MAGAZINES

ピアノスタイル2010年4月号

定価1,100円(本体1,000円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 156ページ / CD付き
発売日2010.03.20
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

内容

もっと楽しく「弾きたい」人のためのピアノ楽譜誌  NHK大河ドラマ『龍馬伝』オープニングテーマ「龍馬伝」、  嵐「Troublemaker」ほか全14曲掲載

■表紙アーティスト:辻井伸行

■楽譜
セレクテッド・ピアノソロ【付録CD連動】
◎残像/flumpool(ドラマ『ブラッディ・マンデイ-シーズン2-」主題歌)
◎Troublemaker/嵐(ドラマ『特上カバチ!!』主題歌)
◎S.H.E./JUJU(花王「アジエンス」CMソング)
◎龍馬伝/佐藤直紀(NHK大河ドラマ『龍馬伝』オープニングテーマ)
◎深愛/水樹奈々(アニメ『WHITE ALBUM』主題歌)
◎Butterfly/木村カエラ(リクルート「ゼクシィ」CMソング)
◎時をかける少女/いきものがかり、松任谷由実、原田知世(映画『時をかける少女』挿入歌)
◎アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ/バックストリート・ボーイズ
◎アップタウン・ガール/ビリー・ジョエル(キリンビール CMソング)
◎夜來香(イエライシャン)/李香蘭、テレサ・テン
◎テリーのテーマ(映画『ライムライト』より)/チャップリン(織田信成2009-2010FS使用曲)
◎Again(ボロディン「ダッタン人の踊り」カバー)/ネッロ・アンジェルッチ、ドナ・バーク(JR東海「うまし うるわし 奈良」CMソング)
◎ラヴァーズ・コンチェルト(バッハ「メヌエット ト長調 BWV Anh.114」カバー)/サラ・ヴォーン(キリンビール「コクの時間」CMソング)〈やさしいジャズ〉
◎華麗なる大円舞曲/ショパン〈かんたん連弾〉

■特集1
あの名曲が華麗に変身!
ポップスで聴くクラシック
世の中には、クラシックに新たなアレンジが施されたことでポップスに生まれ変わった曲がたくさんあります。美しく、しかも幅広く知られた名曲を、現代のミュージシャンたちが放っておくわけがないということなのでしょう。今号では、そんな馴染み深いメロディをもとにした珠玉のポップスを紹介します。あの名曲がどんなふうに変身しているのか、聴き比べればきっと新たな発見があって、音楽的な好奇心がムクムクわいてくること間違いナシです!

■特集2
弾き語りに挑戦!
初心者も楽しめるコード弾きセミナー
ピアノやギターの弾き語りでは、メインの旋律は自分の声で歌い、楽器は歌の背景となる響き、つまりコードを奏でることになります。また、ポピュラー音楽では、歌の旋律が書かれた一段譜にコードネームがついたメロディ譜だけを見て、歌の伴奏を演奏したり、いろんな楽器同士がセッションすることも多いです。そういった場面で役に立つのが“コード弾き”。しかし、“理論を学んだことがないからコード弾きなんてできない”と思っている人も多いのではないでしょうか。そこでピアノスタイルでは、とても簡単にコード弾きを始められる本特集を用意しました。弾き語りにも挑戦できるようになっていますので、恥ずかしがらずに楽しく歌いながら、コード弾きを体験してみてください!

■ インタビュー
辻井伸行(表紙アーティスト)/flumpool/すぎやまこういち/小林愛実/WEAVER/マユミーヌ/TSUKEMEN

■連載・コラム
◎about Classic~モンテヴェルディ
許光俊(慶應義塾大学教授・クラシック評論家)

◎世紀のピアニスト~アルド・チッコリーニ
加藤浩子(音楽評論家)

◎シミズスタイル
清水ミチコ(タレント)

◎音楽が生まれた風景を追って
ショパン「ピアノ協奏曲第1番」とワルシャワ(ポーランド)
堀内昭彦・みさ(フォトグラファー&エッセイスト)