MAGAZINES

ピアノスタイル2007年2月号

定価1,100円(本体1,000円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 160ページ / CD付き
発売日2007.01.20
用途・商品・シリーズ別

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

内容

久石譲、ミスチル、小田和正など15曲収録。特集は「ラフマニノフ」とアニメ版「のだめ」!

弾きたかったあの曲を、すてきなアレンジの楽譜と付録CDの生演奏で楽しもう!

■楽譜(セレクテッド・ピアノソロ)【付録CD連動】
◎「しるし」/Mr.Children(日本テレビ系 水曜ドラマ『14才の母』主題歌)
◎「桜」/コブクロ
◎「Venuses」/久石譲(カネボウ「いち髪」CMソング)
◎「3月9日」/レミオロメン
◎「スカボロー・フェア」/サイモン&ガーファンクル
◎「Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)」/サザンオールスターズ
◎「ムーンライト・セレナーデ」/グレン・ミラー
◎「言葉にできない」/小田和正(映画『手紙』挿入歌)
◎「モンタギュー家とキャピュレット家」(交響組曲「ロメオとジュリエット」より)/プロコフィエフ(ソフトバンクモバイル「AQUOSケータイ」CM曲/フジテレビ系ドラマ『のだめカンタービレ』使用曲)
◎「ボレロ」/ラヴェル(サントリー「キレ味[生]」CM曲/スズキ「エスクード」CM曲)
◎「シェナンドー」(アサヒ「贅沢日和」CM曲)
◎「ロッキーのテーマ」<連弾>(グリコ「GABA」CM曲)

■特集1
もっと知りたい!ラフマニノフ

『のだめカンタービレ』の大ブレイクも手伝って注目度が大いにアップしているロシアの作曲家/ピアニスト、ラフマニノフ。重厚、かつロマンチックな その作風で絶大な人気を誇っていますが、ショパンやベートーヴェンほどポピュラーではなく、クラシック通以外にはちょっと敷居が高い作曲家という印象が強 かったのではないでしょうか。今回は、そんなラフマニノフの魅力を、作曲家、そしてピアニストとしての側面からわかりやすく紹介していきます。左手で12 度を押さえられたという大きな手、交響曲第1番の失敗とそこからの復活、亡命者としての生活、ロールピアノに残した演奏など、興味深い逸話も多数です。

◎ラフマニノフ~その音楽と生涯
◎ピアノの名手としてのラフマニノフ
◎ラフマニノフに魅了される理由(小山実稚恵、アレクサンダー・コブリン、茂木大輔)
◎楽曲解説「濃厚なるロシアン・ロマンティシズム」
◎CDの紹介

■特集2
ぜんぶ見せます! アニメ『のだめカンタービレ』

大評判のドラマに続き、1月からは、フジテレビ系列でアニメ版の放送がついにスタート。その制作現場を直撃レポートします。スタッフのインタビューやコメント、制作裏話など興味深い話題がたくさん。

■連載・コラム
◎音楽の生まれる場所
千住真理子(ヴァイオリニスト)

◎音楽が生まれた風景を追って
堀内みさ(文)、堀内昭彦(写真)

◎ピアノのあしあと
ヤマハ"幸せの黄色いピアノ"

◎about Classic
許光俊(慶應義塾大学教授・クラシック評論家)

◎シアワセはお皿の上に
なかにしあいこ(素朴派フランス料理家)

◎ハンドメイド~大切なドレスの保管とお手入れ
ナオベルコレクション

◎ウィーンの風にのって
吉澤京子(ピアニスト)

◎おすすめ海外音楽トラベル情報<新連載>
モスクワ(ロシア)

◎世紀のピアニスト~中村紘子
加藤浩子(音楽評論家)

■インタビュー
蔵島由貴(ピアニスト)
ラファウ・ブレハッチ(ピアニスト)
上原ひろみ(ピアニスト)
吉俣良/チェーザレ・ピッコ/ロクセンチ/アダム・バーンバウム

■連載セミナー レッスンルームにいらっしゃい!【WEB連動】
◎やさしいピアノテクニック
第10回:効果を上げる毎日のテクニック練習 その2

◎あなたもプレピアニスト【CD連動】
第10回:雪がモチーフの美しい曲
課題曲 「雪」、「雪の華」中島美嘉

◎ピアノ指導のエッセンス
第4回:褒めること、叱ること

◎なんちゃってジャズ講座
第10回:左手でノリを出そう!
課題曲「イン・ザ・ムード」

◎角聖子のエンジョイ!ピアノ
第9回:もっと自由に書き込んでみよう!