MAGAZINES

ベース・マガジン 2006年9月号

定価943円(本体857円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 156ページ
発売日2006.08.19

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

■ザ☆対談Special
フリー×チャーリー・ヘイデン~名手ふたりが語り合うジャズの世界

史上初となる意外な対談が実現した! レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーと、ジャズ界の巨匠=チャーリー・ヘイデンである。ふたりはこれま で顔を合わせたことはなかったが、このたび対面を果たし、ジャズについて語り合うこととなった。とは言え、フリーとジャズに一体どんな関連があるんだろ う......と疑問に思う人も多いはず。しかしながら、実はフリーは筋金入りのジャズ・フリークで、音楽体験の原点もジャズから始まっているのだ。この特集で は、ふたりの対話を中心に、フリーのなかに潜むジャズ的要素を掘り下げ、さらにチャーリー・ヘイデンという偉大なベーシストの魅力にも迫る。ジャズ初心者 のキミはフリーとともにその素晴らしい世界に足を踏み入れ、またジャズ・ファンにはヘイデンも認めるロック界のトップ・プレイヤーが抱く思いを感じ取って いただきたい!

■THE BASS INSTRUMENTS
発見! 改善! メインテナンスの落とし穴

"正しく弦を巻いていないと音がビビる"とか"ピックアップの高さが適性じゃないと、チューニングしてもピッチが合わない"とかって、みんなはちゃ んと知っているかな? この企画では、そういう見落としがちなメインテナンスのポイントをピックアップし、正しい調整法を紹介していく! ちょっとしたこ とだけど、うっかり見落としていた......そんな部分もきっと多いはず。この機会に、メインテナンスの落とし穴を一緒に発見し、より快適なベース・プレイを手 に入れよう!

■奏法特集
夏のロック・フェス総復習! 注目バンドのリフ30選

今年も全国各地で開催されたロック・フェスティバル。読者のなかにも会場に足を運んだ人は多いんじゃないかな? そこで、夏の総復習として、それら のフェスにスポットを当てた特集をお届けしたい。海外/日本の大物バンドから新進気鋭のバンドまで、ベース・マガジンが注目する30のバンドをセレクト、 ベースがオイシイ代表曲のフレーズを一挙に掲載するので、ぜひ弾いてみてほしい! フェスに行ったキミも、そうでないキミも、この企画で夏フェスのおさら いをしてみよう!

■FEATURED BASSISTS
Tanco/HOME GROWN

もはや一大シーンを築いたジャパニーズ・レゲエ。特に近年は、大規模なレゲエ・フェスも各地で開催され、それらは既存のロック・フェスに匹敵するほ どの盛況を博している。そして、そういったフェスに出演するシンガーやDJのライヴ・サポートを一手に引き受けるバンドがHOME GROWNだ。とりわけ、リーダー兼ベーシストのTancoは、レゲエ界のみならず、知る人ぞ知る名プレイヤーとして知られている。最新アルバム 『RESPECT TO THE RIDDIM』をリリースしたばかりの最新インタビューを始め、本人によるレゲエ名盤&名フレーズ紹介など、盛りだくさんの内容でレゲエ・ベースの魅力に 迫る!

■Interview
PE'Z
BAZRA
ヨ・ラ・テンゴ
櫻井哲夫

■好評連載中! BM ステップアップ・セミナー
◎誰でもわかる! 低音理論のオハナシ"新連載!!"
◎知っておきたいベースのヒ・ミ・ツ"新連載!!"
◎JAZZベースの処方せん
◎日々是練習:IKUO
◎ナルチョッパー道場

■BM SELECTED SCORES
「セプテンバー」アース・ウインド&ファイアー
「Magic Music」木村カエラ

■BASSMAN'S LIBRARY
CD/DVD/ビデオ・レビュー、etc.

■HOT NEWS

■四谷低音倶楽部
~POSSIBILITY、かわいしのぶ、オレスカバンド、風味堂、高水健司、トニー・レヴィン、etc.

■NEW PRODUCTS
ベース関連の新製品紹介

■Close Up GEAR
ロックトロンRAMPAGE BASS AMP

■今月の注目ブランド
フェンダー・アンプ・シリーズ

■低音偉人伝
ジョン・ノーウッド・フィッシャー~世界最高のぶっ飛びバンドを支えた男

■セッションマンたちの流儀
コモブチキイチロウ

■THE AXES
ランクヘッド

■BBC......ベーシスト必見!のインフォメーション・コーナー