MAGAZINES

ピアノスタイル2010年10月号

定価1,100円(本体1,000円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 164ページ / CD付き
発売日2010.09.18
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

内容

もっと楽しく「弾きたい」人のためのピアノ楽譜誌  福山雅治「蛍」、EXILE「もっと強く」、アンジェラ・アキ最新曲ほか全14曲を収録

■表紙アーティスト:アンジェラ・アキ

■楽譜
セレクテッド・ピアノソロ【付録CD連動】
◎Every Woman's Song/アンジェラ・アキ
◎もっと強く/EXILE(映画『THE LAST MESSAGE 海猿』主題歌)
◎蛍/福山雅治(ドラマ『美丘-君がいた日々-』主題歌)
◎ドント・ルック・バック・イン・アンガー/オアシス(映画『BECK』エンディングテーマ)
◎デスペラード/イーグルス(映画『十三人の刺客』コンセプトソング)
◎夢やぶれて/スーザン・ボイル
◎すべての山に登れ/『サウンド・オブ・ミュージック』より
◎美女と野獣/ディズニー映画『美女と野獣』より
◎ マイ・フーリッシュ・ハート/ビル・エヴァンス
◎組曲「展覧会の絵」より「プロムナード」/ムソルグスキー〈やさしいジャズ〉
◎ショパンコンクール・メドレー/ショパン
◎『アルルの女』第2組曲より「ファランドール」/ビゼー
◎秋桜/山口百恵
◎秋の叙情歌メドレー〈かんたん連弾〉

■特集1
ようこそ、音楽コンクールの舞台へ
今年は5年に一度のショパン国際ピアノ・コンクールの開催年。そこで、10月に行なわれる本選の前に、世界各地で行なわれているコンクールについて少し予習をしてみませんか? 国際コンクールは音楽界のオリンピック。その熱き闘いにまつわるエピソードはさまざまです。ショパン・コンクールで入賞経験を持つ山本貴志さんや、30年近くにわたりコンクールの審査に携わっている中村紘子さんからも貴重なお話を聞いてきましたので、本特集を読んで、少しでもコンクールを身近に感じてみましょう!

■ 特集2
没後30年企画
ビル・エヴァンスの音楽と人生
ジャズの歴史に燦然と輝く名盤を残したピアニスト、ビル・エヴァンス。今年は彼の没後30年のメモリアルイヤーです。繊細でどこまでも美しいピアノの響きを生み出した彼は、どんな人生を送ったのでしょう? また、革新的と言われた演奏スタイルは、どのように生まれ、そもそもどんなところが新しかったのでしょうか? ジャズが似合う秋に皆さんに贈る、少し切ないビル・エヴァンス特集です。

■インタビュー
アンジェラ・アキ(表紙アーティスト)/辻井伸行/清塚信也/杉本雄治(WEAVER)

■連載・コラム
◎about Classic~グリーグ
許光俊(慶應義塾大学教授・クラシック評論家)

◎世紀のピアニスト~クラウディオ・アラウ
加藤浩子(音楽評論家)

◎シミズスタイル
清水ミチコ(タレント)

◎音楽が生まれた風景を追って
ヴィヴァルディ「四季」とヴェネツィア
堀内昭彦・みさ(フォトグラファー&エッセイスト)