰(キリン「のどごし〈生〉」CMソング)
◎少年時代/井上陽水
◎渚のシンドバッド/ピンク・レディー
◎モルダウ/スメタナ
◎ラプソディ・イン・ブルー/ガーシュウィン

■特別収録スコア
マル・マル・モリ・モリ!(ドラマ『マルモのおきて』主題歌)

■特集1
ディズニーソングを聴きに行こう!
世代を超えて愛され続けるディズニーソングたち。お部屋でリラックスしながら聴くのももちろん素敵ですが、たまには名曲を聴きに外へ出かけてみませんか? 今回は、注目のディズニーのエンターテインメントをまとめて紹介します。いつも素晴らしい音楽とともにあるディズニーの世界。あなたはどこでその魅力的な世界に浸りますか?

■特集2
スタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』
ストーリーを彩る音楽制作の裏側を公開
スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』が、ついに公開されました。今から約30年前に、漫画『なかよし』に連載されていた原作を読んだ宮崎駿さんが、これまでずっと温め続けてきたというこの新作は、宮崎駿さんが企画と脚本を担当、『ゲド戦記』以来5年ぶりに宮崎吾朗さんが監督を務めます。映画の舞台となるのは、日本が高度成長期を迎えた1963年の横浜。その世界を彩るのは、エネルギッシュなサウンドの数々です。劇伴を担当するのは、音楽プロデューサーの武部聡志さん。今号では、武部さんご本人のインタビューや、サントラのレコーディング現場の潜入取材から、映画の世界観に迫ります。

■インタビュー
辻井伸行/横山幸雄/TSUKEMEN

■連載・コラム
◎about Classic~フランシス・プーランク
許光俊(慶應義塾大学教授・クラシック評論家)

◎世紀のピアニスト~ミエチスラフ・ホルショフスキ
加藤浩子(音楽評論家)

◎シミズスタイル
清水ミチコ(タレント)

◎音楽が生まれた風景を追って
ヨハン・シュトラウス・世「美しく青きドナウ」とウィーン
堀内昭彦・みさ(フォトグラファー&エッセイスト)