MAGAZINES

ベース・マガジン 2009年10月号

定価943円(本体857円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 164ページ
発売日2009.09.19

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

The Axes of Jaco Pastorius  使用機材から探るジャコ・パストリアスの肖像

■SPECIAL PROGRAM
The Axes of Jaco Pastorius
使用機材から探るジャコ・パストリアスの肖像
全ベーシスト必読! 本誌初となる“機材的側面”からのジャコ特集! 今なお多くのプレイヤーの指標となっている“ジャコ・サウンド”に大きく貢献したのがフェンダー・ジャズ・ベースであることは周知の事実だ。特に自身による改造が施され、トレードマークとして活躍した1962年製のメイン器“Bass of Doom”は、そのプレイとともに多くのファンの目に焼き付いていることだろう。しかし、ジャコはそれ以外にも数本のベースを所有していた。なかでも注目したいのは、キャリア初期に使用していた黒いジャズ・ベースだ。これは“Bass of Doom”とも深く関わるもので、このたびリリースされた未発表音源『トミー・ストランド&ジ・アッパー・ハンド・フィーチュアリング・ジャコ・パストリアス』で、その音をじっくり聴くことができる。本誌は、その“黒いジャズ・ベース”を取材する機会を得た。同器を中心に、ジャコ・サウンドを支えた楽器群を分析し、機材や音色の面でも革新性を発揮したジャコの肖像を徹底的に探ってみたい。

≪CONTENTS≫
◎序章~ジャコ・サウンドの基礎となった伝説の機材たち
◎第一章~伝説の原点となった“黒い”ジャズ・ベース
◎第二章~ジャコの信頼を受けた“Bass of Doom”とそのほかの愛器たち
◎第三章~ジャコ・サウンド研究
◎第四章~現行ジャコ・モデル試奏

≪SPECIAL TOPICS≫
◎革命前夜の音源に刻まれた“黒い”ジャズ・ベースのサウンド
◎エンジニア=ボブ・ボビング インタビュー
◎ギター・テク=ケヴィン・カウフマン インタビュー

■FEATURED BASSISTS
櫻井哲夫
祝・音楽家生活30年!
ひたすら純粋に音楽と向き合い、ベーシストのあるべき姿を追求してきた櫻井哲夫。かつてはカシオペアでテクニカルなスラップを響かせ、 JIMSAKUではドラム&ベースというフットワークの軽い編成を生かして新たな低音を模索した。さらにブラジルのミュージシャンと手を組んだり、日野 ''JINO''賢二とTETSUJINOを結成したりと、現在に至るまで第一線で“極上の低音”を鳴らし続けている。……そう、ベースの可能性を追い続けて30年、それが櫻井の人生なのである。そんな彼の集大成とも言える新作『マイ・ディア・ミュージックライフ』は、音楽への類い希な愛情、そしてベーシストとしての理想を具現化しした傑作だ。日本が誇るベース・プレイヤー=櫻井が、自らの記念碑となる1枚に詰め込んだ思いをたっぷり語ってもらうとともに、櫻井の歩みを振り返ってみたい。今こそ櫻井哲夫に注目せよ!

■THE BASS INSTRUMENTS
サゴ・ニュー・マテリアル・ギターズ
魅惑のコンセプト・モデル大研究
創立から数年という短い歩みながら、豊富なマテリアルと斬新なアイディアを武器に、個性的な楽器を生み出してきた、サゴ・ニュー・マテリアル・ギターズ。同ブランドと言えば、高い技術力でユーザーの理想を具現化するカスタム・オーダー・システムに定評があるが、それよりもお手軽に自分らしいベースを作れる “コンセプト・モデル”というシリーズがある。これは、5種類のボディ・シェイプのなかから好みのものを選び、それ以外のスペックを膨大な選択肢からチョイスできるという、かなり自由度の高い“セミ・オーダー”的なシリーズだ。新進気鋭のブランドが提案する新機軸=“コンセプト・モデル”の魅力を多角的に研究してみよう!

■奏法特集
マイケル・ジャクソンのベース・ライン
“キング・オブ・ポップ”を彩った名演集
去る6月25日に急逝した希代のポップ・スター、マイケル・ジャクソン。さまざまな音楽誌が追悼特集を掲載するなか、本誌は彼の名曲を彩ったベース・ラインにフォーカスした“追悼・奏法特集”をお届けしたい。時とともに変化した彼の音楽と同様に、それを支えた低音パートにも多様なスタイルが存在した。そこで、この企画ではマイケルの歩んだ軌跡を3つの時代に分け、それぞれを彩ったベース・ラインを紹介していく。R&Bの名門レーベルであるモータウンに発掘されて水生のごときデビューを飾ったジャクソン5期、少年から青年へと成長し、ミュージシャンとしての幅を広げていったジャクソンズ期、そして音楽誌に名を刻む名盤たちを生み出したソロ期。そのそれぞれで重要なベーシストたちが関わり、素晴らしい演奏を残しているのだ。これを機に“キング・オブ・ポップ”と称された彼の音楽に潜む魅惑のフレーズ群を弾いてみてほしい。

■アーニーボール/ミュージックマン25周年記念モデル

■サマーソニック09レポート

■Interview
ポリシックス×GO!GO!7188×チャットモンチー
Base Ball Bear
tokyo pinsalocks
WAR
クリスチャン・マクブライド
デヴィッド・パストリアス
ボーイズ・ライク・ガールズ
椿屋四重奏

■初心者のための新コーナー!
ベーマガ低音塾
◎名手の格言
◎低音を鍛える弾き方&フォームの館
◎どんどんわかるコードのイロハ
◎ゼロから始めるリズム&グルーヴ養成講座
◎図解! ベース機材の大辞典
◎KenKenが教えるベース弾きのココロエ

■BM SELECTED SCORES
「コロラド・ブルドッグ」MR.BIG(b:ビリー・シーン)
「human」サカナクション(b:草刈愛美)

■BASSMAN'S LIBRARY
CD/DVD/ビデオ・レビュー、etc.

■HOT NEWS

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー/かわいしのぶ/のあのわ/YUKKE/高水健司/今沢カゲロウ/日々是低音、etc.

■NEW PRODUCTS
ベース関連の新製品紹介

■MY DEAR BASS
12012

■THE AXES
トライセラトップス

■BBC……ベーシスト必見のインフォメーション・コーナー